COLOR「ASK THE ANGELS」(1989)

01.BACK TONIGHT 5TH MOON
02.SOLDIER SINGS
03.シャミーズ キャット
04.1/2 NO エピソード
05.BIG WAVE
06.悲しきVIRGIN HEART
07.B-Company
08.URBAN SCANDAL
09.霞むLIGHTに照らされて
10.CLENCH ONE'S FIST (Trendy Version)

作詞 01〜07、09、10:D.TOMMY/08:MARRY
作曲 01、03〜07、10:TATSUYA/02:TOSHI/08:MARRY/09:CINDY

発売日:1989/12/05
品番:CRCR-6001

Members
Vocal:DYNAMYTE TOMMY
Guitar:CINDY
Guitar:TATSUYA
Bass:MARRY
Drum:TOSHI


***

前作「FOOLS! GET LUCKY!!」の9ヶ月後に日本クラウンからリリースされたCOLORの2ndフルアルバム。91年にライブアルバムのリリースはあったものの、結果的にメジャーから出た唯一のオリジナルアルバムとなっています。

前作は英詩メインだったのが、今作では日本語詩曲が半分を超えていたり、多くの曲でキーボードが導入されていたりという変化はありますが、基本的には前作にあったポップなパンキッシュ路線を踏襲している印象。特にメインで作曲をしているTATSUYAのポップセンスが特に発揮されているんじゃないかなと。反面そのキーボードが却って時代を感じさせる要因になっているようにも思えますが、20年以上経った今では逆に味に感じなくもない、かも。特に明るく振り切った「シャミーズ・キャット」なんかは、一周回ってそのダサさが癖になってくる気がしなくもない……。
個人的にCOLORに初めて触れたのが、「Free-Will ANNIVERSARY 1993」に入っているクラブサウンド全開の楽曲だったこともあり(ビックリしたよあれには……)、前作・本作における楽曲面での断絶は特に感じませんでした。

そのポップにシフトしたしわ寄せが、吐き捨て型ボーカリストTOMMYに行ってしまった部分もあり、若干歌いづらそうな所も見受けられますが、その辺は前作で織り込み済みだったので何とか、といった所でしょうか。ベーシストMARRYがボーカルを摂る「URBAN SCANDAL」やメンバー全員がボーカル参加した「BIG WAVE」等を聴く限り、歌に関してはぶっちゃけ全員同レベルなので、まぁ……(でもその2曲好きだったり)
ラストの「CLENCH ONE'S FIST (Trendy Version)」はバックの音が全て打ち込みになっていますが、こちらはシンセの派手なフレーズが目立っており、後のクラブ路線の片鱗なのかは良く分かりません(前述のライブアルバムにはバンドサウンドでのバージョンが収録)。

これ一作のみでインディーズに戻ったこともあり、リアルタイムで聴いていたファンには(もしかしたらバンドの中の人達にさえ)若干黒歴史気味な作品なのかもしれませんが、80年代の色を残すポップパンクとして結構面白く聴けると思うのですがどうでしょう。少なくとも個人的には、荒々しさとある種の可愛さが感じられ嫌いになれないアルバムだったりします。

Amazon
ASK THE ANGELSASK THE ANGELS
COLOR

日本クラウン 1989-12-05
売り上げランキング : 204099

Amazonで詳しく見る
by G-Tools