『the darkside of the monochrome』@伏見JAMMIN' 2016/03/27

2016-03-28


藤田幸也、Kozi、gibkiy gibkiy gibkiyのスリーマンツアー『the darkside of the monochrome』の名古屋公演に行ってきました。
今回のツアーは、藤田、Kozi両氏のバックをgibkiy gibkiy gibkiyの楽器隊(aie、kazu 、sakura)が務めるという形になっており、面子は勿論のこと、その編成含めてスペシャル感のあるライブツアーなのではないでしょうか(楽器隊の大幅な機材交換が省略できるからか、思った以上に転換が早かったのが快適)。因みに、藤田・Kozi両氏のステージにはギブキーの楽器隊に加え、キーボーディストとしてYoshiokaがサポートに入っていました(JILSのサポート等に参加されている方だそうです)。

今回の会場となった伏見JAMMIN'は、出来てからまだ3年程のライブハウスということからか、結構綺麗な印象のハコでしたよ。

以下出演順に。

藤田幸也エレクトリック!
面子的にどの順番で来てもおかしくないのですが、今回は幸也さんがトップバッター。話に聞いてはいましたが、確かに、こう……「恰幅が良い」((c)SPEED-iDの中の人)。でも想像したほどでは……(笑
JILS、Kαin等他のプロジェクト含め、今回が完全に初見だったのですが、早い段階からOi声や手拍子が発生したのに驚かされる(ノリの良い曲でも聞き入るタイプのステージなのかと勝手に思っていた)。本人もしばしば楽しそうな顔で煽っていました。そしてsakuraさんのドラムがビシビシ響く。
個人的に、切なさと高揚感が同居した「哀傷」が幸也さん周りで印象深く、今回聴けたら良いな……とうっすら思っていたのですが、2曲目で早くも披露されたのが嬉しい。

これまた話に聴いていたMCですが、確かに長いけどこちらも想像したほどでは……というのは、先日の松元治郎ライブのそれがかなり長かったせいで感覚が麻痺しているからかもしれません。
ユーモラスな語り口で、今回のフライヤー記載のインタビューにも記載されていた過去活動の回顧をしつつ(酒と暴力に支配されていた(笑)90年代の大阪シーンに居場所が無くなった際、名古屋のバンドにとても良くして貰ったため、今でも良い思い入れがある・若い頃はいきなり売れてしまった為、ある意味今が一番下積みだと思っている 等)、「Sin」に入る前に、その制作背景も語ってくれたりと(15年程前にある人から電話がかかってきたが、その日に出られず明日かけ直そうと思っていたが、その人に「明日」は無かった(要約 / 明確な一次情報に当たれませんでしたが、恐らく華月(Raphael)のことだったはず))、空気を緩ませすぎず、しんみりさせすぎずといった匙加減が絶妙に思えました。
そのバラード「Sin」をはじめとして、感情を込めまくって歌うため、歌い癖は音源よりややきつくなるのですが、基本的には哀愁メロが立ったビートロックがメインのため、初見にも優しい印象。
熱心なファンが多く、クローズドな雰囲気になるのではと少し構えていた部分もあったのですが、良い意味で予想を裏切られたステージでした。


Kozi
ヒットチャートに興味を持った頃に衝撃を受けた一つがMALICE MIZER。ライブに行くという習慣、どころか発想が無かった時期に知った人が目の前に出て来るのは、何だか不思議な感覚に襲われます。
※厳密には、昨年のVAMQUETのステージがKoziさん初体験だったのですが、あの時はアートマージュの人の方に意識が行っていたため、今回が事実上初見のような意気込みで臨んだのでした(あぁ石を投げないで!)
出で立ちは、赤と黒を基調としたローブ・若しくは袴風味の衣装。隈取りっぽいメイクだったので後者かもしれません。そして胸にはギブキーの缶バッジが。ギブキーの代わりに(?)MCで執拗に宣伝をしていました。

セットリストは全てソロ名義でリリースした音源から。
序盤の「ISM」「GROTTESCA」はパンキッシュで攻撃的な印象だったのですが(原曲もインダストリアル色強いですし)、最初のMC後に披露された「Promenade」から開けたアレンジに再構築された曲が並んできたような。「LIFE GOES ON」がジャズ+タンゴ風のアレンジに、そして、その「Promenade」やラストの「CRIMSON STAR」が、多幸感溢れるダンスロックになったのにはなったのには驚かされました。
個人的に一番聴きたかった「INCOHERENTS」は、原曲の妙なポップさを維持しつつプログレパンク寄りなアレンジになっていたのですが、これはこれで面白く味わえました(会場限定オムニバスでリメイクされたのも嬉しい)。
これ真面目に思うんですが、今回の面子でソロ名義音源をまるっとリメイクなんてどうですかね……。

セットリスト
KINEMA(SE)
ISM
GROTTESCA
Babylo
MC
Promenade
LIFE GOES ON
MEMENTO
MC
INCOHERENTS
HONEY VANITY
CRIMSON STAR



gibkiy gibkiy gibkiy
highfashoionparalyzeから現在の名義になってからは初の鑑賞。

兎にも角にも、頭の「蟻は血が重要である」から怪物感全開のkazumaに圧倒される。日本語詩がメインとなり、言葉が入ってきやすくなったのが却って怖いというか。
リズム隊が加入し躍動感はアップしましたが(sakuraさんが所々でコーラスも入れていました)、kazumaさんを含む即興性を前面に出したパートと、叙情的な旋律の緩急は二人時代よりも更にきつくなり、ヒリヒリした緊張感は寧ろ増した印象すら受けます。聴覚だけでない部分もズタズタに刻まれるような「箍を外す場合、穴に群れる具合」から、相対的にメロディーの立った「形の無い 何よりも 愛したのは お前だけが」への流れが、特に象徴的だったような。

2年程間を置いての鑑賞だったこともあったのかもしれませんが、今と編成は異なれど、最初にhighfashoionparalyzeを見た際の、とにかく物凄い何かを見た(見てしまった)感覚を思い起こされるステージでした。

セットリスト
SE
蟻は血が重要である
劇中劇
嫋嫋たる対象
箍を外す場合、穴に群れる具合
形の無い 何よりも 愛したのは お前だけが
spoiled me
脳内に


***

折角名古屋来たのだし、公演鑑賞だけでなく観光や食事にも時間取りたかったのですが、移動時間の問題でほぼピストン往復になってしまったのが心残り。次はもっと余裕持てれば。

演奏陣はほぼ一緒のイベントでしたが、本当に三者三様なサウンド。その中でも、芯を通したように揺るがないsakuraさんのドラムが印象的でした。
繰り返しになりますが、Koziさんは今回の面子で再録ベストを是非ry

2016-03-28_1