アヤビエ「エム」(2005)

01.「エム」
02.蛙と首輪

全曲作詞・作曲・編曲:涼平

発売日:2005/02/10
品番:S.D.R-067

Members
Vocal:葵
Guitar:涼平
Guitar:猛飛
Bass:インテツ


***

彩冷えるの店舗販売としては3枚目のシングル。この時期から涼平脱退まで、暫くバンド表記をカタカナで通していた記憶があります。
A4サイズのハードカバー仕様に同サイズのミニ写真集付きと、結構場所をとるパッケージ。値段も2000円と、2曲入りシングルとして見るとちょっとお高かったですね。活動初期からとにかくリリースペースが速いバンドだったこともあり、当時は掻い摘んで音源を聴いていましたが、本作もそのコスパ的な理由もあり、実際に手に取ったのはかなり後になってからだったりします。


01.「エム」
ちょっとこもり気味のギターの音を含めて、あの頃の彩冷えるだと思わせられる、メロディアスな疾走曲。
販売パッケージはちょっと特殊でしたが、楽曲自体はメジャーっぽさすら感じるポップさと、ちょっと切ない涼平節とが全開の非常に分かりやすいものとなっており、当時のアヤビエの色を知るにはもってこいに思えるナンバー。
サビに入ると歌詞を詰め込み気味にして、速さを感じさせる展開にもそれっぽさを感じさせられます。

02.蛙と首輪
ファミコン音源を思わせるピコピコ音と子供の笑い声から始まる、ラウドなアレンジのハードナンバー。近年の葵は柔らか目の声質を全面に出している気がしますが、この時期は寧ろヴォイヴォイ言わされている印象が強かったんですよね。
タイトル曲との対比もあってこちらもクセになってくる所がありますが、こちらもやはりサビに入るとキャッチーに展開します。
因みにこの曲、歌詞の記載が一部のみ――というかそこすら歌唱通りに載っていないので、楽曲のイメージ的な言葉を載せているという事でしょうか。

***

この2曲で、当時のアヤビエ(涼平)のカラーがある程度掴みやすいシングルになっているのではないでしょうか。
冒頭に述べた通り、2曲8分弱に2000円という部分がネックでしたが、現在新品に拘らないのであれば、並のシングル以下の値段で手に取れるんじゃないかと思いますので興味のある方は。


まだSPEED-DISKでオフィシャル通販できるみたいです
ayabie_M


クローゼットチャイルド