一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

2007年3月5日に行われたfunction code();のワンマンライブのレポとも呼べない感想みたいなものを。

SPEED-iDの優朗プロデュース!という所からfc();を知り3年近くが経ちましたが、ワンマンを見るのはこれが2回目。
チケットを取ったのが遅かったのもあり今回は後ろでまったり見よう、等と考えていたのですが、思ったより前に行く事が出来、気付いたら上手2、3列目位の所に居ました。続きを読む

080307_1704DISC UNIONで買い物をした時に、店頭で無料配布していたSEX-Virgin killer-というバンドのDVD-Rを頂いてきたのですが…。
すげー。
ジャケットがすげー。
この1990年前後!といった感じの初期インディーズヴィジュアル系な出で立ち!
その見た目に違わない疾走メタルした演奏!
見た目的にはどちらかというとFree Willっぽいイメージかな?
(こんな事書いておきながらその頃をリアルタイムで聴いてた訳ではないんですが;)
ここまで徹底してるとカッコいいわー。
凄いわー。

ディスクユニオン以外でも配布は行っているのかな?
興味のある方は聴いてみて下さいな。
ただそのDVD、家のショボPCではブツ切れ再生でした;
youtubeに公式から投稿した同曲のダイジェスト動画があったので貼っておきます。


『TO THE LAST DROP OF MY BLOOD』


SEX-Virgin killer-オフィシャルサイト

行こう行こうと思ってる内にそろそろ終わっちゃうよ!という事で先日行ってきました、横浜美術館
自分はゴシックに関する知識は殆どありません。
ゴスの定義は沢山在るとは思うのですが、所謂「非日常」の世界全般を指しているのかな、と解釈しています。
で、今回のゴス展ですが…そういう「非日常」を表現しようとしている作家を集めたのかなぁ…と思いました。
円筒形のスクリーンで沢山の手が蠢く、束芋の「ギニョる」やDr.Lakraの昆虫の体で人の顔を作った物等、興味を惹かれました。
昆虫フェイス、昔読んだ絵本に似た様な絵があった気が…何だろう。

後、作品の意味は良く分からなかったのですが(Ingrid・Mwangi・Robert・Hutter作)、部屋の真ん中に壁を設置しその両面映像を映し出している展示、壁の周りに敷き詰めてあるもの――そこにも映像が映し出されているのですが――には驚かされました。
最初映像の背景が方眼紙みたいになっているのかな?と思っていたら角砂糖が敷き詰めてあり…。
そしてそれを床面のスクリーンとして使っているとは。
もう凄いわ、強烈でした。
この部屋でライブイベントとかやれば良いと思います、無理だけど。

他にも色々ありましたが総じて楽しめました。
一緒にやっていたコレクション展も良かったですよ。
今月の26日までだそうなので興味のある方は是非。


***


※ちょっと気になったこと

吉永マサユキ撮影の、主にゴスロリさんの写真が並んでいる部屋にて。
流し見していたら何処かで見た人が写っているように思えその写真をよく見直してみたのですが、AUTO-MODのGENETさんのブログにて時々お見かけする、DJ千尋さんに見える様な…。
御本人だったのかなぁ。
自分はダークキャッスルも行った事ありませんし千尋さんの事も良く知らないのですが少しだけおぉ!と思ってしまいましたw

http://homepage1.nifty.com/O-TRAP/megashinkan.htm


スレイヤーズの新作アニメが今年放送されるそうで。
つい3日程前にスレイヤーズの新刊とDoorsを買ってきたばかりの自分にはタイムリーすぎるニュースでした。

今からほぼ10年前、友人がスレイヤーズ1巻を貸してくれたのが、今思えば自分のヲタ街道の始まりでした…。
でも結局ラノベは神坂一以外殆ど広がらなかったなー。
ファンタジー云々より読み易さが良かったのかもしれません。
まだ全然情報が少ないですがとりあえず楽しみ。


ドアーズ2巻のリンク貼ろうとしたらまだ登録されておらず…w

Kaya 「Carmilla」
carmilla









ブログの最初にKayaのメジャー行きを取り上げたりしましたが、今回は2007年に出た彼の4枚目のシングルを紹介したいと思います。
彼はオフィシャルの日記で、「このシングルのテーマはゴシックトランス」という事を述べていたと思うのですが…。

続きを読む

このページのトップヘ