ze零ro「Material」(2004)

01.M's Venus
02.one's fate
03.True Dream

作詞 01:勇飛/02:yura/03:朱李
作曲 01:勇飛/02:yura、勇飛/03:朱李
全曲編曲:ze零ro

発売日:2004/07/21
品番:S.D.R-061


***

結果的に最後のリリースとなった、ze零roの3rdシングル。この後ギタリストのyuraが脱退、4人で活動を続けましたが2005年2月に解散となりました。このシングルではソフヴィ方面のアプローチに進んでいるような印象を受けたのですが、当時の受け取り方はどうだったんでしょう。

以下各曲について。


01.M's Venus
切ないピアノのフレーズが印象的なミディアムバラード。ハイトーンボーカルも映えていますが、メロディーには歌謡曲の匂いが強くすると言うか、透明感のある音作りなのに湿っぽい雰囲気が感じられるのが面白い。シングルのリリースは7月でしたが、気分的には丁度これを書いている秋真っ盛りに合いそうな楽曲という気がします。

02.one's fate
クリーンに刻まれるギターと薄くかかったシンセをバックに歌い上げる、ザ・ソフビ! といった感のあるポップチューン。2004年という時期を考えると、既にこういう曲をやるバンドは少なくなってきたと思うのですが、この少し切なさを含みつつ流れる様なメロディーは、この手のバンドを求める人にはたまらないのではないでしょうか。

03.True Dream
こちらも2曲目の流れを組む、シンセとギターで引っ張る曲なのですが、その明るい曲調に初聴時はちょっと面食らった覚えさえある、スコンと突き抜けたような爽やかなメロディーが気持ち良い疾走チューン。歌詞の方もえらくポジティブと言うか青春してるというか……青春ソフビ?w 1stシングルにもこちら方面の曲はありましたが、本作は1曲1曲の色がある程度まとまってきたのか、あちら程唐突感は感じませんでした。個人的に、健康的な雰囲気がちょっと眩しすぎる所もありますが、それを上回るメロディの力を感じられる曲になっているのではないかと。
こうして聴くと1→2→3とどんどん明るくなっているんですね。

***

当時のレビューサイトでは、この青春要素を汲んだ流れにあまり良い評価が無かった覚えがありますが、音源を小出しにしていると、その都度雰囲気がガラっと変わっているように見られる可能性が……という部分が出てしまったのかなぁと何となく思ったりします(まんま自分へのブーメランですけれど)。
ラスト作ながら、3曲の中でバリエーションを持たせつつ方向性はまとまっている印象なので、ヴィジュアル系で普遍的な歌モノをガッツリ聴いてみたい、という人には今でもアピール出来るシングルになっているのではないでしょうか。

material


ピュアサウンド
駿河屋