ブログネタ
CDレビュー に参加中!
SADS「SAD BLOOD ROCK'N'ROLL」(1999)

01.LIAR
02.TRIPPER -Album version-
03.Private thirsty night
04.HONEY HONEY
05.Loveless Lover
06.DISCOVER
07.Mr.『YA』
08.1968
09.Teen Age
10.TOKYO -Album version-
11.OUT OF SIGHT
12.憂鬱という名の夢
13.HAPPY

全曲作詞・作曲:清春
編曲 01〜05、09〜11、13:SADS、土方隆行/06〜08、12:SADS、平出悟


***

元黒夢の清春がボーカルを勤めていたバンド「SADS」の1stフルアルバム。
初回版にはアナログジャケットが付いていました。

以下ピックアップ。



01.LIAR
イントロからピリピリしたギターの音が気持ち良い、攻撃的な疾走ナンバー。
歌詞も苛立ちを露にした感じです。曲の尺が短いのであっという間に駆け抜けていく印象があります。
アルバム曲の中では一番好きでしょうか。

02.TRIPPER -Album version-
1stシングルカップリング曲のアルバムバージョン。
こちらも激しく攻撃的な印象です。ジャパニーズロックンロールという言葉が似合うような気がします。こちらも尺は短め。

05.Loveless Lover
怪しい雰囲気を持ったジャズ調の楽曲。
ここまで激しい曲が続いていたので、この曲で一休み…出来るわけでもなくwこれはこれで濃い曲だと思います。清春の歌い方がエロい。

06.DISCOVER
パンキッシュで明るめの曲。
カラッとした音作りになっている印象があります。
こちらも日本のロックという言葉が浮かびました。

07.Mr.『YA』
LIARに通じる爽快な疾走パンクナンバー、なのですが…この愚痴の域を出ない個人攻撃みたいな歌詞は正直どうなんだろう(苦笑)。皮肉やユーモアが効いている風でもなさそうですし。うーん。
特に当時のインタビューを読んでいる訳ではないので良く分かりませんが、余程腹に据えかねた人だったのか、それとも何かの比喩なのか。まあそこの受け取りか方は好みの問題でしょうか。
曲自体はアルバム中でも上位に来る楽曲です。

10.TOKYO -Album version-
1stシングルタイトル曲のアルバムバージョン。
当時は特に意識して聴いていた訳ではないのですが、ラジオなどで流れてきた時の印象は強かったらしく、きちんと聴いたのは昨年だったのにも関わらず結構覚えてました。
シンプルな音がかっこいいロックナンバーだと思います。

12.憂鬱という名の夢
オーソドックスなスローナンバー。
全体的に攻撃的な歌詞が多いこのアルバムですが、この曲ではそれまでの清春自身の活動を振り返っているような歌詞になっています。

13.HAPPY
ドラムとギターが前に出た印象のある、アップテンポな楽曲。
明るめの曲調とカラッとした音はラストに相応しいかもしれません。

***

方向的には黒夢のラストアルバム「CORKSCREW」路線を推し進めつつ、ギターを前に出している攻撃的なアルバム、という印象があります。
後期黒夢が好きだった人ならすんなり気に入るアルバムなのではないでしょうか。

Amazon
SAD BLOOD ROCK’N ROLLSAD BLOOD ROCK’N ROLL
SADS 清春 土方隆行

ユニバーサルJ 2003-03-26
売り上げランキング : 30545

Amazonで詳しく見る
by G-Tools