一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

2009年05月

Waive「INDIES」(2001)

01.HONEY
02.バニラ
03.Be Kind
04.Just like me
05.Departure
06.ネガポジ(Negative & Positive)
07.FAKE
08.TRUE×××
09.One
10.ガーリッシュマインド

作詞
01〜03、06、10:杉本善徳
04:田澤孝介&杉本善徳
05、07〜09:田澤孝介

作曲
01〜06、09、10:杉本善徳
07:田澤孝介
08:田澤孝介&杉本善徳

全曲編曲:Waive



***


2005年まで活動していたバンド「Waive」の1stフルアルバム。
所謂ソフヴィ系バンド、という事で良いのでしょうか。ギターの杉本善徳が元Ray、貮方孝司が元MIRAGE、ドラムの松岡太郎(後に脱退)が元DAS:VASSERと、その時期のインディーズヴィジュアルシーンを知っている人にとっては結構な面子が集まっているバンドな気がします。
また、バンド解散後day after tomorrowのメンバーと組んだり、リンドバーグのドラマーと一緒にバンドをやっているメンバーが居たりと、結構V系界隈に限らず名前を聞く人も多いと思うのですが…まぁ詳しい事はWikiって下さいなw

以下各曲について。
続きを読む

-qiche-「silent-stream」(2006)

01.Dramatic pool
02.silent-stream
03.CAROL
04.Electro Megalomania Complex
05.mess
06.NEO CREATION from PM (-moop- mix)

作詞
01〜03、06:JUYA

全曲作曲:JUYA

編曲
01〜03:JUYA
04、05:-qiche- & moop
06:moop



***


元D'AIRのベーシストJUYAのソロユニット「-qiche-(キシュ)」の、をD'AIR時代の楽曲のセルフカバーを含む1stミニアルバム。
基本トランスを下敷きにしたポップサウンドで、女性シンガーを迎えたボーカル曲4曲、インスト2曲という構成になっています。

以下各曲について。

続きを読む

VELVET EDEN「Street of ALICE」(2000)

01.Street of Alice
02.SAD MASK
03.GIRL FRIEND
04.刃物の恋
05.Doomed Love
06.COLD SLEEP
07.MAZE
08.LA FIN

全曲作詞:DADA
全曲作曲:KALM



***


DADAとKALMによるデジタルユニット「VELVET EDEN」の2ndミニアルバム。
デモテープ収録曲の新録5曲と新曲3曲という構成になっています。
ダークで耽美な路線は前作「人形娼館」と一緒ですが、前作で全ての曲にかかっていたボーカルのエフェクトが今回は一部を除いてかかっていないので、若干聴きやすくなったかもしれません。

以下各曲について。

続きを読む

Gackt「Mizerable」(1999)

01.Mizerable
02.Story
03.Leeca
04.Lapis -Prologue-

全曲作詞:Gackt.C

作曲
01、03、04:Gackt.C
02:Gackt.C with Shimada Yohei



***


MALICE MIZERのボーカルとして活動していたGacktが、1999年のバンド脱退後初めてリリースした4曲入りミニアルバム。

以下各曲について。

続きを読む

Kagrra「鵺」(2000)

01.鬼遊の唄
02.魔笛
03.鵺の哭く頃、、、
04.混沌
05.「し、み、め、ゆ、き、さ、あ」

全曲作詞:一志

作曲
01、03〜05:楓弥
02:一志



***


「和」をコンセプトに活動しているバンド、「Kagrra(カグラ)」のインディーズ1stミニアルバム。
インディーズの時はバンド名に「,」が付いていないんですよね。
因みに現在流通している3rdプレスやメジャー再発盤では「白い魔手」が6曲目に追加されていますが、現在私が持っているのは1stプレスの為、曲紹介も5曲目までになりますので御了承下さい。 

以下各曲について。

続きを読む

machine「captain sonic tune」(1999)

01.Sync machine
02.動機
03.Invader
04.∞
05.Ready? Go!!
06.Hero
07.D.D.T
08.Third eye machine
09.サイボーグ
10.Call Peace
11.Symptom
12.ドラキュラ
13.Gross fight
14.20 century
15.Gravity Attack

作詞
02〜04、06、07、09、10、12〜15:HAKUEI

作曲
01〜06、08〜15:Kiyoshi
07:HAKUEI



***


PENICILLINのボーカルHAKUEIとmedia-youthやhide with Spread Beaver等のギタリストとして活動してきたKiyoshiによるユニット、「machine」の1stアルバム。
ジャケットやブックレットのヴィジュアルがゲームのキャラみたいですが、曲の方もそれに負けず全編に亘ってギターを前に出したサイバーなデジロックになっています。
特にシングルタイトル曲でもある「Hero」は歌詞が凄い。
「勇者」だの「必殺技」だのと言った歌詞がここまでダサカッコ良く決まった曲を私は他に知りませんw

こういうのは中途半端にやるとお寒いものになってしまうのでしょうが、HAKUEIの過剰なまでにしゃくりあげるV系歌唱の所為か、そこらへんの恥ずかしさは全力でブッ飛ばしてしまっているのが素晴らしい。
ハイカロリーなデジロックを聴きたいV系ファンにお勧めしたいアルバムです。

captain sonic tunecaptain sonic tune
machine machine HAKUEI

ソニーレコード 1999-04-21
売り上げランキング : 55425

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

J「go crazy」(2002)

01.go crazy
02.Gabriel(Remixed by GOMI for Rhythmedia)
03.Twisted dreams(remixed by ハヤシ from POLYSICS)
04.Perfect World(HOT remix 002 for J/Remixed by TOMOYASU HOTEI)

全曲作詞・作曲:J
編曲 01:J



***


Jの4枚目のシングル。
私が最初に聴いたJの音源です(というかこれを書いている時点では「PYROMANIA」とこれしか聴いてないんですが;)
タイトル曲の「go crazy」ですが、どっしりとしたバンドサウンドが重厚感を出した疾走曲になっており、非常にカッコいいと重います。
カップリングですが、私は3曲ともリミックス音源であることを知らずに買ってしまい、最初に聴くシングルにしては失敗したか…と思ったのですが、3曲ともデジロック調のアレンジがされており、こういうアレンジが好きな自分はかなり楽しんで聴く事が出来ました。
初回版にはCDエクストラとして「alone」のPVも入っており、なかなかお得感のあるシングルでした。

go crazy(限定)go crazy(限定)
J

ユニバーサルJ 2002-03-20
売り上げランキング : 85567

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

X「VANISHING VISION」(1988)

01.DEAR LOSER
02.VANISHING LOVE
03.PHANTOM OF GUILT
04.SADISTIC DESIRE
05.GIVE ME THE PLEASURE
06.I’LL KILL YOU
07.ALIVE
08.KURENAI
09.UN-FINISHED...

作詞
02、04〜09:YOSIKI
03:TOSHI

作曲
01、03:TAIJI
02、06〜09:YOSHIKI
04:HIDE
05:TAIJI&HIDE



***


Xが唯一インディーズでリリースしたアルバム。

エックスです。サイケデリックバイオレンスでクライムオブヴィジュアルショックのエックスです。
このバンドに関しては私より詳しい方が沢山いらっしゃると思うので細かい事は割愛w
ショッキングなイラストが印象的なアルバムですが、中身も激し目の曲が中心になっており全体に荒々しい印象があります。

以下各曲について。

続きを読む

ブログネタ
CDレビュー に参加中!
VELVET EDEN「人形娼館」(1999)

01.異形姫
02.サーカス病
03.Dance with Skelton
04.人形娼館
05.「…………………………」
06.花売り娘

全曲作詞:DADA
全曲作曲:KALM



***


ボーカル:DADAと後にKayaへの楽曲提供を行うようになるキーボード:KALMによる打ち込みユニット、VELVET EDENの1stミニアルバム。
デジタルサウンドに乗ったダークなメロディーによる濃ゆい曲が並んでいます。歌詞もストーリー性が強め。
このCDでは全曲ボーカルにエフェクトがかかっていますが、それがまた不気味な効果を出しているかもしれません。

以下各曲について。

続きを読む

ブログネタ
CDレビュー に参加中!
lab.「DUB NOTE」(2003)

01.DUB NOTE
02.SKY LOVE
03.NO SKIN OF MY ASS

全曲作詞・作曲:KUON
全曲編曲:lab.



***


元cali≠gariのギタリスト桜井青がKUON名義でボーカルを務めるバンド、lab.(後にLAB. THE BASEMENTに改名)の1stシングル。
何度かメンバーチェンジをしているバンドですが、このときのメンバーはボーカル:KUON、ギター:KIRIHITO、ベース:KANAN、ドラム:KJUNでした。因みにKJUNはKUONと同じくcali≠gariのドラマーとして活動していた武井誠です。

以下各曲について。

続きを読む

このページのトップヘ