ブログネタ
CDレビュー に参加中!
VELVET EDEN「人形娼館」(1999)

01.異形姫
02.サーカス病
03.Dance with Skelton
04.人形娼館
05.「…………………………」
06.花売り娘

全曲作詞:DADA
全曲作曲:KALM



***


ボーカル:DADAと後にKayaへの楽曲提供を行うようになるキーボード:KALMによる打ち込みユニット、VELVET EDENの1stミニアルバム。
デジタルサウンドに乗ったダークなメロディーによる濃ゆい曲が並んでいます。歌詞もストーリー性が強め。
このCDでは全曲ボーカルにエフェクトがかかっていますが、それがまた不気味な効果を出しているかもしれません。

以下各曲について。

01.異形姫
オープニングからいきなり暗ーい曲ですが、メロディーやリズムが意外とポップなのでそんなに聴き疲れはしないかも。
こういうサビで歌い上げる曲ではエフェクトは無くても良かったかな? とも他の曲でもちょっと思いますが、このくぐもったボーカルが怖いので効果としてはOKなのでしょう。
この曲で主人公の人形=異形姫がこの後の曲でも登場する、という事で良いのでしょうか。

02.サーカス病
サーカス、というか残酷見世物小屋風味がプンプンのスローテンポの楽曲。
這いずる様なボーカルが怖いw
他の曲もそうなのですが、歌詞カードと実際の歌が少し違っていたり記載されていない部分があったりします。
初聴ではそこまで好きな曲でもなかったのですが、聴きこむ内にその胡散臭さが印象に残っていった曲でもあります。
間奏の物悲しいメロディーがツボに入りました。

03.Dance with Skelton
跳ねるようなリズムのダークポップな曲。
左右で色々な音を出しているシンセが好み
最初に聴いた時、サビの部分が暫く頭の中を回っていたのを覚えています。
この辺りからお人形さんが活躍し始めます。

04.人形娼館
タイトル曲にしてお人形さん完全覚醒の一曲。
もう人間を完璧に手玉に取り始めています。
曲展開もダークでノリノリ且つ怪しさ大爆発でカッコいいと思いますよ。
このアルバムの中では一番好きな曲ですね。

05.「…………………………」
こちらもアップテンポな楽曲。
ギターが入り盛り上がるイントロや、Bメロのスリリングな展開がたまりません。
自分の事を「哀れな関節人形」としながら、ラストで「でもまだお人形のふりをするわ」と言っている辺りがまた怖い…w

06.花売り娘
ラストはちょっと明るめのダンサブルなナンバー。
サビでリズム音がスパンスパンと前に出ているので、個人的にはその部分はもっと音数が多くても良いかな?とも思いますがこの曲も結構好きです。間奏のピアノもカッコいい。
アルバム全体で見ると、結局異形姫が人間(マダム)になって花売り娘に出会った、という事で良いのでしょうかね?


***


この手のダークなデジタルサウンドは好きなので、個人的にかなりハマった人達でした。
正にデジタルゴシックなヴィジュアル系、といった感じなので人を選びそうなユニットですが、この手の世界観や物語性の強い歌詞が好きな人にはお勧めしたいCDです。

人形娼館人形娼館
ヴェルヴェット・エデン

インディペンデントレーベル 1999-12-10
売り上げランキング : 181159

Amazonで詳しく見る
by G-Tools