GENTLEMAN TAKE POLAROID「Orfeu」(2009)

01.哀しみのオルフェ
02.灼熱の華
03.THE GAME
04.Oh Wonder!
05.サヨナラ
06.FAKE
07.BREAK
08.愛と情熱のベースボールブギ!
09.RADIO CITY
10.名もなき風

全曲作詞:MASAYUKI DEGUCHI
作曲 01〜06、08、10:KEN MORIOKA/07:KEN MORIOKA、MASAYUKI DEGUCHI、STEVE ETO/09:MASAYUKI DEGUCHI
編曲 01、02、04、07〜10:GENTLEMAN TAKE POLAROID/03、05、06:森岡賢


***

SOFT BALLET、ソロ等で活動してきた森岡賢(キーボード・プログラミング)とGRASS VALLEY、REV/ソロ、Suiside Sports Car等で活動してきた出口雅之(ボーカル)によるユニット:GENTLEMAN TAKE POLAROIDの1stアルバム。ユニット名は森岡がトリビュートアルバムにも参加しているJAPANの4thアルバム「GENTLEMEN TAKE POLAROIDS」から取ったんでしょうね。これより前に通販限定で4曲入りメモリースティックが出ていましたが、CD音源としてはこれが初になります。

以下ピックアップ。


01.哀しみのオルフェ
何度も繰り返されるキャッチーなサビが印象的な、スッキリとした明るめでダンサブルな曲。80年代のディスコサウンドといった印象があり、20年遅れくらいでDEAD OR ALIVEにハマったような自分にはもろ好みでした。ダンスポップが好きな人はすんなり気に入る気がします。

04.Oh Wonder!
ラテンっぽさを感じさせるホーンやピアノの音とデジタルサウンドとの絡みが、無機的さとエロさがないまぜになった感じで面白い。GRASS VALLEYの時から特徴的な声の人ですが、出口のボーカルもこの曲では特にエロく聴こえるような。

06.FAKE
ギラギラした音やバッキリした低音が好みな、アッパーなダンサブルナンバー。ソフトバレエの森岡曲が好きだった人には近くを感じられる曲になっているのではないでしょうか。今作の森岡曲ではこれが一番好きです。

07.BREAK
森岡、出口、ゲストコーラスのスティーヴ江藤による共作。ほぼ平仮名の為に逆に読みづらい歌詞とヌメッとしたコーラス、ちょいちょい入る笑い声(と変な声w)、でもポップな曲調等によって、聴きやすいのに1回で整理しきれない変態ポップスと化してます。

08.愛と情熱のベースボールブギ!
クラップ音から始まる、ジャジーな曲。こういう曲調がくるのはちょっと意外だったかも知れません。しかし最初にタイトル見た時はなんじゃこりゃと思ったものでしたが、聴けば聴くほどこれは「愛と情熱のベースボールブギ」しかないなと。出口のセンス半端ねぇっす。

09.RADIO CITY
今作中で最も80年代っぽい、というか懐かしい香りが音や歌メロから感じられるポップナンバー。MySpaceの試聴の時からこの曲がやけに印象に残っていた訳ですが、これが出口曲と知って更に驚きました(クレジット見る前は普通に全曲森岡作曲だと思ってたんですよね…)。アレンジなどもちょっと前の日本のテクノポップといった趣で、微妙なダサさがまたツボに入ったり。自分は出口雅之に関して、現時点ではGRASS VALLEYと某ミスターで有名な(笑)「果てしない夢を」位しか聴いた事が無かっただけにちょっと嬉しい誤算でした。

***

メインで曲を書いているのが森岡ということもあり、色々な曲調がありつつも、全体的にはデジタル音メインのダンス・ポップサウンドに出口の艶のある低音ボーカルが乗る、という形で展開されていますが、メロディーには何となく80年代っぽい懐かしさを感じました。穏やかな曲も多く衝撃的なサウンド! という事ではありませんでしたが、SOFT BALLETの森岡曲や彼のソロ、デジタル、ダンサブルサウンドが好きな人にはすんなりハマれるアルバムになっている気がします。

***

Amazon
OrfeuOrfeu
GENTLEMAN TAKE POLAROID

Palmtree 2009-12-09
売り上げランキング : 2727

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


MySpace