『THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 018 安部菜々』(2013)

01. メルヘンデビュー!
02. 目指せ!シンデレラNO.1! -安部菜々編-
03. メルヘンデビュー! (オリジナル・カラオケ)
04. ボーナス・トラック

作詞 01:夕野ヨシミ(IOSYS)
作曲・編曲 01:ARM(IOSYS)

発売日:2013/05/22
品番:COCC-16736

歌、トーク:安部菜々(CV:三宅麻理恵)


***

ソーシャルゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ」の、キャラクターCDシリーズ第4弾の内の一枚。
これまでと同じく、音源としてはボーカル曲1つとそのカラオケ+トークトラック+ボイス集、特典としてゲーム内で使用できるデータが記載されたコードが封入という仕様になっています(これを書いている時点で、特典データ使用期間は終了)。

01. メルヘンデビュー!
公式年齢が「永遠の17才」だったり、「○○○○星出身」を名乗ることによって、2000年代の小○優子のような(ボロを出すことを含めてワンセットの)設定の作り込みであったりと、作品内ではエッジの立ったキャラクターに属する安部菜々。
そのためCD発売が決まった際には、可愛い可愛いした王道アイドル路線か、電波全開かのどちらかになるだろう、と思ってはいたのですが、蓋を開けてみれば後者に寄った――どころかアクセルベタ踏みで突っ込んで行った印象。
途切れることのない電子音と、終始キャッチーなメロディーによって好む好まざるに関わらず耳に残るアレンジが特徴的で、一聴して耳が電波汚染を受ける楽曲となっています(褒めてます)。インストバージョンだけでもメロの即効性は十分味わえますよ。
今回楽曲制作を行ったIOSYSは、そちら方面のアレンジでは有名なチームのようで……と思っていたら、2015年楽曲10選で取り上げた塩見周子のキャラソンも手がけていました。あちらは特に電波な印象は受けなかったのですが。
三宅麻理恵演じるキャピキャピした歌唱(セリフパートも要所要所でインパクトを残す)も楽曲に合ったものですが、どこかにギリギリ感があるのはやはりキャラ設定故なのでしょうか。
とにかく情報量が多いため、1曲だけでも聴いた後は疲れるのですがそれが良い。ミミミンミミミンry

02. 目指せ!シンデレラNO.1! -安部菜々編-
キャラクターによる、ラジオ番組仕立てのトークトラック。
冒頭から、年齢設定について言い逃れできないレベルのボロを出しまくるのは最早様式美。
その設定周りの甘さを突っ込まれたりしながらも、デビューを心底喜びながら進行する様が可愛いです。

04. ボーナス・トラック
ゲーム内のセリフを元にした音声集。

***

ボーカル曲に関しては、キャラクター商品として作り込まれたものとなっているのは勿論のこと、電波ソング好きな方なら是非! と言える1曲と言えるでしょう。
ドラマトラックに拘りが無ければ、同時発売のボーカル曲5つをまとめた音源がiTunesで配信されていますので、そちらの方をカバーして良いかもしれません。

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 018 安部菜々THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 018 安部菜々
安部菜々(CV:三宅麻理恵)

日本コロムビア 2013-05-21
売り上げランキング : 1112

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本コロムビア (試聴あり)