love solfege『蓋然性進化論供(2013)

01. 蓋然性進化論
02. Concordia
03. 聖餐唱曲およびレチタティーヴォ
04. Universe
05. 白雪 〜Evil Snow〜(dans versie)
06. The orbit of the orbis
07. Mrs.Gorge
08. ever song
09. 蓋然性進化論供 off vocal〜
10. Concordia 〜off vocal〜

作詞 01、02:紺野比奈子 / 03:Simona Stanzani Pini / 04:山下慎一狼、Jenya / 05:葉月ゆら /07:ナイスクリーニング吉沢 / 08:真理絵、紺野比奈子
作曲・編曲 01〜04、06〜08:オーギュスト棒 / 05:love solfege
Sub assistant Arr.er:namanie banzaburo

発売日:2013/08/12
品番:KDR-078

Staff

Music:auguste beau
Arrangement:auguste beau
Sub assistant Arr.er:namanie banzaburo
Vocal: ayano eiri, ayu, katakiri rekka, Jenya, hatsuki yura, marie
Chorus(順不同・敬称略):
綿雪、阿木、サクモ、あばさ〜、桃園千夜里、apollonia、ジーザス勲、合川しの、りりかる、
Alias、鈴葉ユミ、真名辺あや、萩原、kayopon、ぱるふぇ、yurine、mino、legendary、かなこ、
natsu、彩目、どくろ、夢硯、はねやま、above_hiroiumi、うさぴ、いゆ、つわぶき すずり、koo、
しらゆき、みっつん、高月早岐、音之上王子、マヒロ、チェシャ@はっしー、西川美帆、
s.yamagishi、オーギュスト棒、ヒイラギトモ、elijah、綾辻ゆき、ばった、しき、佐藤正和、chibi、
朴正民、りんた、R.Johnson.CP、tama、マルキ・ド・マル子、ピザ王子、富士田渚、リン(rin697)、
亨、柚雨、原尚子、千葉ぴよ、美猫、みなみ、こるり、切り絵、荒ぶる神々・馬場、lequinharay、
72、琳、桃燐、青山悠李、yuuko、八月朔日、かえい
Guitar:kato hiroaki
Wave edit:B.F.kennedy, mizuno yuu
Recording engineer:auguste beau
Mix & mastered by:Blueberry & Yogurt(ヨ), saka tomotaka
Art Direction & Drawing:hamano masago
Graphic Design:cyber yui
Special thanks:S.A.T., nishizawa hagumi

(引用:アルバム特設サイト)



※備考
Vocal:綾野えいり(01、03、08)、真理絵(02、08)、Jenya(04、08)、葉月ゆら(05)、鮎(07)、片霧烈火(08)
ピアノ(07):オーギュスト棒


***

クラシカルアートポップスを称するlove solfegeによる、2013年にリリースされたアルバム。前年の『蓋然性進化論』の続編という位置づけになっており、特設サイトにはアルバムのテーマについても解説がありますが、曲を聞く分には、片方だけでは楽しめないという風にはなっていないので心配はない……はず。

01. 蓋然性進化論
前作に収録されていた、ピアノソロ曲「蓋然性進化論」の、ボーカル入り拡張バージョンと言えそうなポップナンバー。
オリジナルもアップテンポで展開が多い印象ですが、こちらのボーカル・ギター・ピアノ・ストリングス(シンセ)による、優雅で軽快なメロディーが交互に切れ目なく押し寄せてくる展開に、終始やられてしまいました。
前作のオープニング「Penitenza 」が、良い意味で緊張感のある楽曲だったのに比べ、こちらは「開けた」印象が強いのも面白い。

02. Concordia
チェンバロとピアノが前に出た、love solfegeの王道といった感のあるクラシカルダンスナンバー。
そのリズムで聴きやすさを維持しつつ、凛とした雰囲気のサビへ進行していく展開にツボをグイグイされてしまいます。
今作は頭2曲のカラオケバージョンが収録されていますが、前曲同様、ボーカル以外のパートも主旋律で大きく主張しているのも楽しみどころでしょうか。

03. 聖餐唱曲およびレチタティーヴォ
総勢70人のコーラス隊を迎えた荘厳な合唱パートに挟まれ、綾野えいりによるオペラティックなソロが挿入される構成の楽曲。初聴時は、1・2曲目とアッパー寄りの楽曲だったので、ここで一度落ち着かせる構成なのかと思っていたので、余計に驚かされた記憶があります。クールダウンどころか、ソロパートにおける華やかな歌メロと、テンポの早いストリングスによって、個人的には本作一の高揚感を得る曲となりました。
(不勉強故、これ書くにあたってレチタティーヴォの意味を調べた所(※参考)、タイトル=曲構成の説明、になっていたのを今更知ったり)

04. Universe
穏やかで少し気怠げな印象のA・Bメロと、一気に盛り上がるサビとの緩急が強烈なデジポップナンバー。本作の流れとしては、位置的にも曲調的にも、ここから後半といった感じでしょうか。
ボーカルを務めるのはJenyaですが、この人がlove solfegeで歌う際は、デジタル・サイバー色が強めの傾向の曲をあてられることが多い気がします。

05. 白雪 〜Evil Snow〜(dans versie)
他曲に比べダークな色合いが強い、耽美なシンフォニックナンバー。と言ってもダウナーだったりメロディーの抑揚が少ないということではなく、あくまで歌を立てる前提でのアレンジ面という印象ですが(寧ろメロディーは歌・演奏含めキャッチーさが強め)。
元々は、本曲でボーカルを務める葉月ゆらが、2011年に出したミニアルバム『Gothika2』に提供した楽曲がオリジナル。ブックレットに特に記載はありませんが、本作の特設サイトでは「〜(dans versie)」がタイトルに加えられています。音源も葉月さんのソロ版と若干異なり、本作の方ではギターとリズムがより前に出たアレンジになっています(新録なのか、同一音源のミックス・マスタリング違いかは未確認)。

06. The orbit of the orbis
休みなく流れる、少し物悲しさも感じる旋律が心地良いピアノソロ曲。
次曲も短いトラックなので、どちらかの曲をもう少し前に配置しても良かった気はしますが(「Universe」の前とか)、その辺は敢えての狙いか、テーマに沿ったらこうなった的な流れなのか。

07. Mrs.Gorge
ピアノとスキャットがメインの、100秒弱のジャジーな楽曲。
歌詞も、最後に曲タイトルをサラッと言うだけというものですが、それ故アクセントの利いた小曲となっている印象です。

08. ever song
4人のボーカリストが参加したミドルポップナンバー。
ピアノをバックにしたバラードパートから、サビでハモリを聴かせる盛り上がりと、変な言い方ですがラストに入れやすい楽曲といった印象。個人的に、ラスト曲としては前作の「Scaramouche C'est La Vie」に譲りますが、あくまで好みと聴くタイミングの問題なので。
ハモリだけではなく、各ボーカリストが同パートで別々の旋律を歌う場面も多く、それぞれの聴き分けに注目した聴き方も面白いかもしれません。

***

前作と構成は異なりつつ、程よく曲調がばらけており、ポップスとしての取っ付きやすさも引き続き維持された感のある作品。
また、「聖餐唱曲およびレチタティーヴォ」に関しては、これを書いている時点(2017年)でリリースされた、メジャーで提供したゲーム主題歌中心のベスト盤『Sanctus』に、ノンタイアップながら収録されていたので、結果的にそちら方面から知った人にも入りやすくなったかもしれません。

参考URL:オペラの用語辞典 (新国立劇場)

特設サイト
love solfege

公式通販