OCQ『oddness caber quark』(2009)

01. news text
02. Black rainbow
03. Milky days
04. 9割の蟻はそんなもの
05. Harman made from fiber

発売日:2009/08/??
品番:FLCO-01

Members
vocal、bass:full
Guitar、voice、key:Hassy


***

full、Hassyによるユニット、OCQが2009年にリリースしたミニアルバム。
fullさんはグニュウツール、NOOKICKY、SHILFEE AND TULIPCOROBOCKLESなどでの活動歴があります。

パッと聴きの印象としては、80年代ニューウェイブをストレートにぶつけてきたのかな? というもの。
耽美でちょっと懐かしいメロディーのシンセを前面に出した打ち込みダンスサウンドに、Fullさんのヌメッとしたボーカルが乗るという、ある世代にとっては王道感溢れてたまらないのかなと思われるもの。「シンセベース ガチガチに冷えてます」という帯の文句通り、無機的ながらウネウネしたリズムも目立っています。
全編英語詞の「Milky days」なんかは、そのまま当時の洋楽を聴いているような気分にも。……などと言いつつ、当時のサウンドにそこまで明るくないのがもどかしいのですが。あくまでフワッとした印象として(個人的に触れた中では、耽美なシンセアレンジ+ヌメヌメボーカルという点でXymoxが浮かんだのですが、どうなんだろう)。
基本的に全曲同じ方向を向いており、金太郎飴状態と言えば言えるのですが、そういう意味で5曲という尺は、最初に聴くのに丁度よかったのかもしれません。
個人的には、高音で歌い上げるサビが印象的な「9割の蟻はそんなもの」が特にツボに入りました。

Fullさんのキャリアの中では、ルーツが分かりやすく反映されている音源になるのでしょうか。打ち込み主体の耽美ポップが好きな方にとっては、好みに入る確率が高そうです。
本作の翌年にフルアルバムをリリースした後は、表立った活動はしていないようなのですが、そちらもFull・Hassy両氏のミックス違いで2バージョン存在するということで、今更ながら気になってしまいます。




オフィシャルサイト

oddness caber quarkoddness caber quark
OCQ

FINCHLIQUEUR RECORDS 2009-08-19
売り上げランキング : 664934

Amazonで詳しく見る
by G-Tools