another cell「another cell」(2006)

01.ARCHETYPE.01
02.Blazing darkness
03.INNER UNIVERSE -cybermated-
04.funerary dream
05.FROZEN PAST -raze-
06.黒揚羽
07.INDWELL -outer planet-
08.ARCHETYPE.02

作詞 02、04、06:Kaya/03、05、07:Hora
全曲作曲:Hora


***

2004年に解散した「Schwarz Stein」のKaya(ボーカル)とHora(キーボード、プログラミング)が今作限定で結成したユニット「another cell」のアルバム。シュヴァルツシュタインの前身ユニット時代の曲やHoraのソロアルバム収録曲の新録バージョンも含まれています。
楽曲の方ですが、解散からそこまで時間を置かずに同じメンバーが集まっているので当然かもしれませんが、ほぼSchwarz Steinの音と言って差し支えないと思われる、Kayaの艶のあるヴィジュアル系ボーカルが乗ったダークなダンス・トランスサウンドを展開しています。

以下各曲について。

01.ARCHETYPE.01
サイバーでダークな雰囲気のインスト。

02.Blazing darkness
アッパーなリズムと壮大なトランス音が前に出た曲。ボーカルが入ってからサビ毎に少しずつ盛り上がっていく展開がシンプルですが好みです。こういうのを聴くとやはりSchwarz Steinの音だなぁと。

03.INNER UNIVERSE -cybermated-
Horaの1stミニアルバム「INNER UNIVERSE」収録曲の新録バージョン。原曲では女性ボーカルが歌っていましたが、トランス寄りのアニソンとしても通用しそうなキャッチーなメロディーはそのままに全体的に音が太くなった印象があります(まあボーカルも変わってますし)。しかし改めて聴くと、この曲のHoraの歌詞はKayaに結構影響受けてそうだなぁと勝手ながら思うのですw

04.funerary dream
物悲しいデジタル音とピアノの三連符が印象的なミディアムテンポのポップナンバー。歌詞はKayaの詞に時々出て来る別離を歌ったものになっています。またこの曲は後にリリースされたKayaのインディーズベストアルバム「GLITTER」にも収録されています。

05.FROZEN PAST -raze-
Horaの1stミニアルバム「INNER UNIVERSE」収録曲の新録バージョン。穏やかな雰囲気の哀愁トランスになっています。原曲との大きな違いはあまり感じませんでしたが、こちらも無機的な女性ボーカルだった元のバージョンに比べると、曲に少し艶が出ているかなという印象です。

06.黒揚羽
Schwarz Steinの前身ユニット「Rudolf Steiner」のデモテープ「Queen of Decadence」収録曲の新録バージョン。これを書いている時点でデモテープの方を聴いていないので聴き比べは出来ないのですが、今作の中でも特にダークで退廃的な空気漂う楽曲になっています。後半のマイノリティの立場からきていそうな、黒い感情を搾り出すような歌い方が好み。Horaの暗い曲が好きな人にはたまらないのではないかと。

07.INDWELL -outer planet-
Horaの1stアルバム「THE WORLD」収録曲の新録バージョン。原曲はインストでしたが、今回はKayaのボーカルが入ったバラードになっています。

08.ARCHETYPE.02
1曲目同様、こちらも冷たくダークな雰囲気のインストナンバー。

***

サウンドはほぼSchwarz Steinと言っても良く、SS時代の曲やHoraソロ、KayaのHora提供曲が好きな人ならまず間違いなく好みに入るCDになっていると思います。基本的にメロディーが立っており聴きやすいので、ヴィジュ声とデジタルサウンドの好きな人にもお勧めでしょうか。現在は入手がしにくいのが残念ですが、手に取れる値段だった時は是非。

***

Pure Sound