画面端の見切れは正義!


先週ひいた風邪が長引いており、家に帰ると気が緩むのか体調がgdgdになっちゃうので、殆どブログに手を付けていませんでした。汚い話でアレですが、黄土色の鼻水なんて、ここ数年花粉症末期でしかお目にかからなかったのに…。
喉から来た風邪だからか鼓膜もパカパカ言うので、CDも集中して聴けないのだぜ('A`)

で、ブログ書いていた時間を、興味はあったけど置いていた、日本のホラー映画の鑑賞に暫く充てていました。折角なので、ここ1ヶ月位に見たのも合わせて並べてみようかなと。

ちょこちょこネタバレ含むので一応たたんでおきます。


『The 心霊写真』シリーズ
thesinrei

Twitterの方ではちょこちょこ書いている「ほんとにあった! 呪いのビデオ」シリーズで、昨年辺りまでスタッフを務めていた岩澤宏樹が構成・演出をしているという事で興味を持ったシリーズ(他の人が手掛けているのも多いですが)。自分が子供の頃は、心霊写真を集めた本を読んだものでしたが、今ではDVDに収まっているのですね。
タイトル通り、心霊写真ばかりを1作当たり50枚ほど収めており、ほぼスライドショー状態。真面目な人は鼻で笑うのでしょうが、こんな体調の時にのんべんだらりと見るには、割と丁度良かったりします。というか、変に再現ドラマ入れたり「霊能者」の解説・除霊シーンを長々とやったりするより、こういうシンプルな方がボロが出なくて良いと思いますぜ、主人。画像のズームより先に、「モノ」の写っている所を見つけるとちょっと嬉しい。でもそこがスルーされると………あれ、ジャアコレハ…?


『怪談 新耳袋』シリーズ
有名なシリーズですが、ちゃんと見たのはつい最近になってから。
1話5分(!)のサクサクペースで、ガチホラー・不条理・人情もの・コメディ寄りと色々見ることが出来ます。監督には、清水崇や鶴田法男など有名どころも。作品の性格上多くの人が参加しているため、話によってハマリ具合の差が大きいのが難点ですが、1話1話が短いのでダレずに見れるのは大きいかも。まだ初期の方しか見ていないので、長編の方にもいつか手を出してみたいですね。

怪談新耳袋 1stシーズン DVD-BOX
B0001Z2ZW0



『学校の怪談 物の怪スペシャル』(2002)
テレビ放送の4話+竹中直人と柴咲コウ出演の特典ドラマが入ったDVD。特典というかおまけですね、アレはw
「怪猫伝説」
監督・脚本:矢口史靖 出演:深津絵里ほか

過去の作品のリメイクなのかな? 獣医学生の飼猫と、先輩の心が入れ替わってしまって…というお話。飼い主の事を「おやぶん!」と呼ぶ猫(の姿をした深津絵里)が面白い。今調べて気づきましたが、矢口史靖は「ウォーターボーイズ」を撮った人なんですね。確かに納得出来るノリのお話でした。
このお話の演技大賞は、終盤の猫(本物の)にあげたい。

「何かが憑いている」
監督:鶴田法男 脚本:三宅隆太 出演:池脇千鶴、奈良沙緒理、宮崎美子ほか

奈良沙緒理のメイク&佇まいによる、ジメっとした怨霊っぷりがやけに怖い。…ですが、お話自体は思春期の悲しいすれ違いの話としても成立できるものになっており、視聴後の気分は結構爽やかなものになっている気がします。

「俺たちの文化祭」
監督:緒方明 脚本:斉藤久志 出演:伊藤淳史、須藤理彩、妻夫木聡、香川照之ほか

70年代、高校の軽音部員を主人公とした青春もの。こうして改めて見ると、このオムニバス出演者豪華だなぁ。
ストーリーですが…一応幽霊は出てきますが、これもう怪談というか良い話ですね(苦笑)。伊藤淳史ら演じる軽音部員のダサさがハマってて良いんだまた。ガチな怖さを求める向きには不評かもしれませんが、こういうのがあっても良いじゃない! どうせ次の話がヤバ過ぎるんだかrゲフンゲフン
因みに、くりいむしちゅーの有田哲平がちょっとだけ出ています………アフロで。

「花子さん」
監督:黒沢清 脚本:香川まさひと 出演:京野ことみ、加瀬亮、加藤晴彦ほか

このお話が、本DVDを借りた最大の目的だったり。
ショック演出を控えた乾いた雰囲気ながら暗い画面・不意に現れる質感を持った幽霊・カーテンなどの薄い膜・積極的には説明されない状況、と自分がこれまで見た黒沢清のホラーものの要素が多く入ったお話になっていました。最初は、(一応ネタバレ反転)いじめられて死亡した女の子が、儀式で呼び出された花子さんの姿を借りて復讐を行っているのかと思っていたのですが(顔を見たら「死ぬ」、のではなく「消えてしまう」)、終盤に花子さんとは別に彼女の幽霊がちゃんと出てきたので更に分からなく…(反転ここまで)。そして加瀬亮演じる彼の意図は何処に。「それは自分で考えて下さい」って彼に言われそうですけれど…w 他にも分からない事は多いのですが、それ故に怖さがまた増しているのかなとも。
ラストシーンは、黒沢清が監督した映画「回路」の展開を端的に示している感じがしますし、花子さんの赤いワンピースというヴィジュアルは、後の「叫」に出てくる幽霊にそのまま受け継がれている気がします。
個人的に、黒沢清の映画に出てくる幽霊が一番居そうで怖いw

学校の怪談 物の怪スペシャル [DVD]
B00005V2PV




眠くなってきたのでもう1回位続く…かも。