今年も開催されている、Beautiful Dreamerさんの「2010音楽ランキング」へ投票するリストを作るついでに、こっちでも自分が聴いた2010年下半期リリース音源のまとめを。
……と思ったのですが、上半期に出たCDを遅れて聴いているパターンが結構多かったので、上半期編より後に聴いた新譜から、特にランキングなどは決めずに軽くまとめてみようと思います。

というか、今年は12月にリリースが固まっていた気がするのですぜ、主人…。




Gravel「JYL WEIβ」
IMG

所謂同人音楽界隈で正統派ヴィジュアル系をやっているという事で、驚きつつ気になっていたのですが、Twitterで面白いV系ネタを呟いていらっしゃる方をフォローしたら、サークルのメンバーその人で二度びっくりした経緯が。
こちらは6曲入りのミニアルバム(CD-R)なのですが、「ジャリ ヴァイス」というタイトルといいバンドロゴ・ジャケットデザインといい、明らかにJ○LSを意識していますねw 裏ジャケもYUKI○Aがしそうなポーズが取られたイラスト、「漢道」「Kraiz」のような何処かで見たようなロゴとという徹底っぷり(因みに、これより前に聴いたベストアルバム「懺悔ノ終幕」は、タイトル・ジャケがMadeth gray'llの「悲劇ノ終幕」を思いっきりパロってますw)
楽曲の方もリスペクト先への愛を感じる、ウワモノを使った切な系メロディアスチューンをメインとしており、2000年前後のV系界隈が好きだった人には、ニヤニヤする要素がてんこ盛りなのではないでしょうか。ボーカルもそこまで上手くない(失礼)のがまた当時っぽくて良いですね!(メンバー3人全員がボーカル・演奏をこなしています) お財布にも優しい値段設定ですし、あの頃の匂いに触れたい人は是非。
今年の冬コミでは過去曲のリメイクをシングルで出すそうですが、次のアルバムタイトルはやっぱり、「JYL NOIR」なんでしょうか。

オフィシャルサイト






DRAGON GUARDIAN「真実の石碑」
真実の石碑真実の石碑
Dragon Guardian

メディアファクトリー 2010-07-21
売り上げランキング : 13813

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

4thアルバム。相変わらずの異臭メタル街道ですが、ナレーションが一人のみとなり、アニメ声の掛け合いが無くなってしまったので、あのやり過ぎ感が好きな自分としてはちょっと大人しく感じるところがあったかも知れません。しかし音に関しては、前作で若干感じたリズムの軽さが払拭され、女声ボーカルもパワフルなのでドラガ入門としては最適なアルバムと言えるかもですね。

Dragon Guardina feat.JUN「蒼之志士」
蒼之志士(アオノシシ)蒼之志士(アオノシシ)
Dragon Guardian feat. JUN(ドラゴンガーディアン・フューチャリング・ジュン)

Dragon Guardian 2010-08-18
売り上げランキング : 63349

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そしてこちらは男性ボーカルを迎えたミニアルバム。
本作ではナレーションを封印、シンフォニック音も極力使わず男くさいメタルを展開しています。↑より更に入りやすい…かも。




CECILE CORBEL「借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック」
借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック
セシル・コルベル

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2010-07-14
売り上げランキング : 14800

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

感想記事はこちら
ドラガが高カロリーなクサさとするならば、こちらはケルト調の穏やかなアレンジの中にクサメロを織り込んだアルバムでしょうか。ジブリ映画の主題歌は概ね好きですが、今作はかなりのクリティカルヒットでした。
そう言えば、今度のジブリ新作は再び宮崎吾朗が監督するという事ですが…さてどうなりますやら。


M.graveyad/Circletempo「うみねこのなく頃に散 musicbox 霧のピトス」
IMG_0001

感想記事はこちら。ひぐらしで知ったdai氏、うみねこからハマったラック眼力氏がタッグを組んだという事で、期待値の上がったタイトル曲でしたが、それに見事に応えてくれました。アルバムのボリュームもたっぷりなのが嬉しい。
今年の冬コミで本編は完結という事ですが、同時にうみねこキャラクターを使った格ゲーが出るそうで…w 格闘ゲームは苦手なので手は出さないと思いますが、そちらの主題歌もこの二人による共作という事でリリース情報に注目したいと思います。

……で、やっぱり**を耕したり**を使った料理を無理矢理食べさせたり***で一摘みずつ*を切り取ったりする技があったりするんでしょうk(ry

アルバム特設サイト


V.A.「XIII FILE Vol.1」
XIII FILE Vol.1XIII FILE Vol.1
オムニバス

インディーズ・メーカー 2010-02-17
売り上げランキング : 361166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

感想記事はこちら。発売から半年近く経ってから聴いたのですが、その時点で活動休止・メンバー脱退を発表したバンドもあり、個人的に当たりだったオムニだけにちょっと残念な気持ちも。最近ではパニックちゃんねるも活休を発表していました。


love solfege'「墟律のサンプル」
IMG_0002

感想記事はこちら。彼らを知ってから5年になりますが、今作も安心のクラシカルポップワールドを展開しています。最近になって、メジャーから2ndベストアルバムも発売されました。
アルバム特設サイト


THE SOUND BEE HD「蜂」
蜂
THE SOUND BEE HD

Starwave Records 2010-05-12
売り上げランキング : 249256

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

感想記事はこちら。濃いジャケットと裏腹に、バリバリのデジロックが中心になっていますが、内容自体はリリースのブランクを感じさせない充実作になっていると思います。これを書いている時点で、既に新しいミニアルバムが出ているのですが、そちらでは更にメンバーの妖怪化が進んでいるようで…w


ALI PROJECT「汎新日本主義」
汎新日本主義(初回限定盤)(DVD付)汎新日本主義(初回限定盤)(DVD付)
ALI PROJECT

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2010-09-29
売り上げランキング : 790

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コンスタントに新作をリリースするアリプロさん。今作も前作「POISON」の流れのようなスルメアルバムという感じですが、新たにアリプロの王道にもなりそうな、ジャズ要素の入った「鹿鳴館ブギウギ」、珍しくギターソロが前面に出ている「SENGOKU GIRL」、君が代の旋律を入れたラストの「この國よ静かに目覚めたまえ」など、色々やってきています。自分の手元にあるのはDVD付きの初回盤ですが(通常盤には、トラックは同一ですがタイトル・歌詞の異なる曲が入っているという、ちょっとアレな仕様)、そこに収められている「絶國TEMPEST」のPVが色んな意味で物凄い事になっているので、初回盤を買った方はDVDから御覧になってみると良いかも知れません。


MONKEY MAJIK「MONKEY MAJIK BEST〜10 Years&Forever〜」
MONKEY MAJIK BEST ~10 Years & Forever~MONKEY MAJIK BEST ~10 Years & Forever~
MONKEY MAJIK

binyl records 2010-07-14
売り上げランキング : 7275

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらはBeautiful Dreamerのレビューを参考にして、手を出してみたアルバムです。アルバム初収録や新曲、リマスターをされた曲を合わせて、収録曲の半分以上を占めているのが結構お得。ブックレットに各々の曲の出展が入っていないのが、これをきっかけにオリジナルに手を出す人が増えるかも知れないこの手のベストにしては、ちょっと不親切な気もしますが(これはこのバンドに限った事じゃないですけれど)。
ドラマタイアップの付いていた「Around the world」位しか知らなかったのですが、他にも聞き覚えがある曲がちらほら。基本的にライトなバンドサウンドに、ツインボーカル(というかMC)が乗った穏やかなポップチューンが多い印象で、メロディーが耳にスッと入ってくる良曲が多い気がします。地味にはまりつつあるかも知れません。
Around the worldのように、あざといまでのオリエンタル臭を出した曲も聴きたいですが、オリジナルではどうなっているんだろう…。


Cocco「エメラルド」
エメラルドエメラルド
Cocco

ビクターエンタテインメント 2010-08-11
売り上げランキング : 91593

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Coccoを聴くのは「ザンサイアン」以来になるのですが、良い意味でぶっ飛ばされました。沖縄民謡調やヘヴィな楽曲は勿論、ダンサブルなアレンジをされた曲やR&Bっぽいものもあったりと、相当伸び伸びやっている感じを受けます。それでも散漫な印象が無いのは、ボーカルの力や、何だかんだで一貫している(と自分では思ってます)メロディーの聴きやすさがあるからなのかなと。


THE SPLATTERS「脳内出血」
脳内出血脳内出血
THE SPLATTERS

バウンディ 2010-09-29
売り上げランキング : 56287

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

かまいたち、幻覚アレルギー、OCTOPUS CULT等で活動してきたSCEANAが、久々に組んだ新バンドの1stミニアルバム。
デジタル音も交えつつ、重たく攻撃的に突っ走っておりますが、あまりの爆走ぶりに1曲1曲が印象に残らない可能性も…w(曲の尺が短いというのもあるのですが) シーナ氏の切り裂くようなボーカルは健在ですし、取りあえず継続的な活動をですね…。


DRAGON GUARDIAN & KNIGHTS OF ROUND『桜牙』「新選組散華録」
新選組散華録(シンセングミサンカロク)新選組散華録(シンセングミサンカロク)
桜牙~Dragon Guardian & KNIGHTS OF ROUND~(オウガ~ドラゴン・ガーディアン・アンド・ナイツ・オブ・ラウンド~)

Dragon Guardian 2010-10-31
売り上げランキング : 2256

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

DRAGON GUARDIANとKNIGHTS OF ROUNDによる企画ミニアルバム。ボイスドラマ2曲+ボーカル2曲なので実質シングルかな?
上述のドラガ4th・蒼之志士ではちょっと薄味な印象もあったのですが、その分を取り返しに来たどころか、聴いてるこっちがカロリー過多で死ぬんじゃないかって位にやってくれています。

・新選組メンバーが皆女の子
・リーダーキャラ・ロリっ娘・リアル邪気眼と揃ってるよ!
・そして微妙に百合臭
・絵に描いたような中二な台詞を吐く悪役(実際ジャケットには登場キャラクターが描かれていますが)

そんな設定で、和風メロてんこ盛りのメロスピやってるんですから、もう痒くて痒くて
  た   ま   り   ま   せ   ん(※褒めてます)。
ただ実際、ネタっぽさと比例するようなメロディーの良さ、ボーカルと台詞のバランスも詰め込み過ぎず引き過ぎずと、個人的にドラガに求めているものが一番理想的に入っているCDでもあります。一番ツボに入った「護国の刃」がKNIGHTS OF ROUNDのメンバー作曲だったので、そちらの方も気になりますね。あとはもうちょっとボリュームがあれば…と思っていたら、もう後編ミニアルバムが出るそうですよ

特設サイト



宇宙戦隊NOIZ「GENOM EMOTION」
genom_emotion

2009年にメンバー交代があってから、メジャーでシングル1枚をリリースしたのみで、中々新作が出なかった(ベスト盤のリリースはありましたが)宇宙戦隊NOIZが、「全曲無料配信」という形でリリースした6thアルバム。
もうコレに関しては、「すぐにでもダウンロードして聴いて下さい」と言えば良いのですが、敢えて言葉を付けるならば、やかましくて強烈にポップなデジロックが聴きたい人に是非お勧めしたいアルバムです。バンド名やド派手なビジュアルからネタバンドのように見えますが(そんな曲もゼロではないですが)、ともすれば今時みっともないまでの熱いメッセージ性も持ったバンドだと思っています。これだからV系を聴くのはやめられない。

アルバム特設サイト


Lacroix Despheres「Dernier Paradis act.2」
Dernier Paradis act2Dernier Paradis act2
Lacroix Despheres

Office Lacroix 2010-12-01
売り上げランキング : 28590

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自分の中では、2000年代後半に現れたAMADEUSフォロワーとなっているラクロワデスフェールの2ndアルバム。現在聴き込んでいる最中ですが、ツインボーカルと管楽器を前面に出したクラシカルな方向性はそのままに、ヘルプでリズム隊を迎えるなど音の充実を図っている印象があります。何より今までのCDでは、ちょっとキンキンしていた所もあった女声ボーカルが進歩を見せ、かなり伸び伸びと歌っているのが印象に残りました。先行リリースライブ行きたかったなあ。


Sound Horizon「Marchen」
Marchen(初回限定盤)Marchen(初回限定盤)
Sound Horizon

キングレコード 2010-12-15
売り上げランキング : 17

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Sound Horizonのメジャー5thアルバム。
シングル「イドへ至る森へ至るイド」を聴いた時は、SHも安定期に入ったかな…と思っていましたがとんでもなかった。そんな予想を超えて、過剰なまでにメロディアスでミュージカル的でグロテスクで。今回は今までに無かったようなユーモラスなノリも多いのですが、何だかんだで残酷なオチが付く事が多いので、その辺を待っていた人も一安心…かも。今作のモチーフが「童話」と「七つの大罪」みたいなので余計にそう感じるのかもしれません。相変わらず語り満載で、所謂ポップス的な構成な曲も少ないので(メロディーはどれもキャッチーですが)、好き嫌いは極端に分かれそうですが、個人的には飲み込みやすかったアルバム(少なくとも配役と粗筋を理解するのに2年かかってしまったMoiraよりは…w)。久々にライブ参戦も出来るので今から楽しみです。
後、今回初回盤パッケージ・ブックレットの気合の入り方がエラい事になっているので、個人的にはそちらの方を強くお勧めします(Moiraの時は、後で確認した通常盤の方がシークレットアドレスを見つけやすく、ジャケ絵からストーリーを理解するのも容易でしたが(苦笑))。800円分の価値はあると思いますよ!


Moi dix Mois「D+SECT」
D+SECTD+SECT
Moi dix Mois

Midi:Nette M.†.M 2010-12-15
売り上げランキング : 1493

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前作から約3年半ぶりにリリースされたフルアルバム。
こちらも今聴き込み中。相変わらずのManaっぷりといった感じですが、今作はまた激しい部分が出てきたような気がします。少なくとも前作にあった「美味しいけどちょっと食い足りないかも」というような印象はありませんでした(前作が嫌いというわけではなくてね)。過去曲「Ange」のリメイクが入っていますが、デス声が追加され攻撃的に生まれ変わっていました。


BUCK-TICK「Razzle Dazzle」
RAZZLE DAZZLE(初回生産限定盤)(DVD付)RAZZLE DAZZLE(初回生産限定盤)(DVD付)
BUCK-TICK

BMG JAPAN Inc. 2010-10-13
売り上げランキング : 716

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

実はつい先日になって聴いた、BUCK-TICKの新作。いや前作「Memento mori」を今年になって聴いたもので、何となくそちらを聴きこむ時間が欲しくてですね…w
ここ2作程のバンドサウンドメインの傾向から、結成25周年ですし流石に安定してきたのかな…と思っていましたがとんでもなかっt(ry ここに来て、ダンサブルなノリを持ち込み始めましたよ。
と言っても、90年代からデジタル要素をふんだんに取り入れていたのですが、今回は随分とあっけらかんとしているというか……若い! キャリア的には大御所なバンドが「ビビデバビデブー」ですよ。「ジャンゴォー」ですよ。
取りあえず1周した感想は、踊れてちょっとダサくていかがわしくてダークでブッ飛んでて、でも総じてポップなアルバムでした。15曲と曲数も多めですがダレずに聴けるのも、幅広くやりつつ根が聴きやすいからなんでしょうね。

***

思ったより長くなって疲れました(苦笑)
恐らくこれが今年最後のブログ更新になると思いますので、シングル編や旧譜編はやるなら来年ということで。
ツイッターの方では何かしら書いているとは思いますが、取りあえずこちらでは良いお年を〜。