V.A「オトノクスリ ディスク1」

最近聴いたCDの感想も書いてみたり。
最近出た、じゃない所がアレですが;
聞く際の参考になれば幸いです。

今回はヴィジュアル系バンドを扱うミニコミ誌「響音薬品庫リスクノオト」の主導で2001年にリリースされたオムニバスアルバム。
リスクノオトはV系関連のお店に行くと置いてあるな、という印象くらいだったのですがCDも作っていたんですね。
中古で安かったのとsysterとDAISUKEが気になったので今回聞いてみました。
現時点で収録されているバンドの殆どが解散してしまっていますが…。
1:御伽/100%ボロボロです。

最初随分音が籠ってるなぁ、と思っていたらいきなり音が大きくなるのでびっくりしました。
メタル寄りの楽曲でボーカルもシャウトを入れていたりいるんですが、所々で気だるい語り調になるのがちょっと面白かったり。
ベースの人の名前が鐚依だったのであれ?と思ったらやはりデスゲイズの人でした。


2:cannabis/TRASH

いかにもライブでモッシュが起こりそうな、ミクスチャーの曲。
ボーカルがもう少し力強かったら良かったかも知れません。


3:紫苑/二人の行方

後にメジャーでも活動していた紫苑。
デビュー曲のロマンチック・ゴーゴーはインパクトがありました。
アコギとカスタネットがメインの曲ですが…フラメンコ?歌詞の主人公はバーテン?
そしてこのワザとらしい歌い方!感想のクサい語り!合っていると思いますw
2分半と短めの曲ですがこのオムニバスの中では印象強かったですね。


4:P∞L/Mr.Sexy

一応他のオムニバスで1曲だけ聴いた事があるP∞L。
浮遊感のあるバンドサウンドから、サビになると一気にアグレッシブになる展開です。
バンドのテーマが「アジア」という事ですが、聞いた限りではアジアやオリエンタルといった印象はあまり感じられませんでした。
歌詞ではアジアアジアと何回も言っているんですけどね。
因みにベースのティルは現在LAB. THE BASEMENTfunction code();で活動中。


5:syster/コーク・モルモット

少し前に聴いたミニアルバムが好みだったので今更ながら気になっていたバンド。
この曲はデモテープに入っていた曲の新録かな?
ダークでヘビーなサウンドと激しいのですが冷めた様な歌い方をするボーカル。
ミニアルバムを聴いた時にも思ったのですが、このバンドは「乾いたmerry go round」といった感じです。
激しいけど少し軽いギターの音がそう感じさせるのかもしれません。


6:LANDSCAPE/さくら

名前だけは知っていたLANDSCAPE。
ストレートでメロディアスな楽曲です。
安心して聴けますね。
「さくら」という名前の曲にハズレは少ない…気がするw


7:Rebirth/over again

ハイトーンなボーカルと楽曲の展開等がちょっとラクリマを思わせます。
そこにラップが挿入されるのが面白い。
サビで一気に開けるのが良いです。
でもこのボーカルなら更に突き抜ける歌い方が出来るんじゃないかな…とも。
結構好みです。
あと関係ないんですがブックレットでのこのバンドのプロフィールおかしいですから!馬の紹介になってますから!w


8:DAISUKE(Sound Bee)/GO to HELL

このCDの中では飛びぬけてキャリアのある人が。
元media-youthのボーカルですよ。
ルパン契い留撚茵DEAD OR ARIVE」の主題歌もやっていたバンドですよ。
ソロではLOOSAR名義でCD出してたのは知ってて(現在はTHE SOUND BEE HD)、気にはなっていたんですが何となく聞きそびれていました。

この曲は打ち込みをメインにした…デジタルでハードでポップな曲。
ギターも入っていますが全体にエフェクトがかかっている為、他の音と渾然一体になっちゃってます。
こういう曲は好きなんですがもうちょっとボーカルが聴き取り易くても良かったかな…。
あともう少し曲の尺が長くても良かった気がします。
THE SOUND BEE HDのマイスペを試聴した限りでは、これに近い流れの曲だったので気にしておこうと思います。



このオムニバスで気になったのはDAISUKE(というかSound Bee)とRebirthでしょうか。
初めに書いたように収録バンドの多くが解散してしまっていますが、ちょっと前のバンドを聞いてみるのも良いもんです。


通販ページ(セール中だそうですよ)