一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

Dir en grey『「楓」〜if trans...〜』(1998)

01. Ash
02. 惨劇の夜
03. 業
04. GARDEN

発売日:1998/07/08
品番:SK-002-V

Members
VOCAL:京
GUITAR:Die
GUITAR:薫
BASS:Toshiya
DRUMS:Shinya

Director:KONDOH HIROYUKI


***

1998年にリリースされた、Dir en greyのMV集。
前年に、メッセージCD等の特典が付いた限定盤が発売されていますが、私の手元にあるのはVHSのみの通常盤になります。
これを書いている時点(2017年8月)でDVD化されていないのを知りましたが(本作を含む、インディーズ時代に出された映像作品は未DVD、Blu-ray化)、現在のバンドの規模を考えるとちょっと意外な扱いかもしれません。

続きを読む

『異形の影絵』@池袋手刀 2017/4/13

DSC_0397 - コピー


既に3ヶ月程経ってしまいましたが、glamscure主催イベントの感想を。
昨年、まさかの復活を果たしたMercuroと、その現Mercuroのボーカリストでもあるレアが在籍する地獄絵が共演するということで、怖いもの見たさを含めた期待を持ち会場に入ったところ、開演待ちBGMがDeshabillzの『精神離脱者』。この日、転換中ずっと流れていたのですよ……。

以下、出演順に。

続きを読む

『FVco20周年記念事業その1 「おませandお気楽〜音盤の神秘〜」』@cafe domina 2017/02/19

DSC_0390


Fine Vacation Company主催のイベントに行ってきました。

イベント趣旨としては、レア音源コレクターによるDJ+バンド演奏というプログラムになるのかな? この手のクラブイベント(になるんでしょうか)への参加は初めてで、謙遜自虐一切抜きに右も左も分からない状態。行ったはいいがこの曲からカップル要素を引いた心地になったらどうしようと思いつつ、相性がアレなら名古屋観光の方で腹と心をパンクさせるまで、という感じで臨みましたが――。
(ライブハウスのみピストン移動ではなく、日帰りながら少しだけ観光はできました)

移動時間(と若干の道迷い)の関係で、途中から途中までという鑑賞になってしまいましたが、以下出演順に(※当日のタイムテーブル→Takkidudaオフィシャルサイト)

続きを読む

La'vierge boudoir『断末魔と冬と君と』(2012)

01. Blanc Neige
02. 魍魎の匣
03. 魍魎の匣 (カラオケバージョン)

作詞 01:Lamia / 02:Selene
全曲作曲:Selene
全曲編曲:kαtsuya

発売日:2012/12/31
品番:Lvb-02

Members
Music & Lyrics(02):Selene
Vo & Lyrics(01):Lamia

Gt(01)、Mixing & Mastering:胡桃坂庵(世の漆黒)
Gt(02):れむ(毎日五月病)


***

La'vierge boudoir(ヴィエルジュ ブドワール)が2012年に発表した2曲入りシングル(CD-R)。
元々はガールポップ〜アイドル寄りの楽曲を制作していたさくらソルフェヰジュのメンバーが、V系寄りの楽曲を披露する為の変名プロジェクトとして活動していましたが、後にさくらソルフェヰジュへ吸収合併という形になり、現在はそちらでもV系サイドの曲を制作する体制になったようです。

本作は、ジャケットイラストと歌詞・クレジット等が裏表に印刷されたA4版紙がくるむように折られ、中にCDが封入されている仕様。ぶきっちょな自分が購入時の形に戻そうとするとうっかり破りそうなので、現在CDはジャケ内に戻さず保護カバー内に並べて入れてます。

続きを読む

BAAL『RELIGION 616』(2008)

01. DEAD ROCK ENEMY
02. RELIGION 616
03. JUDGMENT NIGHT
04. THE HARDLINER
05. SURVIVE

全曲作詞:U-TAROU
全曲作曲:MIKITO

発売日:2008/06/16

Members
Guitars、Programmings、recordings、editings and mixed、Art direction:MIKITO
Drums:CHIHIRO
Vocals:U-TAROU


***

2008年にリリースされた、BAALのミニアルバム。
本作が出た時期に彼らを知ったのですが(実際に手に取ったのはもっと後ですが)、myspaceなどでの試聴音源やオムニバス収録曲を聴いた際は、吠えるようなスタイルのボーカリスト:U-TAROUが女性だと気付かないままライブに行きびっくりした覚えがあります。
続きを読む

このページのトップヘ