一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

BUCK-TICK『形而上 流星』(2014)

DISC1 (CD)
01. 形而上 流星
02. メランコリア -ELECTRIA-
03. VICTIMS OF LOVE with黒色すみれ

全曲作詞:櫻井敦司
全曲作曲:今井寿

DISC2 (Blu-ray / DVD) (初回限定盤A / Bのみ)
LIVE at 郡山市民文化センター 大ホール(2013.12.23)「THE DAY IN QUESTION」
01. STEPPERS -PARADE-
02. 羽虫のように
03. RHAPSODY
04. KISS ME GOOD-BYE
05. 太陽ニ殺サレタ
06. LOVE PARADE
+東北LIVE DOCUMENT

発売日:2014/05/14
品番:TKCA-74090 (初回限定盤A)、TKCA-74091 (初回限定盤B)、TKCA-74092 (通常盤)

Members
Vocal:SAKURAI ATSUSHI
Guitars、Electronics and Chorus:IMAI HISASHI
Guitars:HOSHINO HIDEHIKO
Bass:HIGUCHI YUTAKA
Drums:YAGAMI TOLL

Synth Manipulate (01):Cube Juice
Manipulate & Synthesizer (02):YOW-ROW [GARI]
Keyboard (03):MORIOKA KEN
Backing Vocal & Accordion (03):ゆか [黒色すみれ]
Violin (03):さち [黒色すみれ]

BONUS DISC Director:HAYASHI WATARU


***

BUCK-TICKのメジャー32枚目のシングル。タイトル曲と「メランコリア」は、翌月にリリースされたアルバム『或いはアナーキー』に収録されていますが、どちらもアルバムとは異なるバージョンとなっています。

まず初回限定盤ディスクの方を取り上げますと、東北3県+武道館のツアー「THE DAY IN QUESTION」から、2013年12月23日・郡山市民文化センターでのライブより6曲を収録。公式サイトのセットリストを確認する限り、本編・アンコールから満遍なくセレクトした構成になっています。
「東北LIVE DOCUMENT」に関しては、曲間に他会場の開場時の風景・ライブ本編ダイジェスト・開演直前のメンバーの様子などが、短時間挿入される形になっており、インタビュー・長時間のオフショット等があるわけではないので、ドキュメントの量に期待する人はちょっと気を付けたほうが良いかもしれません。
個人的には、ギターソロがクリスマスソングメドレーに変わっている「RHAPSODY」、良い意味で観る側を黙らせるパワーを感じた「太陽ニ殺サレタ」等、ボリュームは少ないながら楽しめる特典でした。

続きを読む

『イノシシからシカへ -意匠からみた縄文社会から弥生社会への変化-』@史跡田名向原遺跡旧石器時代学習館(旧石器ハテナ館) 2017/08/26

15052282745333


※「ライブ」カテゴリに入れるには毛色が違いすぎやしないかと自分でも思いますが、講演会だってライブイベントには違いない! から問題はない、筈。多分。恐らく。

神奈川県相模原市の旧石器ハテナ館で行われた、井上洋一の講演に行ってきました。
縄文時代から弥生時代にかけての動物をあしらった遺物について、狩猟対象動物の種類・割合はあまり変わっていないにも関わらず、縄文時代はイノシシを用いたものが多く(例:動物型土製品)、弥生時代はシカを用いたものが多くなる(例:銅鐸に刻まれた絵)事を中心に、両者の造形・表現方法、経済活動の違いなどについて聞くことが出来ました。
井上洋一さんは、現在東京国立博物館の副館長で、講演でも触れていましたが博物館のページによると、弥生時代の銅鐸を中心に研究をしているとのことで、今回の講演でも銅鐸から読み取れる情報についての話が多かった印象です。
私は動物型土製品についてちょっと聞いたことがある程度だったので(キノコ型土製品とか何に使ってたんですかね……)、新鮮な話を聞くことが出来ました。

以下、当日つけていたメモを元にした備忘録+感想。

※現在進行系の研究を、素人が匿名でネットに取り上げることについて、大丈夫かなと思うところもあるので、気になった方は実際の文献や展示などに触れてみることを強くお勧めします(記事の最後に、資料に使われていた文献のリストを載せておきます)。
要するに→中の人は頭悪いのであんまり鵜呑みにしないで欲しry

続きを読む

Sound Horizon『Roman』(2006)

01. 朝と夜の物語
02. 焔
03. 見えざる腕
04. 呪われし宝石
05. 星屑の革紐
06. 緋色の風車
07. 天使の彫像
08. 美しきもの
09. 歓びと哀しみの葡萄酒
10. 黄昏の賢者
11. 11文字の伝言

全曲作詞・作曲・編曲:Revo

発売日:2006/11/22
品番:KICS-91286

Sound Producer、Computer Programming & Keyboards:Revo

Lead Vocals(01):Hiver Laurant
Lead Vocals(02、11)、Chorus:RIKKI
Lead Vocals(03、06)、Chorus:KAORI
Lead Vocals(04、09)、Chorus:REMI
Lead Vocals(05):Azumi Inoue
Lead Vocals(05、08)、Chorus:YUUKI
Lead Vocals(07、10)、Voices(01、06、09、10)、Chorus:Jimang
Voices(01、03、05):Akio Otsuka
Voices(04、07、11):Rica Fukami (Vi-vo)
Voices(01、11):Ike Nelson
Voices(01、03、05、07、09、11):Mamiko Noto
Voices(03、08):Nobuo Tobita
Voices(02〜04、10):Norio Wakamoto
Voices(04、06、07):yukana
Voices(08):Yuuko Minaguchi
Voices(01、04):Hikaru Midorikawa
Voices(01、02、04、06、08、10):Yukari Tamura
Voices(03、10):Sublime
Voices(03、04):Soichiro Hoshi
Voices(10、11):Noriko Hidaka
Guitars:Shingo Jake Saito
Keyboards、A Piano(04、09):Kyoko Osako
Bass:Atsushi Hasegawa
Drums:Kenichi Fujimoto
Percussions:Naomi Ishikawa
Harp(04、07):Tomonori Asakawa
A Piano(01、11):Kenichiro Senzawa
Flute(03、07):Ryo Sakagami
Harmonica(08):Horofumi Mizuno
Oboe(07):Hiroshi Shibayama
Clarinet(07):Tadashi Hoshino
Fagotto(07):Jun Fujita
Mandrin(09)、Balalaika(09):Hideki Wachi
Sax(05):Watanabe Fire
Solo Violin(02、06):Kana
Strings(03、07、10、11):Kana Strings
 (Vln1st:Kana Ito、Ado Matsumoto、Izumi Hisanaga、Kazuo Watanabe、Makkko Uriuda、Michiko Miura)
 (Vln2nd:Emiko Hagino、Makiko Yamamoto、Makoto Motoi、Miyako Tubuku、Nagisa Kiriyama、Noriyo Odayashi、Yuki Sato、Yuko Okubo)
 (Vla:Kaoru Hagiwara、Miho Kisanuki、Rieko Kouno)
 (Vc:Makoto Osawa、Shinobu Hashimoto、Toshihiko Tsuchida)
Strings(01、04、05、09):Gen Ittestu Strings
 (Vln1st:Gen Ittetsu、Maki Nagata、Yuko Kazitani、Jun Takeuchi、Daisuke Kadowaki)
 (Vln2dn:Takuya Mori、Yoshiko Kaneko、Yayoi Fujita、Takao Ochiai)
 (Vla:Yuuko Kajitani、Syouko Miki)
 (Vc:Kaori Morita、Tomoki Iwanaga)
Sound Effect:Hirokazu Ebisu(Walla-Works,Inc.)


***

5th story CDと銘打たれた、Revo率いるSound Horizonのメジャー3rdアルバム。初回限定盤には、紙製ボックスケースとメッセージ入りのハンカチが付いていました(CDの収録内容は同一)。
同年に先行してリリースされたシングル『少年は剣を…』でもみられた、演奏・歌唱・ナレーションに多くのサポート陣が参加する体制が確立した作品であり、本作を機に物語音楽としての情報量もグッと上がった印象があります。これより前は、ボーカルパート中に台詞が入ることはあまりなかったのですが、このアルバム以降、ストーリー進行に合わせて遠慮無く入っていくようになったことも、原因の1つに挙げられるかもしれません(このアルバム自体は、所謂ポップスの構成を守っている曲が多く、物語の進行に合わせて展開がコロコロ変わる曲が増えるのは、これより後の印象ですが)。

以下、各曲の感想と一緒に、他の作品を含めたストーリーの方にも多少触れています。ただ、本作のストーリー面に関しては、現時点でも咀嚼しきれておらず、執筆時点(2017/08)で各種書籍版も未読のため、変な事言っていたらご勘弁を(寧ろ教えて頂ければ……)。あと盲目長文注意。

続きを読む

Sound Horizon『少年は剣を…』(2006)

01. 終端の王と異世界の騎士〜The Endia & The Knights〜
02. 緋色の風車〜Moulin Rouge〜
03. 神々が愛した楽園〜Belle Isle〜
05. (シークレットトラック)

作詞・作曲・編曲 01〜03:Revo

発売日:2006/10/04
品番:KDSD-00111

Sound Producer、Computer Programming & Keybords:Revo

Lead Vocals(01、02)、Chorus(01、02):KAORI
Lead Vocals(01)、Chorus(01、02):YUUKI
Lead Vocals(03)、Chorus(03):RIKKI
Soprano Vocal(01、02)、Chorus(02、03):REMI
Voices(01):Akio Otsuka
Voices(02):Jimang
Voices(03):Rika Fukami (Vi-vo)
Voices(03):Ike Nelson
Guitars:Shingo Jake Saito
Bass:Atsushi Hasegawa
Drums:Kenichi Fujimoto
Percussions:Naomi Ishikawa
Pan Flute:Takashi Asahi
Violin(02):Hanako Uesato
Violin(03):Kana Ito
Strings(01、03):Kana Strings
Harp:Tomonori Asakawa
A Piano:Kenichiro Shinzawa
Sound Effect:Hirokazu Ebisu (Walla-Works,inc.)


***

2006年にリリースされた、Sound Horizonの1stシングル。本作から、作曲者:Revo以外の参加メンバーが固定されない体制となっており、公式ではここから第二期SHという区切りになっています。
01、03には、それぞれ異なるゲームのタイアップが付いていましたが、当時Revo氏は「求められているものが異なっている複数の楽曲を、1つのシングルという世界観にまとめるのには苦労しました」と述べており()、本作での経験が、タイアップ専業プロジェクト:Linked Horizonの立ち上げへ繋がっていたのかもしれません。
(曲感想と併せて、ネタバレと言う程ではないですが、他作品も含めたストーリー・イラストに少し触れています)

続きを読む

love solfege『蓋然性進化論供(2013)

01. 蓋然性進化論
02. Concordia
03. 聖餐唱曲およびレチタティーヴォ
04. Universe
05. 白雪 〜Evil Snow〜(dans versie)
06. The orbit of the orbis
07. Mrs.Gorge
08. ever song
09. 蓋然性進化論供 off vocal〜
10. Concordia 〜off vocal〜

作詞 01、02:紺野比奈子 / 03:Simona Stanzani Pini / 04:山下慎一狼、Jenya / 05:葉月ゆら /07:ナイスクリーニング吉沢 / 08:真理絵、紺野比奈子
作曲・編曲 01〜04、06〜08:オーギュスト棒 / 05:love solfege
Sub assistant Arr.er:namanie banzaburo

発売日:2013/08/12
品番:KDR-078

Staff

Music:auguste beau
Arrangement:auguste beau
Sub assistant Arr.er:namanie banzaburo
Vocal: ayano eiri, ayu, katakiri rekka, Jenya, hatsuki yura, marie
Chorus(順不同・敬称略):
綿雪、阿木、サクモ、あばさ〜、桃園千夜里、apollonia、ジーザス勲、合川しの、りりかる、
Alias、鈴葉ユミ、真名辺あや、萩原、kayopon、ぱるふぇ、yurine、mino、legendary、かなこ、
natsu、彩目、どくろ、夢硯、はねやま、above_hiroiumi、うさぴ、いゆ、つわぶき すずり、koo、
しらゆき、みっつん、高月早岐、音之上王子、マヒロ、チェシャ@はっしー、西川美帆、
s.yamagishi、オーギュスト棒、ヒイラギトモ、elijah、綾辻ゆき、ばった、しき、佐藤正和、chibi、
朴正民、りんた、R.Johnson.CP、tama、マルキ・ド・マル子、ピザ王子、富士田渚、リン(rin697)、
亨、柚雨、原尚子、千葉ぴよ、美猫、みなみ、こるり、切り絵、荒ぶる神々・馬場、lequinharay、
72、琳、桃燐、青山悠李、yuuko、八月朔日、かえい
Guitar:kato hiroaki
Wave edit:B.F.kennedy, mizuno yuu
Recording engineer:auguste beau
Mix & mastered by:Blueberry & Yogurt(ヨ), saka tomotaka
Art Direction & Drawing:hamano masago
Graphic Design:cyber yui
Special thanks:S.A.T., nishizawa hagumi

(引用:アルバム特設サイト)



※備考
Vocal:綾野えいり(01、03、08)、真理絵(02、08)、Jenya(04、08)、葉月ゆら(05)、鮎(07)、片霧烈火(08)
ピアノ(07):オーギュスト棒


***

クラシカルアートポップスを称するlove solfegeによる、2013年にリリースされたアルバム。前年の『蓋然性進化論』の続編という位置づけになっており、特設サイトにはアルバムのテーマについても解説がありますが、曲を聞く分には、片方だけでは楽しめないという風にはなっていないので心配はない……はず。

続きを読む

このページのトップヘ