百合十字団「百合十字の覚醒」(2001)

01.パンドラの信書
02.二匹の魚は交互に廻る
03.ピュエラ

全曲作詞・作曲:クリス・ダークシュナイダー
全曲編曲:クリス・ダークシュナイダー、平井光一


***

2000年に逝去したRaphaelのギタリスト:華月が生前準備していた別バンド「百合十字団」の製作途中だった音源を元にした3曲入りシングル。ジャケット内に歌詞の一部が記載されていますが、楽曲自体は全曲インストになっています。メンバーはボーカル:Chris Dark Shneider(華月)、ベース:Kurt Burton(元pleurのクルト)、ギター:Maskの編成で活動する予定で、Raphaelでもあったクラシカルなメロディーやメタルの要素はありつつ、そちらよりもハードでインダストリアルな面が多分に入っている印象があります。

以下各曲について。

01.パンドラの信書
ギターとシンセが前に出た、クラシカルで激しめの曲。ギターソロは多めでバリバリ弾いており、シンセとハモる部分が好み。リズムの打ち込みがいかにもデモ音源っぽく、展開変わる所でもテンポそのままで続いたりして違和感があったりしますが、制作の経緯を考えると仕方無いかなと。結構インストの時点で普通に聴けますね。ちょっとRPGの戦闘BGMっぽい感じもします。

02.二匹の魚は交互に廻る
ダークな雰囲気のシンセのイントロから一気に激しくなる、インダストリアル色が強めの楽曲。ザクザクギターと高速リズム、クラシカルなシンセの使い方がもろ自分好みでたまりません。デモっぽさもあまりありませんし3曲中では一番好きでしょうか。

03.ピュエラ
ちょっとニューウェーブ? っぽいデジタル音とキラキラしたキーボードが目立つアップテンポな楽曲。この曲が一番ボーカルが入る場所が分かりやすく、完成していれば3曲の中では歌モノ色が濃くなっていた気がします。

***

あくまで未完成の音源を元にしているので、その辺は承知の上で聴いた方が良いのでしょうね。メロディーには連続性が感じられつつ、後期のRaphaelとはまた違う激しさに特化した楽曲が並んでいるので、Raphaelのファンだった人には結構楽しめるシングルになっているのではないでしょうか。久し振りに聴きましたが、これが完成していればと思うと、やはり亡くなってしまったのは勿体無いなあと思うのです。

***

Amazon
百合十字の覚醒百合十字の覚醒

原楽器 2001-04-07
売り上げランキング : 278263

Amazonで詳しく見る
by G-Tools