ブログネタ
CDレビュー に参加中!
Gackt「鶺鴒 〜seki-ray〜」(2000)

01.鶺鴒 〜seki-ray〜
02.鶺鴒 〜seki-ray〜 (instrumental strings arrange)
03.鶺鴒 〜seki-ray〜 (instrumental)

作詞 01:Gackt.C
作曲 01〜03:Gackt.C



***


Gacktの5thシングル。
確か3連続シングルリリースの内の3番目だった気がします。
この曲はこの後出たアルバム「MARS」には収録されず、翌年のアルバム「REBIRTH」にアルバムバージョンとして入っています。

以下各曲について。

01.鶺鴒 〜seki-ray〜
ジャケット写真の雪原のような静謐な雰囲気で始まる楽曲。
ボーカルも抑え目に歌っていますが、最初のサビから一気にバンドサウンドが入り、激しく壮大な展開になります。
この流れ、初めて聴いた時は正に鳥肌モノでした。
MALICE MIZER時代にGacktが作曲した「Le ciel 〜空白の彼方へ〜」に通じるものを感じます。ちょっと和風になったLe cielと言えるかも。
ラストで再び静かになって終了。
個人的には自分が聞いた中でGacktソロの中で1、2を争う名曲です。

02.鶺鴒 〜seki-ray〜 (instrumental strings arrange)
タイトル通り「鶺鴒」にストリングスアレンジをしたインストバージョン。
冷たい水が流れるような緊張感を持ったアレンジになっており、こちらはこちらで単体で十分聴けるものになっていると思います。

03.鶺鴒 〜seki-ray〜 (instrumental)
1曲目のカラオケバージョン。


***


かなり久しぶりに聴いたシングルでしたが、やっぱりツボみたいです。
最近の彼の曲をあまり知らない自分が言うのもアレですが、Gacktにスケールの大きいメロディアスな曲を求めている人にはたまらない曲なのではないでしょうか。
2曲目のインスト含めお勧めのシングルです。

※Amazon(試聴あり)
鶺鴒〜Seki Ray〜鶺鴒〜Seki Ray〜
Gackt Gackt 藤村幸宏

日本クラウン 2000-03-08
売り上げランキング : 150915

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


オフィシャルサイト(試聴あり)