ブログネタ
CDレビュー に参加中!
バビロン「「BABYRON」〜壱〜」(2004)

01.Unknown
02.Tonight
03.In a coop
04.awake morning

全曲作詞:タクマ
作曲 01、04:雍希/02、03:ミサ
全曲編曲:バビロン


***

2009年6月に解散したバンド、バビロンが2004年にリリースした1stミニアルバム。何度かメンバーチェンジがありましたが、この時点では、ボーカルが元RusHのタクマ、ギターが同じく元RusHの雍希と嘆キ使徒、Da'vidノ使徒:aL、架空ノ人々、Klein Kaiser、Aioria等で活動してきたミサ、ベースが珀、ドラムがRapture、LA VALLIERE、Deshabillz、JE*REVIENS、Due'le quartz等で活動してきたkazukiでした。
ミサの在籍していたバンドが個人的に好みだったこともあり、気になっていたバンドだったのですが、2009年に入って彼は脱退、その後バンドも解散という事になってしまいちょっと残念ではあります。

以下各曲について。

01.Unknown
曲が始まってすぐ思った事。「hideだコレ!」
ギターの音の運びやボーカルのエフェクトの掛け方とか、適度にラウドでポップなサウンドとか、かなり影響を受けている感じがします。このCDを聴いた後にRusHのCDも聴いたのですが、そちらも結構なhide臭を感じたので、これが雍希の曲の特徴なのでしょうね。どちらも好きだから良いのですけれどね。hideの影響をストレートに出しているバンドってこの界隈でも実は少ない印象があります。サビでは一気に開けますし普通に好きですね、こういうのは。最後はボーカルがむせて終了しますw

02.Tonight
クラシカルなメロディーがもろミサ! といった感じの激しめの楽曲。シンセの音とかもミサ節炸裂しています。Aioriaの曲をタクマが歌ってみました、的な空気も漂っていますが、Aioriaよりもバンドサウンドが前面に出ているので、そこが違いでしょうか。これまでのミサのやっていたバンドが好きなら一発で気に入る曲ではないかと。私はツボでした。

03.In a coop
こちらも続いてミサ曲。こちらも勢いのあるギラギラした感触の曲。ベースとドラムが前に出ています。サビメロがクラシックと歌謡曲の要素の入った軽快なメロディーでインパクト強いです。こちらもミサ曲が好きなら普通に気に入る曲ではないでしょうか。

04.awake morning
結構爽やかな印象のあるミディアムテンポの楽曲。ギターが分厚めですが取っ付きやすいメロディーとポップさのおかげか、臭みのある前2曲の後ではかなり穏やかなギターロックといった感じがします。

***

雍希とミサという全く異なる方向の作曲者の曲が2曲づつ入っており、ある意味RusHとAioriaのスプリット盤みたいな印象も持ったCDではありますが、この2人が同じバンドにいるのがまた面白いかったり。この最初の音源で、バビロンがどういうバンドかは分かり易く示されていると思います。個人的にはかなり気に入ったCDでした。

***

Amazon
「BABYLON」~壱~「BABYLON」~壱~
バビロン

インディーズ・メーカー 2004-02-05
売り上げランキング : 632950

Amazonで詳しく見る
by G-Tools