今年も、上半期に聴いた音源の総括未満な何かを書いていきますよー。今年前半はあんまり新譜を買っていなかった気がしていたのですが、昨年前半のまとめを見たら、そんなに変わらない――どころか数的には若干上回っていたという…。聴きたいけどまだ手を出せていないCDがあるからかもしれません。

本当はランキング形式にしたりすれば面白いのかもしれませんが、マンドクsいつも通りその辺はあまり拘らず並べてみますよ。(ランキングに関しては、Beautiful Dreamerさんの「上半期楽曲ランキング投票」の方に投票してみようと思っています)


葵&涼平 incl.アヤビエメガマソ「モノクローム」
モノクローム(徳間ジャパン 通常盤)モノクローム(徳間ジャパン 通常盤)
葵&涼平 incl.アヤビエメガマソ

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2011-02-16
売り上げランキング : 73740

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨年分裂した彩冷えるから、一人残った葵とアヤビエのオリジナルメンバーだった涼平による、まさかのユニット結成には驚かされました。二人がそれぞれ在籍する徳間ジャパンとエイベックスからの、涼平在籍時の彩冷える楽曲のセルフカバーを含むカップリング違いリリース、しかも両者に内容の異なるDVD付きでCDは1曲少ない初回盤の4種類があるという、相変わらずこの界隈らしい売り方ですが…(苦笑)。因みに、現在私の手元にあるのは、徳間ジャパンの通常盤。
この二人ですから、そりゃ涼平在籍時の彩冷えるになると思っていましたが、タイトル曲は涼平節を感じつつまた違った所に持っていった印象でした。それでも彩冷える・メガマソ両者のファンを置いていかないどころか、激烈にキャッチーメロディーで引っ張るのは流石と言うべきでしょうか。


AYABIE「Melody」
Melody 【通常盤】Melody 【通常盤】
AYABIE

ハピネット 2011-02-23
売り上げランキング : 124717

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらは分裂したもう片方のAYABIEの1stシングル。この前に出たデビューアルバムはまだ聴けていないのですが、涼平脱退後の彩冷えるを思い出させるダンサブルなタイトル曲、メジャー期の彩冷えるの匂いを残した2曲目、ヘヴィ寄りの3曲目(通常盤のみ収録)と三者三様な感じで、バンド入門としても優れているかな、と思ったり。
そう言えば、次のシングルから改めて(?)メジャーで活動するそうですね。


BUMP OF CHICKEN「友達の唄」
友達の唄友達の唄
BUMP OF CHICKEN

トイズファクトリー 2011-02-23
売り上げランキング : 971

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドラえもん映画の主題歌になった曲ですが、ストリングスやトランペットも使った壮大なバラード…の割にはちょっと印象薄かったかもしれません、どこが悪いという訳でもないのですけれども。カップリング「歩く幽霊」のようなカントリー要素の入った曲も、十分タイトル曲を張れるポップさを持っていると思うのですが。
そう言えば、震災後チャリティー目的で、1曲+DVD付きのシングルが急遽リリースされましたが、あちらは事実上ボーカル藤原基央のソロのようになっているようで。


XA-VAT「艶℃」
艶℃(初回限定盤)(DVD付)艶℃(初回限定盤)(DVD付)
XA-VAT

ビクターエンタテインメント 2011-03-16
売り上げランキング : 5052

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

濃ゆい面子から濃ゆくもポップでダンサブルなものが出てきました。メンバーの経歴を含む先行シングルの感想はこちら
最初は即効性の高いアルバムと思って聴いていましたが、聴き込むとまた違った所に耳が行ったりと、ある意味燃費の良い(笑)触れ方が出来ているアルバムでしょうか。今の所、上半期で楽曲別1位を上げるならこちらのアルバムからになるかなと。サビ前で表情が一変するMr.VITALか、懐かしさを感じるEPOC TRACEか…。


VELVET EDEN「Witch on flames」
Witch on flamesWitch on flames
VELVET EDEN

PANTHER PINK 2011-03-26
売り上げランキング : 39669

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ベルベットエデンの復活第一弾ミニアルバム。感想記事はこちら。作曲者が異なっているのに、ユニット時代好きにはしっくり来るという印象でした。そして珍しくkonozamaを喰らった音源(現在在庫は復活しているようです)
因みに、そのユニット時代の楽曲「Street of Alice」のリテイクバージョン(約10年振りにKalmが参加!)や本作タイトル曲のリミックス音源が、DADAのブログにて無料で公開されているので、興味はあるけどいきなり買うのは…という人は参考になるかも。

Street of Alice 2.0
http://ameblo.jp/dada-velveteden/entry-10899202917.html
Witch on flames(GPKmix)
http://ameblo.jp/dada-velveteden/entry-10919679637.html


highfasionparalyze「spoiled/蟻は血が重要である/形の無い 何よりも 愛したのは お前だけが」
hfp

元merry go round〜Smellsのkazumaと元deadman〜the studsのaieが手を組んだ、ハイファッションパラライズの1stシングル。ボーカル・ギターのみの編成ですが、音源でも本当に2人だけの音でぶつけてきました。録音環境の問題か、ちょこちょこギターの音が割れている? のがちょっと残念。それを差し引いても、ダークという言葉で片付けるのもはばかられるドロドロ感ときたら! 歌詞カードが付かず、作詞・作曲クレジットもないため、どちらが主導で曲を作っているかも気になりますね。
まだシングル1枚で判断するのは早計かもしれませんが、これまでのkazumaさんのキャリアの中でもダントツに人を選びそうな気がします。自分も何度か聴いてやっと各曲の色が見えてきた、ような……気が……(MP減少中)。
現在、ライブ会場とオフィシャル通販(携帯版)でのみ販売中。


Kaya「Queen」
QUEENQUEEN
Kaya

バウンディ 2011-04-20
売り上げランキング : 143361

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

VELVET EDENの方で触れたKalmさんが、現在楽曲を提供しているKayaのメジャー1stアルバム。メジャーデビュー自体が2008年なので、思いの外時間がかかっていたような(と言っても、間にインディーズ期のベストやシャンソンをカバーしたミニアルバムは出ていたのですが)。
トランスを軸にした耽美なポップサウンドは踏襲しつつ、本作では元Rentrer en Soiの匠と元メトロノームのリウが新たに1曲ずつ提供しており、少しずつ幅を広げてきているようにも思えます。そして何よりKayaのボーカル表現もより多彩になった印象。Schwarz Stein時代から艶のある低音ボーカルを聴かせてくれましたが、可愛らしかったり、逆に儚げな歌い方も披露してきていますよ。久々にこの人のCDを手に取りましたが、かなり満足でした。

因みにそのSchwarz Steinですが、7月31日に高田馬場AREAで一日復活ライブを行う事が発表されました。ユニットを組んでいたHoraも、Kayaへのメイン楽曲提供陣の一人なので、ある意味当時より注目度は高いかもしれませんね。また、それに合わせて新作リリースも発表されました。現在Horaのサイトで予約を受け付けていますが、枚数限定という事なので気になる人はお早めに。
そう言えば去年の今頃は、Hora氏が体調不良を理由に音楽活動の休止を宣言していたのでした…。こんなイベントが出来るくらいに回復されて良かったっす、いや本当に。


V.A.「NEW AGE PROTO-CULTURE 〜第一楽章〜」
napc1

かつてのインディーズV系バンドを全力で体現しているGravelさんが中心となってリリースした、5組参加のオムニバスアルバム。このアルバムタイトル! そして「砂利を握れ」という煽り文句!! ピンと来た人は是非。
個人的には、礎-stela-によるGravelのカバーと、コラボバンド? のヴュートセレストcrossfade世の漆黒の曲がなかなか好みでした。こちらも残り枚数少ないそうなので、気になる方はお早めに。
Gravelオフィシャルサイト
参考:Gravel「So white love story -2ND SEASON-」




functioncode「TERROR」
TERRORTERROR
functioncode

エクセレックス 2011-05-11
売り上げランキング : 7886

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前作「HeroinE」から3年振り、名義をfunction code();から変えてからは初となる2ndアルバム。
震災の影響で発売が延期されたCDは数多くありましたが、こちらも予定から2週間程遅れてリリースされました。……が、そもそも最初の情報では2010年中に出る筈だったこのアルバム、優朗周辺のリリースペースには仏のような心で臨んでいる自分には誤差と言える遅れでした…w(でも出来ればペースは安定させて欲しいのですぜ、主人) 全8曲と少なめですが、映画挿入歌タイアップが1曲にPVが作られたのが2曲と、割と優遇されているような。
メンバーチェンジも経て、面子がSPEED-iDとほぼ一緒になっていますが、前作のポップに振り切ったゴシックロックとは真逆の、ある意味iD以上にシンプルなロックサウンドになった感触で、良くも悪くも骨太になったなぁと。歌詞によっては中二的攻撃性を前面に出した曲もあり、何だか某PIERROTがメジャーでストーリー性を持った3部作を出した後に、あの「ネオグロテスク」を出した時のような展開に似ているような気もします(苦笑) これはこれでカッコ良いと思いますが、さてここからどうなるか…。


Versailles「Holy Grail」
Holy Grail (DVD付き初回盤)Holy Grail (DVD付き初回盤)
Versailles

ワーナーミュージック・ジャパン 2011-06-15
売り上げランキング : 1387

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

メジャー2枚目、通算3枚目のフルアルバム。
ついこの間の発売なので、まだあまり聴き込めていないのですが、相変わらずのシンフォニックメタルサウンドに徹底した耽美な世界観は流石と言うしかありません。全体的に疾走曲の割合が増えた、というか前作「JUBILEE」で広げた曲調の幅を再び絞ってきた印象もあるので、そこをどう思うか…という所はあるかもしれません。逆に言えば粒ぞろいのベスト盤的な感もあるので、シングルで知った人には入りやすく期待を裏切らないアルバムでしょうか。――なんて自分のように思っていると、本編ラストの特盛16分「Faith & Decision」に度肝を抜かれるぞ!w
後、KAMIJOの歌い方がいい塩梅になってきたというか、LAREINE時代の色もくどくない程度に出しつつ、低音にも無理がなくなってきたので、そちらの意味でもオススメ出来るかな?
楽曲投票では、こちらからも1曲出そうと思っていますよ。

***

取り敢えず新譜サイドはここまで。まだ桜牙やRhapsody of FIREの新譜、ついこの間出たばかりのALI PROJECTのストリングスアルバム(ベストも出てましたね)等がまだ聴けていないので、そちらも好みに入ることを祈りつつ。
オマケ的なものはこちら


……ネタ集プンプンの、ジブリのメタルアレンジアルバム、未だに迷ってます……w