一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

2013年12月

V.A.「STRAWBERRY ROAD VOL.1」(1995)

STRAWBERRY ROADSTRAWBERRY ROAD
オムニバス SHO 勝珍太郎 ジョリー ピックルス BILLY & THE SLUTS Red Tail Cat SPEED-iD SISTER’S NO FUTURE 堀之内貴視

日本クラウン 1995-07-25
売り上げランキング : 366503

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


01.SHO / LET IT GO
02.SHO / Leave me alone
03.勝珍太郎 / Mattaku Sono Tooriya!
04.ジョリーピックルス / ALL YOU NEED IS LOVE
05.BILLY & THE SLUTS / DO THE LOVE GAME
06.Red Tail Cat / Mellow
07.SPEED-iD / SNOWDUST
08.SISTER'S NO FUTURE / WAITING FOR YOU
09.堀之内貴視 / Wayward Life

発売日:1995/07/26
品番:CRCR-1002


***

『Free-Will ANNIVERSARY 1993』に続いて参加した、Free-Willのオムニバスアルバム。
ベーシスト:MAC在籍のスタジオ音源としては、こちらが最後だったでしょうか。

その「SNOWDUST」は、2年後のD・O・S/M・A・S EDITION期を予感させる、冷たい感触のシンセを纏いながらスローで抑制気味に展開する楽曲。そんな雰囲気ながらリズム隊はファンキーな動きをしていたり、ギターソロはギターソロでしっかり主張するのが面白い。
サビではボーカルが声を張り上げますが、微妙に音程が上がりきっていないように聴こえてしまったり。他のパートのように囁くような低音で通してもカッコ良かった気もします。

「神々のD・N・A」同様、本作のみに収録されている楽曲なので回収しがいのあるアルバム。
また、このオムニバス自体9曲中3組4曲がソロとしての参加だったり、彼らが特に打ち込み・ダンスをメイン方面へアプローチしていたりするので(相対的に、この中ではiDはまだまだバンドしている)、その辺りから当時のインディーズシーンに思いを馳せるのも楽しい……かもしれません。
(アルバム全体の感想はこちらで書いております)

バンド単位ではないのですが、こういうのも手元にあるだけ紹介できれば。


『TRIBUTE TO AUTO-MOD『FLOWERS IN THE DARK』』(1995)
TRIBUTE TO AUTO-MOD FLOWER IN THE DARKTRIBUTE TO AUTO-MOD FLOWER IN THE DARK
AUTO-MOD LUNATIC ENSEMBLE

アポロン 1995-06-21
売り上げランキング : 140512

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. SADISTIC DREAM
2. 世紀末キャバレー
3. SMELL
4. OUT OF THE DARKNESS
5. CANNIBAL OF LOVE
6. FRIEND
7. DEATHTOPIA
8. REQUIEM

発売日:1995/06/21
品番:APCA-142


***
続きを読む

『PSYCHO-VISUALIVE'94 at.CLUB CITTA KAWASAKI』(1994)
psychovisualive

PSYCHO VISUALIV [VHS]PSYCHO VISUALIV [VHS]

ビデオメーカー 1994-10-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


01. 薔薇と摩天楼 (THE ROSE WITH SKY SCRAPER)
02. KISS ME SLOWLY
03. SLOW MOTION PICTURE
04. PHANTOM OF ROMANCE
05. OVER DOSE
06. 天国を撃て (HIT!! THE HEAVEN)
07. MOON SHINE
08. ACROSS THE TWILIGHT
09. ENDING THEME:ACROSS THE MOONLIGHT
〜ボーナス映像. THE OCEAN

品番:FWV-008(Free-Will)、


***

続きを読む

『Free-Will ANNIVERSARY 1993』(1993)
freewillanniversary1993

〈ブレイヴ・ミュージック・ジェネレーションズ〉フリー・ウィル・アニヴァーサリー1993〈ブレイヴ・ミュージック・ジェネレーションズ〉フリー・ウィル・アニヴァーサリー1993
オムニバス DECAMERON Red Tail Cat SPEED-iD BILLY & THE SLUTS 妖花 La mise a mourle THE DEAD P☆P STARS VOGUE COLOR ジョリー ピックルス

BMGビクター 1993-10-21
売り上げランキング : 147842

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


01. RED TAIL CAT / Free-dom
02. SPEED-iD / 神々のD・N・A
03. BILLY&THE SLUTS / イツモノヨウニ
04. 妖花 / DESERT STORM CONFICT
05. La mise a mourle / CLOSE
06. THE DEAD POP STARS / ブーイングの嵐
07. VOGUE / MATERIAL
08. COLOR / I can't go back
09. ジョリーピックルス / Sleepless Memories
10. DECAMERON / PURPLE DREAM


***

当時所属していた、Free-Willのバンドを中心としたオムニバスアルバム。『INNER DIMENSION』と同年にリリースされました。

恐らくアルバムと同時に制作していたからか、「ROUND MIDNIGHT」を連想させる。ノイズの効いたギターが前に出た、怪しさとサイバーな雰囲気を持って疾走する楽曲となっているのですが、インナーのオリジナル盤のようにボーカルが埋もれており、加工ボイスを除いた殆どのパートで、歌詞カード通りに聴けた試しがないほどに(苦笑)聴き取りにいのが残念。
IPPEIさんのギタープレイを楽しむと割りきって聴く方が良いかもしれません。
この曲で気になった方は、『INNER〜』を是非。

因みにこのアルバムでは、事務所の社長TOMMY率いるCOLORが、iDより一足先に(?)クラブサウンドに一気に舵を取っている他、和製DEAD OR ALIVEなビジュアル通りにバンド+ダンスサウンドの融合をいち早く導入していたVogue(nuvo:gu)の楽曲も収録されています。

……という名の振り返り兼ステマ兼感想リメイクを9月位に出来ればと思っていたらもう師走であばばばばry
そんな訳で、断続的なペースながら2013年に結成20年を迎えたSPEED-iDを、手持ちの音源中心に振り返っていこうと思います。


『INNER DIMENSION』(1993)
INNER DIMENSION

01. MOON SHINE
02. MAD HOUSE FREAKS
03. DRIVE WITH SPEED SLAVE
04. 薔薇と摩天楼
05. KISS ME SLOWLY
06. OVER DOSE
07. ROUND MIDNIGHT
08. PHANTOM OF ROMANCE
09. MALARIA
10. 冷血
11. ACROSS THE TWILIGHT
〜OCEAN (※REMASTER盤のみ収録)

全曲作詞:EURO
作曲:01、04、06〜08、10、11:EURO/02、03、05、09:IPPEI

品番:FWR-022CDL(オリジナル盤)、FWR-024CDL(1994年REMASTER盤)


続きを読む

このページのトップヘ