access「CROSSBRIDGE」(2002)

01."born a cross" [instruments]
02.SHAKE THE SUNRISE
03.Only the love survive -PK mix-
04.JEWELRY ANGEL 2002 -Platonic Eye-
05.MOONSHINE DANCE 2002 -Return to Star-
06.夢を見たいから 2002 -Soul The Future Love-
07.777 trois seven
08.AGAINST THE RULES 2002 -AA trance-
09.grand muse
10.EDGE -PK mix-
11."cross a bridge" [instruments]

作詞
02,04,05,07,09,10:貴水博之
03:井上秋緒
06,08:AXS

全曲作曲:浅倉大介



***


accessの4枚目のオリジナルアルバムにして復活後初のアルバム。
インスト2曲を除く9曲中4曲が活動休止前の楽曲のリメイクになっており、全体的にトランスの要素を多く取り入れたアルバムになっています。

以下各曲について。

01."born a cross" [instruments]
浮遊感のある1分半程度のインスト。

02.SHAKE THE SUNRISE
トランスの要素が強い疾走曲。
オープニングから爽快に飛ばしますね。
7分超と長めな曲ですが、この手の音は聴いていて気持ち良いので長いほうが嬉しいw

03.Only the love survive -PK mix-
復活第1弾シングルタイトル曲のアルバムバージョン。
王道DAサウンドといった感じのサビメロがツボです。

04.JEWELRY ANGEL 2002 -Platonic Eye-
ここからリメイク曲が多くなります。
こちらも王道DAサウンドですが、バックで鳴っているトランス音がクールな印象を出しています。

05.MOONSHINE DANCE 2002 -Return to Star-
これを書いている時点で唯一前のバージョンを聴いている曲ですが、「ACCESS供彈録バージョンに比べリズム音が目立つダンサブルなアレンジになっています。
個人的にはこちらの方が好きかも。

06.夢を見たいから 2002 -Soul The Future Love-
ここまでトランス色の強いアッパーな曲が続いてきましたが、これはフワフワした音と加工ボイスが浮遊感を出しているポップな曲。
歌メロにちょっと懐かしい感じを覚えます。

07.777 trois seven
他の曲に比べギターが前に出ているポップナンバー。
尚、ブックレットの表記では真ん中の7が180度回転しています。

08.AGAINST THE RULES 2002 -AA trance-
もろトランスといったアレンジのサイバーな疾走曲。
ゴボゴボ(?)いうシンセやクサいピアノのフレーズがサビを凌ぐほどにツボ過ぎますw
この曲も8分超えと長め。

09.grand muse
ここに来て、やっとスローなバラードが登場します。
ずっと疾走アッパー曲だったのでラスト前に一服と言う感じでしょうか。

10.EDGE -PK mix-
復活後2枚目のシングルタイトル曲のアルバムバージョン。
結構構成はシンプルなんですが、壮大な感じが好きな曲です。

11."cross a bridge" [instruments]
1曲目に色々音を加えたといった感じのインスト。


***


とにかく疾走曲の多さがたまらないアルバムで、既存曲のリメイクも個人的には大成功している気がします。
実は購入したばかりの時に何回か聞いてそのままになっていたのですが、何故そんな事になったのか分からない位、改めて聴いてツボに入ったアルバムでした。
アッパーなデジタルポップが好きな方にオススメしたいCDです。

CROSSBRIDGECROSSBRIDGE
浅倉大介 access 貴水博之

アンティノスレコード 2002-03-20
売り上げランキング : 56458

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


オフィシャルサイト内ディスコグラフィー(試聴あり)