Gravel「朦朧の虜」(2011)

01.「"」
02.M帰還
03.in sult-Vipper
04.Suffer scare syndrome
05.神が堕ちたアノ日

作詞 01、02:流/03、05:瑠那
作曲 01:流/02〜05:瑠那

発売日:2011/10/30
品番:GRV-006


***

懐古主義的同人V系バンド「Gravel」の2ndミニアルバム(CD-R仕様)。メンバーが流、瑠那の二人になってから初めての単独音源になりますが、今回のテーマは「ジャリ名古屋系」らしく、2000年前後に於けるそちら方面のバンドへのオマージュが多いみたいですよ。てかジャケットは思いっきりPhobiaの「妄想の虜」を意識、アルバムタイトルは「妄想ノ〜」+kein「朦朧の実」でしょうし、曲タイトルもフォービア・Lamiel辺りから持ってきているっぽいですし……あぁ、ドーナツレコード……。
今作は鋭いギターとリズムが前に出た、ダーク・ハード寄りの音作りになっている印象で、そちらも今作のテーマに沿っているのかなとも思うのですが、私自身はあまりそちら方面に詳しくないので(keinとかプレミア値だしなぁ;)、取り敢えず普通に感想を書いていきますよ。

以下各曲について。


01.「"」
鐘の音や嵐、不気味なメロディーのピアノ等をバックに語るダークな雰囲気のSE。何となく、某マディスのデモテープのオープニングもこんなだったかなぁ……と思ったり。でもタイトルの元ネタは「妄想〜」収録の「’」だと思われます(あっちはボーカル曲ですが)。
後、最後の台詞は……シクマ○タトキ?w

02.M帰還
こちらもタイトル元ネタは「妄想〜」収録の「S帰還」からでしょうか……って冒頭数秒のドラムが全く一緒だこれー!?
いざ曲が始まると展開は全く異なり、どこかウネウネとした音色のギターと、呻くようなボーカルが絡む攻撃的な曲調になりますが、そちらもPhobia…というか当時のドーレコの主流を意識しているのでしょうか。サビではダークながらメロディアスな展開になりますが、そこでもバックを呻きシャウトが占めている為か、やはり全体的には攻撃的な雰囲気が。Aメロ後半に一瞬メリゴのG.○.Dっぽさを感じたり、後半は疾走しスーサイダイ! したりと、3分半の尺ながら結構展開が多い印象があります。

03.in sult-Vipper
タイトルはLamielの「in sult-Viper」から持ってきているのでしょうが、pが一つ増えるだけでここまで字面の空気が変わるとは…w
こちらもウネウネテロテロしたギターが印象的ですが、曲調はアッパーでポップになっています。サビメロもどこかで聴いた事がある気がするけどパクリではない、という良い塩梅な王道具合が素敵で、その後テンポを落としクラシカルなメロを展開する大サビもツボ。ただ、メロディアスな曲にしてはボーカルが奥に引っ込んでいるのがちょっと残念でしょうか(本作全体に言えることなんですが)。当時のデモテープを聴いている様な気分にもなるので、音のバランスは敢えての狙いなのかもしれませんが。

04.Suffer scare syndrome
今回も来ましたツタツタ発狂曲。エフェクトかけたギャウギャウシャウト! 無闇に猟奇的な歌詞!! そしてマディス辺りを彷彿とさせる、ちょっとモゴモゴした歌い方と、その徹底ぶりにニヤニヤが止まりません。ダウナーな語りパートにて煽りが繰り返され、シャウトの冒頭でバンギャルさん達が逆ダイする光景が目に浮かぶ……w そしてこのまま突き抜けて終了かと思いきや、ラストのドラムソロが某Dirのとりk――おや誰か来たようだ
尚、タイトル元ネタはkein「Keen scare syndrome」でしょうか。

05.神が堕ちたアノ日
ラストは開けた感のある、ツインギターで引っ張る疾走メロディアスチューン。タイトルはLamiel「空が堕ちるアノ日」が元ネタかと思われます(例によってそちらは聴けていないですが…)。
本作と前後して、作曲者の瑠那さんが参加している「世の漆黒」や「さくらソルフェヰジュ」の音源も聴いてみたのですが、この曲は女性ボーカルを乗せてアレンジしても普通に通用しそうな、切なくキャッチーなメロディーが前面に出た(3曲目で述べた通りボーカルは引っ込んでますが)90年代臭溢れる1曲という印象を持ちました。

***

個人的に特に明るくない方面ながら(つい最近になってdeadmanのアルバム聴いたりする程度のアレ)、ジャリバンとしての徹底ぶりと併せて(最早普通に格好良いとも思いつつある)、オマージュ先を探る面白さも幾つか感じられましたので、そちら方面のバンドを熱心に聴いていた/いる人は更に楽しめるのではないでしょうか(下にリンクを貼った、特設ページのフライヤー画像もなかなか……w)。
取りあえず私は、「妄想ノ虜」を改めて聞き直してみる事にします。


mourounotoriko


特設ページ
ルーシーズポケット

YouTube(公式)