Schwarz Stein『GEBET』(2014)

01. lapis lazuli
02. Rise to Heaven -2014-
03. lapis lazuli(Instrumental)
04. Rise to Heaven -2014-(Instrumental)

作詞 01、02:Kaya
全曲作曲:Hora
全曲編曲:Hora、Kei Suzuki

発売日:2014/03/26
品番:KH-04


***

Kaya(ボーカル)、Hora(作曲、プログラミング)によるユニット:Schwarz Steinの活動再開第1弾シングル。現在のところ、両氏のオフィシャルサイトとZEAL LINKで購入が可能です。
2004年の解体後も、2006年のanother cell名義でのリリースや2011年のミニアルバムなど、単発でのリリースはありましたし、Kayaさんのソロへは継続的にHoraさんが楽曲提供を続けていたので、今回もまた実家に戻って……的な感じでしょうか。
新曲と過去曲の再録バージョンが1曲ずつ収録されています。

01. lapis lazuli
琴っぽい感触を受けるシンセのループが耳に残る、耽美なダンスナンバー。
Horaさんのソロからスライドして聴けるアレンジですし、サビメロもバックのギラギラしたシンセの旋律をそのままなぞったものなのですが、中音を張る艶のあるボーカルによるサビメロの即効性が極めて高いあたり、ボーカルが乗ることへの意識が強かったのかもしれません。
何というか、普通にツボを押されるため言う事があまり無い(そんな

02. Rise to Heaven -2014-
2003年の1stアルバム『New vogue children』収録曲の再録バージョン。
基本的な構成・アレンジは一緒で、全体的な音圧や、ボーカルにエフェクトかかるパートの音がくっきりしたかなぁと言った印象なので、再録ですがリマスタリング版のような感じでしょうか。
基本的に、Aメロ→サビというシンプルな構成ながら、ループするバッキバキなピアノを軸にしたトランス調のアレンジと、アニソンばりの高揚感を煽るキャッチーなサビメロで引っ張られるので、改めて聴いても気持良い。
原曲もアルバム内、というかシュバルツシュタインの中でも個人的上位に入る曲です。

***

2曲とも同じ方を向いているか、とは思いますが(2曲目は次作シングルと入れ替えても良かった気がする)、どちらも好みにハマってしまったのだからしょうがない、しょうがないんです。
耽美なエレクトロポップが好きな方は勿論(ボーカルレスバージョンも普通に楽しめると思う)、各々のソロのイメージから入ってもほぼ違和感なく楽しめると思いますが、実質2曲で2000円近い値段設定がハードルを高くしているでしょうか。同年に出た第2、3弾シングルも同じ値段ということもあり、やや燃費が悪い感は否めません。
2015年はユニットとしてのリリースはありませんでしたが、Kayaさんが近年メインで活動していたFemme Fataleが解散した今、こちらの動きはどうなっていくのか気になるところです。

IMG_0003


Hora Official Website
GOODS SHOP KFS
ZEAL LINK