世の漆黒「デカダンス・ヴァニラ」(2013)

01. 最愛の四月
02. 不夜城
03. 音無の森-デカダンス・ヴァニラ-
04. 不夜城-オリジナルカラオケ-

作詞 02:胡桃坂庵
作曲 01〜03:胡桃坂庵
全曲編曲:世の漆黒

発売日:2013/01/17
品番:T12I-002

Members
Vocal:亜莉亜
Guitar:胡桃坂庵
Bass:雀弥
illustration:御煮はね


***

世の漆黒の2013年一発目のシングル。2012年冬コミで先行発売されました。
3曲入り表記ですが、実質的にはインスト2曲に挟まれた02がメインという構成。量的な食い足りなさは否めませんが、ワンコインするかしないかという値段設定は妥当でしょうか。
また公式サイトによると、当初参加予定だったボーカリストが負傷したため、今回の人に替わった経緯があるそうです。


01. 最愛の四月
ダークで不穏な雰囲気を持った旋律を奏でるピアノをメインとしたインスト。
中盤からは「不夜城」のサビメロをアレンジした展開となり、次曲に繋がります。

02. 不夜城
ド頭からバリバリ弾きまくるギターがインパクトを残す疾走メロディアスチューン。音の隙間なんぞ作らせないとばかりに走りまくる展開に特化する、この振り切り方が気持ち良い。
対して、ボーカルは比較的低音で湿っぽい声質と言う事もあり、楽曲に暑苦しくなり過ぎず憂いのある色を持たせるのに貢献しているように思えます。
この曲においてはそこまでクラシカルという訳ではありませんが、日本人好みのする歌メロと随所で顔を出すギターソロには、過去作でも感じていたRaphaelのメタリックな部分を引き継いでいる印象を更に強めることになりました。
冬コミで手に入るだけの過去作も集めましたが、その中でもこちらのインパクトは頭抜けているように感じさせられ、今の所彼らの中で一番好みな楽曲かもしれません。

03. 音無の森-デカダンス・ヴァニラ-
ライブ終わり? のようなガヤ音を頭に、ストリングスをメインにした切ないメロディーのインスト。
作品タイトルが入っていることも会ってか、何となくボーカル曲の主旋律を改めてインストにアレンジし直したような印象も受けますが、この後アルバムサイズの音源が出た場合、ボーカル入りで再録されるのかもと勝手に予想してみたり。

***

ボリュームは少ないですが、とにかく「不夜城」にツボをグリグリやられてしまったので、もう満足するしかない(笑)
二次創作作品でもないようですので、値段的な所も合わせて現時点での入門に適したシングルかもしれませんね。
もしこれを先行扱いにしたアルバムが出るとなると。当初歌う予定だった人が参加する事になるのでしょうか。


デカダンス・ヴァニラデカダンス・ヴァニラ
世の漆黒

踊り子レコーズ 2013-01-17
売り上げランキング : 47183

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


特設サイト(試聴あリ)

YouTube(公式)