一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

2013年08月

『MADAME EDWARDA / ZIN presents WIRED TV -EKTPLAZM-』@池袋手刀 2013/08/10
PAP_0058


何となく、手刀では日本酒を片手に――というのが続いて来ましたが、こう暑さでぐちょぐちょになっていては、麦ジュース的なアレに行ってしまうのはしょうがない、しょうがないんです。
イベント主催であるマダム・エドワルダ含め、80年代に活動の起点があるメンバーが多いバンドがメインでしたが、4組ともまぁカッコ良いこと。

以下出演順に


highfashionparalyze
赤い照明をバックに動きまわるkazumaと、ほぼ不動でギターを弾くaieによるシンプルなステージに、こちらの何かがガリガリ削られていく感覚を久々に思い出したり。2年前の音源に比べ、いよいよ歌いまわしや歌詞を変えてきているのか、今回は歌詞が聞き取れる率が高かったような気がするのですが、どうなんでしょう。

少し前に、merrygoroundの元ベーシストだった准那の逝去というニュースがありましたが(kazumaさんのfacebookの方にコメントあり)、そちらと関係あるかは分かりませんが、「形の無い〜」の前に「思いっきり泣いて、思いっきり笑え」という一言があったことにちょっと驚いたのでした。MC自体ほぼ皆無な人だと思っていましたし。

・セットリスト
(タイトル不明)
spoiled
蟻は血が重要である
My Funny Valentine
形の無い 何よりも 愛したのは お前だけが
脳内に



SPEECIES
過去ログ読み返してみたら、何と3年ぶりの鑑賞だったスピーシーズ。SADIEが真っ赤な上下で決めているのが非常に強烈で、首から下だけ見ると絵に描いたような関西ヤクz……バブリー! バブリーです!! そして音の方も80年代直系を思わせる、適度にユルさを含みつつもフロア全体を盛り上げてくるディスコロックで非常に楽しいものでした。
その2010年の鑑賞時はドラマーが欠席だったのですが、今はZIZのチャヂがサポートとして参加しており、その叩きっぷりやしょっちゅう立ち上がって煽ってくるパフォーマンス共々非常にうるさくて良い(笑)

ユルさと言えば、物販で購入したデモCD『SPEE SEA ZOO』が(多分確信犯的)チープな音質でこれまた……。


THE SODOM PROJECT
今回一番掴まれたのがこちら。
照明ゼロ+スモークというオープニングもさることながら、そこから徐々に徐々に盛り上げ、最終的にこちらを巻き込んできたステージだった印象ですが、こちらもダンスビートとバンドサウンドという構成ながら、空間を漂うようなギターの音を取り入れたインダストリアルロック寄りの楽曲、ボーカル:ZAZIEの熱を持ったボーカルに非常にツボを突かれひたすら見入ってしまいました。
80年代の活動をリアルタイムで追えているはずもありませんが、再始動後の活動をもっと早く知っておきたかったと思わせられるステージでした。

物販で購入したシングルもまた好みですが、クレジットや曲目が何も記載されていなくてちょっと困ってしまった(オフィシャルの特設サイトの方に記載あり)。


MADAME EDWARDA
こちらも80年代に起点を持ち、2000年代になってこの名義での活動を再開したバンド。ギターの人、AUTO-MODのYukinoっぽいなぁ……と思って、後でオフィシャル確認したら本人でした。
前2バンドが空間を埋めるような音作りだったのに比べると、こちらは本当に当時の音をそのまま(かどうかは分かりませんが、個人の印象として)再現したような、ゴシックパンクを思わせるシンプルな音数に、耽美な歌謡(ちょっとアラビアン)メロディーが乗った、スピーシーズとはまた違った方面で時代を感じる怪しい楽曲が味わえました。実際、1曲目のタイトルは「アラビアンナイト」だったようです。ボーカル:ZINの、年季は感じつつそれでも中性的なルックスや、時折挙動不審な妖しい動きも印象的。
途中で1曲、SADIEさんがゲスト参加しツインボーカル体制になったのですが、両バンドの曲調は違えど声質は似ているように感じるのは、80年代のパンク・ニューウェーブを通った人達だからなのか、等と聴きながら思っていたり。

***

初見だった2バンドが本当に素晴らしかったのですが、全体的にも大満足だったイベント。
再び地上でぐちょぐちょになりながらの家路も気にならなかった、気がします。多分。恐らく。

hide『50% & 50%』(1993)

01.50% & 50%
02.DOUBT

作詞 01:YUKINOJO MORI/02:hide
全曲作曲・編曲:hide

発売日:1993/08/05
品番:MVDD-8


***

EYES LOVE YOU』と同時に発売された、hideのソロデビューシングル。

01.50% & 50%
(良い意味で)やかましいドラムと、アコギも含む軽快なギターが気持良い、アッパーなパーティーロック。「EYES LOVE YOU」と同じく森雪之丞提供詩になっています。要所要所で声色を変えるボーカルも含め、理屈抜きにとにかく聴いていて楽しい(笑)
因みに、1stアルバム『HIDE YOUR FACE』には、「DICE」以外のシングル曲は全てリミックスか新録バージョンとなっているのですが、この曲は特に変化が顕著で、アルバムの方ではカントリー色を強めたアレンジとなっています(こちらのシングルバージョンにも、その片鱗を感じさせるパートがあるのですけれど)。
私はシングルバージョンを後に聴いたのですが、個人的にはシングル→アルバムの順に聞き比べた方が面白いかなと。

02.DOUBT
hideサウンドのハードな面を象徴している(と私は思っている)、ループするギターのフレーズが印象的な、攻撃的なデジロックナンバー。怒りの感情をベースに曲を作ったらこうなるという趣の、こちらに迫ってくるような音作りによって、こちらは聴いていてスカッとするというか。前述のアルバムバージョンを含め、何度かリメイクされる楽曲ということもあり、hideさんにとっても思い入れの深い曲なのでしょうね。
個人的に一押しなのはzilchの方で再録されたバージョンですが、原点としてのこちらもなかなか。

***

何というかアレだ、『HIDE YOUR FACE』を聴きたくなってくる……(笑)
今回取り上げた2枚含め、シングル曲は大体どこかのベスト盤に収録されているため、『EYES〜』のようにシークレットトラックに価値を残すくらいとなっていますが、今からでもきっかけになれば。

50%&50%50%&50%
HIDE

MCAビクター
売り上げランキング : 44051

Amazonで詳しく見る by AZlink


※2007年再発盤
50%&50%50%&50%
hide,森雪之丞

ユニバーサルJ
売り上げランキング : 435602

Amazonで詳しく見る by AZlink

hide『EYES LOVE YOU』(1993)

01.EYES LOVE YOU
02.OBLAAT

92.(シークレットトラック)

作詞 01:YUKINOJO MORI/02:hide
全曲作曲・編曲:hide

発売日:1993/08/05
品番:MVDD-7


***

20年前の今日、2枚同時にリリースされたhideのソロデビューシングルの一枚。
Xの方でもスタッフとして参加していた稲田和彦(I.N.A)が、この時点でシンセサイザー・プログラミングとしてクレジットされています。


01.EYES LOVE YOU
hide流のポップスをまずは提示する――という意図があったのかは分かりませんが、森雪之丞提供の歌詞と相まって、ほんのりファンタジックな雰囲気と甘いメロディーが前面に出たポップチューン。初めてhide周りの音に触れた10代の頃は、「DOUBT」辺りの攻撃的な楽曲に耳を奪われていましたが、改めて聴くとそのメロディーが持つ普遍的な良さが感じられます。フラメンコ調になるギターソロには、今改めて聴いてもハッとさせられたり。
今振り返ると、XでのHIDE曲とも、後のヘヴィなデジロックアレンジとキャッチーなメロディーを両立させていくソロでのスタイルともちょっと異なる位置にあるように思えるのが面白いです。

02.OBLAAT
インダストリアルロック調のアレンジと、カオスでユーモラスな言葉選び・歌メロとの対比が印象的なロックナンバー。
人を食ったようなあのミンミンボイスも既に披露されており、今となってはこちらの方がhideサウンドのパブリックイメージに近い気がします。終盤一気に疾走しだすのもカッコ良い。

92.(シークレットトラック)
連続する短い無音トラックを経た後に収録されている、「EYES LOVE YOU」のデモバージョン? とも言うべき隠しトラック。基本的に、弾き語りをバックにサビを繰り返す短いものですが、ボーカル重ねてたりエフェクトがかかっていたりして、何気に一手間かけてある印象。
(※ベスト盤『hide BEST -PSYCHOMMUNITY-』のブックレットによると、このトラックは「EYES LOVE YOU JUNK VERSION」と題されており、ボーカル重ねて聴こえる部分は実際にスタッフを集めて合唱させたようです)

***

もう片方のシングルに続きます。

EYES LOVE YOUEYES LOVE YOU
HIDE

MCAビクター
売り上げランキング : 45320

Amazonで詳しく見る by AZlink


※2007年12cm再発盤
EYES LOVE YOUEYES LOVE YOU
hide,森雪之丞

ユニバーサルJ
売り上げランキング : 433519

Amazonで詳しく見る by AZlink

このページのトップヘ