goatbed「ワーキングウォークマン」(2005)

01.ニューロマンサー
02.ソニックフォニックトニックス
03.モニカ
04.ツートンキラー
05.バディービート
06.テクニコントラストロン
07.ギンメタリズム
08.ジオデジオ
09.セッズ セッズ セッズ
10.ワーキングウォークマン

作詞 01、02、04〜10:Shuji Ishii/03:Yoshiko Miura
作曲 01、02、04、06、08〜10:Shuji Ishii/03:NOBODY/05:Shuji Ishii & Takao Koma/07:Shuji Ishii & Satoshi Yorimoto
全曲編曲:Shuji Ishii

発売日:2005/05/25
品番:VICB-60005


***

最近ではXA-VATを結成した、石井秀仁によるプロジェクトのメジャー1stアルバム。当時メンバーだった小間貴雄も現在XA-VATで活動しています。

全体的には、ザ・打ち込み! といった感じの懐かしさを感じるデジタル音が満載で、そこに80年代臭溢れる(って勿論リアルタイムで体験していた訳ではないですけれど)歌メロが乗っていますが、この確信犯的なダサさがたまらないのです。基本一音一音がハッキリしたノリが良い曲が並んでおり、吉川晃司のカバーである「モニカ」もアルバムの流れに違和感無く溶け込んでいる印象。フワッとした石井のボーカルも音に良く合っていると思います。
そんな訳で1曲気に入れば自動的に全部聴けるアルバムだとは思いますが、個人的に気に入っているのは、その懐かしくちょっと切ないメロディーを特に感じる「ニューロマンサー」や「ジオデジオ」「セッズ セッズ セッズ」辺りでしょうか。「ジオデジオ」から終盤3曲の、すっきりとした音ながら切なさが残る流れが好きですね。

XA-VATがV系好きの中で話題になっていますが、そちらで彼を知った人も高確率で気に入るのではと思いますので、デジタルサウンドが嫌いでなければ是非手に取ってみて欲しいアルバムです。10曲33分と尺がコンパクトな上、値段も安いので入りやすさもあると思いますよ。

***

Amazon(試聴あり)
ワーキングウォークマンワーキングウォークマン
goatbed

Babestar/ビクターエンタテインメント 2005-05-25
売り上げランキング : 30923

Amazonで詳しく見る
by G-Tools