hide『EYES LOVE YOU』(1993)

01.EYES LOVE YOU
02.OBLAAT

92.(シークレットトラック)

作詞 01:YUKINOJO MORI/02:hide
全曲作曲・編曲:hide

発売日:1993/08/05
品番:MVDD-7


***

20年前の今日、2枚同時にリリースされたhideのソロデビューシングルの一枚。
Xの方でもスタッフとして参加していた稲田和彦(I.N.A)が、この時点でシンセサイザー・プログラミングとしてクレジットされています。


01.EYES LOVE YOU
hide流のポップスをまずは提示する――という意図があったのかは分かりませんが、森雪之丞提供の歌詞と相まって、ほんのりファンタジックな雰囲気と甘いメロディーが前面に出たポップチューン。初めてhide周りの音に触れた10代の頃は、「DOUBT」辺りの攻撃的な楽曲に耳を奪われていましたが、改めて聴くとそのメロディーが持つ普遍的な良さが感じられます。フラメンコ調になるギターソロには、今改めて聴いてもハッとさせられたり。
今振り返ると、XでのHIDE曲とも、後のヘヴィなデジロックアレンジとキャッチーなメロディーを両立させていくソロでのスタイルともちょっと異なる位置にあるように思えるのが面白いです。

02.OBLAAT
インダストリアルロック調のアレンジと、カオスでユーモラスな言葉選び・歌メロとの対比が印象的なロックナンバー。
人を食ったようなあのミンミンボイスも既に披露されており、今となってはこちらの方がhideサウンドのパブリックイメージに近い気がします。終盤一気に疾走しだすのもカッコ良い。

92.(シークレットトラック)
連続する短い無音トラックを経た後に収録されている、「EYES LOVE YOU」のデモバージョン? とも言うべき隠しトラック。基本的に、弾き語りをバックにサビを繰り返す短いものですが、ボーカル重ねてたりエフェクトがかかっていたりして、何気に一手間かけてある印象。
(※ベスト盤『hide BEST -PSYCHOMMUNITY-』のブックレットによると、このトラックは「EYES LOVE YOU JUNK VERSION」と題されており、ボーカル重ねて聴こえる部分は実際にスタッフを集めて合唱させたようです)

***

もう片方のシングルに続きます。

EYES LOVE YOUEYES LOVE YOU
HIDE

MCAビクター
売り上げランキング : 45320

Amazonで詳しく見る by AZlink


※2007年12cm再発盤
EYES LOVE YOUEYES LOVE YOU
hide,森雪之丞

ユニバーサルJ
売り上げランキング : 433519

Amazonで詳しく見る by AZlink