一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

2008年05月

探偵儀式 VOL.5 (5) (角川コミックス・エース 109-5)探偵儀式 VOL.5 (5) (角川コミックス・エース 109-5)
清涼院 流水 大塚 英志 箸井 地図

角川書店 2008-03-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


3年位前中古屋でタイトル買いした「探偵儀式」。
タイトルから推理漫画かと思っていたらとんでもないストーリーで…新刊を地味に楽しみにしていたのですが、いつの間にか出ていたので購入。
もっと出るの後になると思ってたので意外でした。
前巻に比べてちょっと分厚いですし。
話は…佳境に入ってきたような、そうでもないような…相変わらず「変」です。
探偵○って何だよー探偵○○○ッ○て何なんだよーとは思いますが伏字にしたところで何の意味もなさそうな気もします。
確信犯的なキャラクターや設定のインフレっぷりも凄い物がある気が…。
元々人間離れしていた気がする伽藍堂天晴はあんなことになりましたがこれからどうなるのか、龍宮城之介もどうなるのか、ストーリーはこれからどうやってまとめていくのか、若しくはまとめる気が無いのかw
また地味に待つ事にします、同じく大塚英志が脚本の黒鷺死体宅配便でも読みながら。

この漫画から原作者の清涼院流水の本もちょこちょこ読んでいますが、こちらもかなり、かなり変ですよ。

ウクレレ栗コーダーウクレレ栗コーダー
栗コーダーカルテット

ジェネオン エンタテインメント 2006-07-05
売り上げランキング : 5164

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



01:アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第一楽章/モーツァルト
02:冷たくしないで/エルヴィス・プレスリー
03:夢の人 (I've Just Seen A Face)/ザ・ビートルズ
04:ウルトラセブンの歌/『ウルトラセブン』より
05:Power To The People/ジョン・レノン
06:The Luck Of The Irish/ジョン・レノン
07:ハイウェイ・スター/ディープ・パープル
08:ボヘミアン・ラプソティ/クイーン
09:ガンダーラ/ゴダイゴ
10:帝国のマーチ (ダース・ベイダーのテーマ)/『スター・ウォーズ』より
11:サイモンの夢/ペンギン・カフェ・オーケストラ
12:となりのトトロ/『となりのトトロ』より
13:もののけ姫/『もののけ姫』より

CDエクストラ:「ハイウェイ・スター」PV



レンタルしたCDの中から、2006年にリリースされた栗コーダーカルテットのアルバムを紹介します。
クラシック、洋楽、邦楽、映画のBGM等の有名曲をウクレレとリコーダーを中心にアレンジした内容となっています。
栗コーダーは「栗コーダーポップスオーケストラ」名義の「あずまんが大王」のサントラや「よつばと!」のアルバム等を聴いた事はあるのですが、アレンジアルバムを聴くのはこれが初めてです。
以下ピックアップ。


続きを読む

たまには本の紹介なんて。
題名長めですがこれが本のタイトルですよ。
表紙を見て、擬猫(?)化日常漫画かと思い手に取ったのですが、中身は「死んでいる店(アレな雰囲気を醸している飲食店)」と思われるに行きその店の様子と料理をレポート&店の生死判定を行うという漫画付エッセイでした。
文が菅野彰、マンガを立花実枝子が担当。
これ凄いです、この良いキャラをしたお二人(プラス数名)、思った以上に体張ってます。
食べた後に体調崩している確率が非常に高い気がするのですが…w
凄まじいお店が世の中には存在しているのですね。
初回の中華料理屋からいきなり犯罪レベルですよ。
でもそんな読んでる内にそんな店の数々にちょっと行きたくなっている自分はダメ人間だと思います。
ラスボスのレストランと○こは非常に興味をそそられました。(料理だけでなく店の構造がまた…)
検索したら意外とすぐに見つかりましたが…。
奇食、反グルメな書物をお探しの方はどうぞ。
2冊目期待してます。

尚、料理が美味しかったお店に関しては店名明記の上、巻末に連絡先があります。(ハンサム食堂は普通に行ってみたいと思いました)

関係無いですが「孤独のグルメ」も今度ちゃんと読んでみたいなぁ。


あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します (UNPOCO ESSAY SPECIAL!)あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します (UNPOCO ESSAY SPECIAL!)
菅野 彰 立花 実枝子

新書館 2006-12
売り上げランキング : 55909

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

MARQUEEさんのリベンジは完了しました。
今度冬に此処で演ることになった時はまたラバースーツでやるそうですw
MCでの情報ですが、iNDEEPがアメリカでもリリース&向こうでのライブがあるそうですよ。

O.AのJAPANESE BABIESは結構好みでした。
ASYLUMのボーカルの咆哮というか慟哭ぶりは凄かったですよ。


***


(10/15 経ちすぎな位に大分経ってしまいしたが;覚えている範囲で追記)

セットリスト↓順序はあやふや

DEPTH
DON'T FEAR YOURSELF
ARMY OF THE CHURCH UNDER THE MOON
EVIL MOON RISING
BLACKOUT RIPPER
JUSTICE WITHOUT BLOOD-LUST
KICKS YOUR FREAKIN' ICON
ANGELS IN THE DIRTY SNOW
ROUND MIDNIGHT
MADHOUSE FREAKS
MOONSHINE



ライブメンバーは前回ワンマンと同じく
優朗、MARQUEE、HALに加え、サポートギターYU-KI(★HERO★)、サポートベースmidori(aozoa/フジヤマ)、サポートコーラスLIKA(function code();)でした。


まずステージの幕が開かないままに「DEPTH」のイントロが始まり、ボーカルが入ったところで幕が落ちライブはスタート。
ステージの大きさに対して6人のメンバーは結構多く、ビジュアルも相まってちょっとした暗黒劇場のようでした。
特にコーラスのLIKAは、ライブの初めの頃顔の殆どが髪で隠れていた上、ステージ上を変な動きでヒョコヒョコ移動するのでちょっと怖かったです。
また、優朗ブログでの事前の公開セットリストではPhantom of Romanceが入っていたのですが、実際にはANGELS IN THE DIRTY SNOWに変更されていました。
過去の曲の中で、今回一番聴けることが楽しみにしていた曲がピンポイントで変わってしまい「ちょww」と思いましたが…まぁそういう事もあるということで。
2マンという事で演奏時間は4月のワンマンより短かった筈のに今回の方が終わった後疲れていたのは何故だろう。

そう言えば、1回目のMCで優朗がバンド名を名乗る時――

「We're オートモッd(ry!」
ちょww(この日、というかこの後夜中からAUTO-MODは新宿MARZでTokyo Dark Castleに出演)


SPEED-iDの終演後、暫くしてからASYLUMのライブが開始。
初見で曲も知らなかったのですが、とにかくGazelleの声に凄まじいパワーを感じました。
全体にハードな曲が多かったのですが、キーボードを前面に出したり、チェロを用いたりと面白い編成をとっていました。
そのチェロとベースを弾いていた人、どこかで写真を見たような気がしていたのですが、元ヴェクサシオンのSharminでした。

2バンド共ガッツリと見る事ができました。

2947ba47.jpg今日は暑くなりましたね。

味の素スタジアムが盛り上がっているであろう中、私はASYLUM×SPEED-iDツーマンを観に新宿URGAに来ています。
MARQUEEさんのリベンジは成功するのでしょうか……w

Kaya以外に最近買ったCDとか。


BUCK-TICK「RANDEDZVOUS〜ランデヴー〜」(2007)
Cocco「音速パンチ」(2006)
V.A「Punishment Party VOL.2」(2001)
猫騙「PROTOTYPE CD1」(2007)「PROTOTYPE CD2」(2007)
Rhapsody OF FIRE「TRIUNPH OR AGONY」(2006)

***

元WANDS〜al.ni.coの上杉昇がボーカルを務める猫騙、ライブ会場でCD売ってるのは知っていたのですが、通販でも取り扱っているのをつい最近知ったので購入。
久し振りに上杉昇の声を聴く事ができました。
でも歌詞カードは付けて欲しかったかな…。
楽曲の路線的にはソロの延長上かな?
マイスペで試聴が出来ます。
6月に正式音源も出るようですよ。

バンド名にオブファイアがくっ付いてから初めてのラプソディーのアルバム、メタル系レビューサイトではあまり良い評価をされていない気がしますが、個人的にはかなり好みでした。
確かにメタル分とか所謂バンドサウンドを求める人にはちょっと辛いのかもしれませんが自分はそこまでメタルに拘っているわけでもないので…これ位重厚なシンフォニックっぷりは寧ろ歓迎します。
ただ自分は1stアルバムから追いかけている人の3分の1位の期間で順々にオリジナルアルバムを一通り聴いてしまったので、思い入れの差というのもあるのでしょうけれど。(これ聴く直前に1st聴き直したら確かにバンドの音が前に出ていると感じました)
16分5部編成の10曲目とか対訳読みながらどっぷり聴いていましたよw
重厚なオーケストラとバンドサウンドが混ざった音が聴きたい人お勧めです。(iTunes Storeで試聴可)

hideの逝去から今日で10年経ちました。
自分はhideに関してはほぼ後追い状態で…タイミング的に「ROCKET DIVE」で興味を持った矢先に逝去のニュースを知ったので(しかも暫くXのHIDE=hide with Spread Beaverのボーカルという事に気付かなかった記憶が)思い入れ云々と言うのはあまり無いのですが、当時ファンの友人が沢山CDを貸してくれたりしたのもあり、すっかり嵌ったものでした。
自分は今も昔も狭く浅くしか音楽を聴きませんが、その中でも好きになる曲が、どんな音であってもも基本メロディアスだったりポップだったりするものが多いのは彼の曲の傾向による影響があるのかな、と。
zilchとかhideの中では結構重たい音だと思うのですが、すんなり気に入って聴けましたし。
やっぱり惜しい人を亡くしてしまったな、と思うことですよ。
明日明後日とhide memorial summitに参加される方は是非楽しんできて下さいね。

しかし10年という事は…自分がヴィジュにハマってから10年という事でもあって…、……、……うわぁ…。


これ書きながら久々にhideトリビュートを聴いているのですが…布袋寅泰の「ROCKET DIVE」内のオリジナル歌詞に出てくる「さらば赤い髪のエイリアン」、何だからしくて良いですねw

hide TRIBUTE SPIRITShide TRIBUTE SPIRITS
オムニバス BUCK-TICK TRANSTIC NERVE

ポニーキャニオン 1999-05-01
売り上げランキング : 26058

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ショコラショコラ
Kaya Kei Suzuki

ネクストミュージック 2008-04-23
売り上げランキング : 1206

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



01:ショコラ
02:Pourriture noble
03:ショコラ〜Sweet version〜
04:ショコラ〜Kayaless version〜

作詞:1〜3:Kaya
全曲作曲:Hora




***


Kayaのメジャー1枚目のシングル、「ショコラ」の聴きました。
タイトル、カップリング共に作曲は以前ユニットを組んでいたSchwarz SteinのHora。
以前にもKayaソロにHoraが提供した曲はありましたが、シングルタイトル曲に使われるのはこれが初めてですね。

続きを読む

このページのトップヘ