Kagrra『桜舞い散るあの丘で』(2002)

01. 桜舞い散るあの丘で
02. 桜舞い散るあの丘でkaeri:咲-弐零零弐 ver.
03. 桜舞い散るあの丘で unplugged ver

作詞:一志
作曲:Kagrra

発売日:2002/10/04
品番:PTSA-0025

Members
Vo:一志
Gt:楓弥
Gt:真
Ba:女雅
Dr:白水


***

恋綴魂』と同時にリリースされたKagrraのシングル。こちらは前身バンドであるCROW時代に所属していたKEY PARTYのオムニバスアルバム、『HOLD YOUR KEY 2000』参加曲のリメイクとなっています(オムニバスでのタイトルは「葬春華舞い散るあの丘で」)。

終始展開される切ない歌メロはもとより、サビで疾走パートに入っても持続する儚げな雰囲気、間奏前に拍子が変わるCメロなど、ほぼツボを押されっぱなし。桜をテーマにした楽曲は、このバンドに複数存在しましたが、その中でも、個人的に初期指折りの名曲として存在感を持つ1曲となっています。
オムニバス版との違いとして、冒頭のバラードパート・Aメロの一部・ラストサビ前の語りを含むブレイクがカットされており、シングル版はコンパクトな構成となっていることが挙げられます。オムニバス版の方を先に聴いていたこともあり、どうしてもそちらの印象が強く、シングルバージョンは若干アッサリしているようにも思えるのですが、この辺はおふくろの味的な問題なので。ドラマティックさではオムニバス版が、疾走感ではシングル版がそれぞれの強みと言えるでしょうか。

2、3曲目には、タイトル曲のバージョン違いが収録。どちらもBメロがカットされています。
「〜kaeri:咲-弐零零弐 ver.」は、和楽器風のリズムと浮遊感のあるシンセが前に出たアレンジで、原曲の持つ穏やかな面が強調された印象。途中にライブ会場で収録されたと思しきファンの合唱? が挿入されます。
「〜unplugged ver」は、アコースティックアレンジによるシンプルなバラードバージョン。サビ始まりで、尺は3分無いショートバージョンのような構成となっています。

『恋綴魂』とほぼ同じ〆になりますが、実質1曲で1500円という値段設定が当時ネックだったものの、こちらも現在はインディーズベストにリマスタリングされて収録されているので、バージョン違いに拘りがなければ、そちらの方がお勧めでしょうか。
オリジナルバージョンが入っているオムニバスの方は、現在極端なプレミアは付いていないので、聴き比べてみるのも面白いかもしれません(メジャー流通だったのでブクオフなどでも見つけやすいと思う)。


2005年再発盤(試聴あり)
桜舞い散るあの丘で桜舞い散るあの丘で
Kagrra

PS COMPANY 2005-11-23
売り上げランキング : 528983

Amazonで詳しく見る
by G-Tools