SCISSOR「NUMBER CUT #2」(2003)

01.「SH」
02.理想street
03.Night Show 〜シワシワ老婆のNANA不思議〜
04.「NC」
05.オトメ
06.ブラインドマン(〜シークレット音源)

作詞 02、03、05、06:MIKI
作曲 01、03、06:SEIICHI/02、04、05:子雲

発売日:2003/12/10
品番:LOOP-4002CD


***

SCISSORの2ndミニアルバム。前作「NUMBER CUT」から間を置かずにリリースされたこともあってか、ほぼ曲の雰囲気やアルバムの構成も似ている印象があり、前作が好きな人にとっては安心クオリティでしょうか。

以下各曲に付いて。


01.「SH」
英語のナレーションが入った壮大感のあるイントロから一転し、ガチャガチャとしたバンドサンドとシャウト中心の展開に。ほぼインストと捉えて良いと思います。途中少しだけホラーチックな展開が入るのも面白いですし、短めですが1曲目にしてバンドの色が良く出ているのではないでしょうか。

02.理想street
前作でもあった、ウネウネとしたギターのフレーズが印象的な激しめの楽曲。サビではメロディアスに歌い上げますが、パンキッシュで攻撃的な要素とレトロなメロディーを前に出した要素が交互にやってくる曲という印象があります。

03.Night Show 〜シワシワ老婆のNANA不思議〜
時計の音? や冷たさを感じさせる演奏と、鼻にかかったようなボーカル(と歌詞)との取り合わせが、コミカルホラー風味な印象を与える曲。語りを入れたり、一部でボーカルに極端なエフェクトをかけたりと、ギミックも色々入れています。そこまで大きく盛り上がる訳ではないのですが、今作中では結構好きな曲。エロイムエッサイム…。

04.「NC」
前作にもあった、語りメインというかネタトラック。バックの音はシンセメインの冷たくゴシックチックで結構好き。今回メンバーはゾンビになっている…らしいですw

05.オトメ
こちらもレトロなオサレパンク? な印象のアップテンポな楽曲。このガチャガチャ感がシザーの特徴なのでしょうね。

06.ブラインドマン
最後は疾走パンクチューン…って本当に前作と構成似てる気が。サビも明るく歌い上げており、エフェクトをかけたシャウトが無かったら、V系ボーカルが青春パンクを歌ってみましたみたいな感じになっていた気も。ブックレットのヴィジュアルは結構怖い感じですが、基本何でもありのバンドだったのかな? 曲自体は普通に好きです。

〜シークレット音源
ブラインドマン終了後、そのまま再生を続けるとまもなく始まります。
ライブ録音ですが、これはメンバー紹介を兼ねたコール&レスポンスでしょうか。結構盛り上がっており、観客のメンバーを呼ぶ声もはっきり聴こえます。「切っちゃえ 切っちゃえ 切っちゃえ」の繰り返しが印象的。ライブでは毎回やってたのかなあ。

***

繰り返している通り前作を踏襲したような雰囲気なので、あまりこちらで言う事が無いのですが(苦笑)、Night Showのようなダークな空気を混ぜ込んだものもあり、決してオサレ一辺倒ではないバンドだったのかなと思っています。この後に出た「NUMBER CUT #3」は未聴なのですが、今更ながら気になってきました。

***

Amazon
NUMBER CUT#2NUMBER CUT#2
SCISSOR

LOOP ASH RECORDS 2003-12-10
売り上げランキング : 404810

Amazonで詳しく見る
by G-Tools