彩冷える「ドラマティック」(2010)

01.ドラマティック
02.君だけを映して
03.brand new story (※通常盤のみ収録)
04.ドラマティック(Instrumental)
05.君だけを映して(Instrumental)
06.brand new story(Instrumental)(※通常盤のみ収録)

作詞 01〜03:葵
作曲 01:夢人/02:ケンゾ/03:インテツ
編曲 01〜03:後藤康二(ck510)

発売日:2010/06/16
品番:TKCA-73533


***

今度ボーカルの葵がソロでCDを出したりもする、彩冷えるのメジャー4枚目となるシングル。サウンドプロデュースと編曲を、元ZYYGの後藤康二が行っています。
…というか、これ書いている時に、「葵以外のメンバーが全員脱退、新しい事務所で新バンド結成」というニュースが飛び込んできて、かなり驚きました。公式サイトも現在繋がりにくい状態ですし…どうした彩冷える。

以下各曲について。


01.ドラマティック
ストリングス音に爽やかさと壮大感を感じる、アップテンポなメロディアスチューン。出した時期に合っていると思われる、清涼感のある楽曲になっています。また、かなり短いですが、間奏に一瞬入るチェンバロのクラシカルのフレーズがかなりツボ。最初に書きましたが、この曲のキモはストリングスによって、爽やかなスピード感が出ていることなんでしょうね。展開の緩急も気持ち良く、メジャーでのシングル曲では一番好みかも知れません。

02.君だけを映して
キラキラした打ち込みが前面に出た、ダンサブルなポップチューン。こちらも爽やかさ全開ですが、歌詞もサビメロもアイドルっぽさを大いに感じ、もうこれだったらジャニーズのアイドル辺りに楽曲提供出来ちゃうんじゃないかと思ったり。こちらの曲も、シングルタイトル曲になっておかしくないキャッチーさを持っていると思います(PV作られてる辺り、制作側の気持ちとしては両A面に近いのでしょうか)。男が聴くにはちょっとこそばゆいですが、ここまで突き抜けられたらコレはコレでアリかなと。

03.brand new story
通常盤のみ収録。なんちゃってチャイニーズなメロのデジタルサウンドが印象的な、こちらも2曲目同様ダンサブルな要素が強い楽曲。基本的にキャッチーなんですが、微妙に変テコなポップ感があって面白いです。歌詞はこちらもアイドルっぽいラブソングなのですが、終盤でバンド名やメジャーで出したシングルタイトルを織り混ぜた言葉が出てきまして、最初に聴いた時は、デビュー1年ちょいで、こういうまとめ的なネタ使うのは早いんじゃないかと思っていましたが、先日のニュースを踏まえるとこれは…いやいや考え過ぎか(苦笑)

04.ドラマティック(Instrumental)
1曲目のメインボーカルを除いたカラオケバージョン。

05.君だけを映して(Instrumental)
2曲目のメインボーカルを除いたカラオケバージョン。

06.brand new story(Instrumental)
3曲目のメインボーカルを除いたカラオケバージョン。

***

全体的に、夏らしい爽やかなポップ感が前面に出たシングルになっており、昨年の「夏物語」で感じた違和感も取れ、こういう路線も足に付いてきたのかなという印象があります。それだけに今回のニュースはちょっと驚きですが、メンバーのコメントや他所のサイトを見る感じでは、結構前から決まっていたみたいですね。もしかしたら、葵のソロ曲も本来はバンド名義で出す予定だったのかなと思ったり。バンドの中の人込みでファンの人は中々複雑でしょうが、まあこういう事もあるということで。双方の楽曲を楽しみにしましょうかね。
しかし、V系のCDでZYYGのメンバーの名前を見ることになるとは思いませんでした…と思ったら、今度の葵ソロに後藤康二が楽曲提供するという事で。ZYYG化はしないでしょうがw、ちょっと興味深いです。

***

Amazon(試聴あり)
ドラマティックドラマティック
彩冷える

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2010-06-16
売り上げランキング : 40581

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


GyaO「ドラマティック(PV)」
GyaO「君だけを映して(PV)」