睡蓮「THE DAWN」(2009)

01.柘榴
02.白露
03.Magnolia
04.それはもはや沈黙として
05.浸透して ver.2.0

全曲作詞作曲:睡蓮


***

睡蓮の4thミニアルバム。1、3、5がアニメ「ヘルシング」に使われ、また初回盤のジャケット(というか帯。Amazonの試聴プレーヤーの方に表示されています)もそちらのイラストを使っており、ヘルシングとのコラボという色が強い音源となっています。自分はそのアニメを見てないのでどのような使われ方をしたのか良く知らないのですが(苦笑)。
今回もゲスト陣に大島ミチル、TORUxxx、成田忍、ホッピー神山、平井直樹、三柴理、yukihiro(acid android/L'Arc-en-Ciel)、LEVIN(THE HUSKY/La'cryma Christi)と有名どころが集結しています。

以下各曲について。


01.柘榴
デジタル音と潰れたリズム、ストリングスが重たく絡んだバラード。耽美ですが猟奇的な歌詞と合わせて緊張感のある雰囲気があります。
「あなたのけつえきはどんな声でなくの?」

02.白露
前曲から繋がって始まります。レトロでクラシカルなメロディーのピアノが印象的。ほぼ全編にわたって古いレコードを再生したようなノイズとモゴモゴした音が入っているのでヘッドホンで聴くと妙な閉塞感が。物悲しい歌メロも好みです。
またピアノで参加している三柴理ですが、藤井麻輝のTwitterでの発言を引用すると「低音部と高音のオブリが氏、麻がメイン部。イントロアウトロどん!がユニゾン。ピアノ同士の調律違いによる微妙な揺れが気持ち悪くて気持ち良い。」との事で、興味のある人は聴き分けてみると面白いかも知れません。

03.Magnolia
ドラムに平井直樹とLEVINが参加した曲。ズンドコしたリズムとヘヴィな楽器隊が前に出たダークで激しい曲になっています。雑誌のインタビューで元々これをタイトル曲にしたシングルになる予定だった、という発言があったからか睡蓮の中では結構分かりやすくロックしている印象が。このアルバムでも軸になっている曲という感じがします。

04.それはもはや沈黙として
打ち込みのリズムとフワっとしたデジタル音、力強いストリングスが心地よいミディアムポップな曲。こちらもメロディーにはレトロな感じを受けます。このCDの中では明るめの部類に入るでしょうか。あくまでこのCDの中では、ですけれど。

05.浸透して ver.2.0
前作ミニアルバム「六花ノ音」収録曲の新バージョン。ドラムに前作参加のyukihiroに加え平井直樹も叩いています。前作と比べそんなに大きな違いは感じませんでしたが、ドラムが若干潰れた音になり、デジタル音が前に出てきているかな? という感じを受けました。あとこの曲で終わると「腐葉土」がすぐに始まる感覚に襲われてしまうw

***

前作「六花ノ音」の流れを汲みつつ、「ひたひた」とは別の方向で少し分かりやすくなったかな? という印象を持ちました。とはいっても収録曲の多くは2001、2002頃に既にあったようなので曲の傾向の変化とは簡単には言えないのですけれど。これまでより曲数が少ない(しかも1曲は既発曲の別バージョン)ですが、逆に最初に聴くCDとしては聴き疲れしにくいかもしれません。和風でダークな曲が好きな人にお勧めです。

***

Amazon(試聴あり)
THE DAWNTHE DAWN
睡蓮

tearbridge 2009-12-23
売り上げランキング : 1048

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


オフィシャルサイト

MySpace