一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

カテゴリ: 音楽関連

Kagrra,オフィシャルサイト
http://www.pscompany.co.jp/kagrra,/

今年に入ってインディーズになっても変わらずガシガシ活動していると思っていたのですが、なんと…。

子供の頃、お弁当などに入っていた母が作る玉子焼きは、今思うとかなりしょっぱかった気がします。

***

2010/10/06にリリースされるオムニバスアルバム「原点」が一部の界隈をザワつかせています。


第2次ヴィジュアル系バンド・ブームを担うバンドたちの系譜をたどり、その原点となった面々の名曲を集めたコンピレーション・アルバム。La'cryma ChristiやSHAZNAをはじめ、ひと世代前のヴィジュアル系の魅力が再確認できる。

『原点』/CD
アーティスト:LUNA SEA/La'cryma Christi/PIERROT ほか
曲目タイトル:
1.gravity/(LUNA SEA)[5:35]
2.唄/(BUCK-TICK)[4:00]
3.HERO/(Zi÷KiLL)[5:15]
4.Melty Love/(SHAZNA)[5:20]
5.未来航路/(La'cryma Christi)[4:14]
6.ENDLESS LOVE/(D-SHADE)[3:22]
7.SkY/(Lastier)[4:15]
8.ラストレター/(PIERROT)[6:01]
9.スライド./(Plastic Tree)[4:21]
10.白い闇/(ROUAGE)[4:29]
11.meet again/(Laputa)[5:17]
12.コングラッチェ/(CASCADE)[3:01]
13.ロマンス/(PENICILLIN)[4:52]
14.1/3の純情な感情/(SIAM SHADE)[3:43]
15.月下の夜想曲/(MALICE MIZER)[3:43]


楽天ブックス: 原点 - (オムニバス) : CD

90年代後半のブレイクにブレイクしたバンドを中心として、有名どころの楽曲はざっと押さえられている感はあり、自分がヴィジュアル系バンドにハマり始めた時期が正にこの辺りだったこともあって、リアルタイムで聴いたものが多く、バンドの並びを見るだけでニヤニヤくるものがあります。「○○(バンド名)が入ってねーぞ」「××の代表曲は■■じゃなくて△△だろjk…」という突っ込みは、思い入れが強いファンが多いであろうこの手のオムニバスにはありがちなのでしょうが、選曲したレコード会社の中の人的にはこんな感じという事なのでしょう。上述したV系四天王(しかしいつ見ても小っ恥ずかしい呼称だ…w)周辺の第二次ヴィジュアルブームを知りたい人への入門盤としてはこれはこれで――ってあれ? 上のリンクの説明だと今が第二次ヴィジュアルブームみたいな書き方になってる??

恐らくこのオムニバスが総ツッコミを受けている理由もこの辺りにあって、個人的には90年代前半のX、LUNA SEAのブレイクを中心にした時期と、先に述べた90年代後半〜2000年位の時期と2つの山がある印象なのですが、このアルバムがそこを一まとめにしたと考えると、時期もバンド数もまだまだ広く集めるべきだった気がしますし(第一の山の時期からBUCK-TICKとジキルだけというのはやっぱり寂しいかも)、これに「原点」という看板を付けたのはちょっと大きく出すぎちゃったかな? という思いを抱く人が居てもおかしくないかもしれません。というかV系好きをターゲットにしているとは言え、皆の音楽的「おふくろの味」なんて一人一人違うのは当たり前なんですから、いっそ最大公約数的に網羅するのをやめて選曲者の顔を前面に出すべきだったのかも。ほら、誰か適当にメジャー所の若手V系バンドマンを集めるとかして!w(そう言えば、少し前にこういうコンピで東海林のり子セレクションが出ていましたね)

繰り返しになりますが、90年代後半のV系シーンをサラッと知るにはなかなか適したアルバムだと思っています(何気にSHAZNAはポップな良曲をいっぱい残していますよ)。後は皆の好み次第でしょうか。
…因みに私は今でも甘い卵焼きが苦手です(あれ!?)

***

他のサイトさんに倣って、自分もマイ原点ベストを作ってみようかとも思いましたが、後追い感が半端ない上に知識抜けがボッコボコあるので(デランジェなんて再結成するかしないかの頃に聴いたんだぜ…;)、興味深かった所を勝手ながら幾つかリンクさせて頂きます。

ピンブラブログ〜pinkblood blog〜(管理人:行様)
正に90年代後半のブレイクアウト前後のバンドを中心にしており、当時リアルタイムで聴いていた人にとって豪華かつ納得の構成になっています。ラストにアレを持ってきたのが泣ける。

空飛ヴ肉屋(管理人:KUNIYA様) ※各曲解説記事→ライナーノート、私家版「原点」
第一のV系バンドの波、そして「ヴィジュアル系」という言葉が出るか出ないかの時期のポジパン・メタルバンドも取り上げられ、正に「原点」色の強い内容になっています。個人的にSPEED-iDが入っているのが嬉しく――って何か振られてるー!?
えーとえーと………痛い自分語り満載な「INNER DEMENSION」感想記事はこちら!(逃

安眠妨害水族館(管理人:魚がとれた様)
「現在活動しているバンドに影響を与えたバンド」と言う視点から、時期・メジャー/インディーズに拘らず幅広く選曲されており興味深い並びになっています。こういう選び方もあるのですね。

石山竜市 オフィシャル・ブログ
HITORIBEYA.NET
ちょっと反則気味ですが、最後は選曲「された」側のコメントを。
それぞれ元Lastierの石山竜市と高崎智彰のブログですが、本人達も「俺達が!?」という思いがありつつ喜んでいるようで。石山氏が、ヴィジュアル系バンドで活動していた頃を「原点」と呼んでいるのがちょっと嬉しい(ほら、どこかのバンドはヴィジュアル系って言われて怒ったじゃないですか…w)。

地味に注目していたNOISY CROWDS一日復活の詳細が、ボーカル詩那のブログで出ていた模様。
以下引用。

【NOISY CROWDS(1日再結成) LIVE情報】
★2010年11月13日(土)池袋手刀
[池袋手刀ドーム八周年記念公演]
『NOISY CROWDS 一日再結成』
「Up in the black sky 2010 〜約束をしたあの場所で〜」
開場18:00/開演18:30  
前売¨0/当日À0(D代別)

<出演>
★NOISY CROWDS
★MUNIMUNI
★The CANDY SPOOKY THEATER
★the god and death stars(aie and kazu ex:蜉蝣 & 大嵩潤 from rowthe)

?NOISY CROWDSスタァティングメンバァ?
ボヲカル:詩那(from 弾丸少女)
ギタァ:シビィ(from DISH)
ベヱス:ハルカ(from アンミュレ)
ドラム:Be…S(from L'eprica)


引用ここまで。詳細は↓

解禁「騒音の群衆」…Up in the black sky 2010 〜約束をしたあの場所で〜(妄形少女と秘密のクロヲゼット)

予想通りSHINA以外はサポートですが、その面子がことごとく最近気になってるバンドの人達という(emmureeは何年気にし続けてるんだという話ですが)。対バンも良い感じですし、さてどうしようか。
また、流石にNOISY CROWDS時代はリアルタイムで知らないので、今更っちゃ今更なのですが、GUYとRYOTAが同時にいた時期があったという事に微妙に驚いたり。

RAIN TREE CROWの感想を書いた流れで。

既に一ヶ月以上前にニュースになっていますが、元JAPANのベーシストでもあるMick Karnが癌であることを公表し、経済的な問題から医療費サポートの為のPaypalでの寄付を求めてます。現在オフィシャルサイトにて、ソロアルバムにMick Karnが参加したSUGIZOの支援曲がアップされており、そちらの支払いもPaypalになっています。オフィシャルの記載を読むと、現在では取りあえず資金面での目処は立った、らしいのですが(英語不案内なもので;)、現在でも寄付は募っているので一応。快癒すると良いのですが。
BARKSのニュースによると、8月には支援コンサートが開かれる予定。


Mick Karnオフィシャルサイト
http://www.mickkarn.net/

日本ではあまり一般的でないPayPalの使い方が分からない方の為に、amnesiac's music box(管理人:skysong様)内の記事を勝手ながらリンクさせていただきます。
PayPal

BARKS「ミック・カーン、ガン医療費の寄付金を呼びかけ」
http://www.barks.jp/news/?id=1000062494

こちらでは旧作で興味を持ったり、既に解散・活休済ですが、今年になってよく聴いていた人達を紹介していこうと思います。新譜編はこちら


ZYYG
SWEET PUNKSSWEET PUNKS
高山征輝 ZYYG

株式会社ビーグラム 1997-08-20
売り上げランキング : 160500

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

当時のビーイング所属バンドが集まった「果てしない夢を」位でしか知らなかったのですが、MOMAさんのレビューを拝見して、CRAZEっぽいのかな? と思って2ndと3rdアルバムに手を出したら本当に初期CRAZE方面でびっくりしたバンド。というよりどちらもBOOWYの系譜なんでしょうけれど。
男臭くパンキッシュですがどこまでもポップな楽曲が並んでいます。ボーカルがちょっとV系寄りの歌唱なのも個人的には好印象でした。所謂ビーイング色は薄いので、当時のビーイングに興味がなかった人にこそお勧めしたいバンド。因みにドラムの藤本健一は現在GERARDに在籍し、Sound Horizonのサポートでも活動しています。


Dalis Car
ウェイキング・アワーウェイキング・アワー
ダリズ・カー

Warner Music Japan =music= 2008-04-23
売り上げランキング : 201382

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BAUHAUSのPeter MurphyとJAPANのMick Karnがそれぞれのバンドの解散後に結成したユニット。今更ながらこの2バンド周辺が気になっていて手に取ったアルバムでした。ネチっこいボーカルが乗ったダークでアラビアン・東洋的匂いのする曲に、ミック・カーンのブヨブヨベースが這い回る凄く変テコ(変としか言い様がない)な世界が展開されています。結局長続きしなかったのか、アルバムはこれ1枚で活動は終わってしまったようですが、ポップさの欠片もないのに妙に癖になる音は一度触れてみて損はないのでは。↑のAmazonの試聴でもその独特具合は伝わると思います。


DEEP FOREST
コンパルサコンパルサ
ディープ・フォレスト

エピックレコードジャパン 1998-01-14
売り上げランキング : 47301

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クサい曲が結構多く、ここ数年手を出している民族音楽+デジタルサウンド方面ですが、2月頃ふと手にとったら、ノリの良さと人懐っこい音にやられました。まだアルバム2枚しか聴けていませんが、サントラや日本のミュージシャンも出ているようですし、ゆっくり集めていこうかなと。


BLACKMORE'S NIGHT
アンダー・ア・ヴァイオレット・ムーンアンダー・ア・ヴァイオレット・ムーン
リッチー・ブラックモア ブラックモアズ・ナイト

ポニーキャニオン 1999-04-21
売り上げランキング : 81715

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大ベテランですがまともに聴いたのは今年なので一応。昔人からDEEP PURPLEを薦められたことはあり、その時は好きも嫌いもなくという印象だったのですが、この間1stと2ndを聴き、今更ながら気になっています。クラシック・フォーク要素の強いメロディアスな楽曲に浸れるユニット(ユニット…だよね?)だと思います。アレだ、結局クサければ特に激しくなくても良いんですよ、自分w こちらもこれから他のCDに手を出していこうかなと。


misa26時「Piereccing HOUSE」
IMG_1

オフィシャルサイト
昨年微妙に話題になった気もする、ヴィジュアル系バンドの曲をハウスアレンジでカバーしたアルバム。半年遅れくらいで聴きましたが、ネタっぽいと思いきや、かなりガチな姿勢でアレンジに取り組んでいる印象を持ちました。選曲も90年代半ば〜後半を中心にしており、自分の中でV系的お袋の味の面子が揃っていたのもまた良かったですね(あ、JUST ONE MORE KISSだけ一回り前か)。個人的に「1/3の純情な感情」の歌メロが、このアレンジにバッチリ溶け込んでいるのに驚きました。ヴィレッジヴァンガードと通販のみの販売ですが、そこまで高くもないので、興味本位で聴くのも全然アリだと思います。

***

…最後くらいしかV系要素がない! 後は今になってVogus Imageのシングル集めたり、リエントの1stアルバム聴いたりとかもあったんですけれどねw 皆さんも好きに偏食していけば良いと思うのですよ。目下の興味はアイマス2で876組の扱いがどうなっていくのかという事ですが(あれ!?

もう七夕も過ぎちゃいましたが(一応仙台生まれなので、一月後にもあるじゃんいう意識があったりしますが)、2010年上半期に聴いたCD等について適当に述べてみようかと。しかし今年はあまり新譜を聴いてない気が…。


Versailles「JUBILEE」
JUBILEE(DVD付き初回限定盤)JUBILEE(DVD付き初回限定盤)
Versailles

ワーナーミュージック・ジャパン 2010-01-20
売り上げランキング : 9535

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

感想記事はこちら
メタリックでクラシカル、そしてナルシスティックなV系歌唱とくれば嫌いになる要素がねぇよというw 昨年のメンバー逝去を経てリリースされましたが、その辺の贔屓目を抜きにしても今年上半期ではブッチ切りでハマったアルバムでした。フィクション分てんこ盛りのヴィジュアルワールドに浸りたい人は是非。


Dragon Guardian「ドラゴンヴァリウス」
Dragonvarius(ドラゴンヴァリウス)Dragonvarius(ドラゴンヴァリウス)
Dragon Guardian(ドラゴン・ガーディアン)

Dragon Guardian 2010-01-30
売り上げランキング : 2417

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

感想記事はこちら
オリジナルのリリースは2009年ですが、ボートラ追加で再発されたので一応新譜の方に。日本語版Rhapsodyのノリはメジャー一作目でも変わらず、安心の異臭街道を突き進んでいます。詰め込み気味のナレーションが改善されればもっと良かったかな? もうすぐ新譜が出るのでそちらにも期待。


ALI PROJECT「Gothic Opera」
Gothic OperaGothic Opera
ALI PROJECT

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2010-03-17
売り上げランキング : 1539

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

通算6作目になるALI PROJECTのストリングスアルバム。既存曲のアレンジ版が多かった前のストリングス盤「Grand Finale」に対して、こちらは新曲が多め
になっています。これまでに比べると一聴した時のインパクトは弱かったのですが、優美なサウンドを十分に味わえるアルバムになっているのではないかと。しかしアリプロは定期的にシングルスが出るからか、すっかりアルバムだけ買うようになってきたなー…。


Mago de Oz「Atlantia GAIAIII」
Gaia III - AtlantiaGaia III - Atlantia
Mago De Oz

Warner Music Latina 2010-04-27
売り上げランキング : 41054

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スペインのフォークメタルバンドの最新アルバム。全体に前作「La Ciudad De Los Árboles」よりメタル要素が増し、モダンで壮大になった印象があります。その分明るい民謡要素が少し薄れたのが個人的に残念でしたが、決してレベルは低くないと思います。最初に聴くには前作のほうが取っつきやすそうですが、もっとハードな方が好き、という人はこちらの方が気にいるかもしれません。日本でももっとメジャーになれば良いと思いますぜ、主人。


Rhapsody OF FIRE「THE FROZEN TEARS OF ANGELS」
ザ・フローズン・ティアーズ・オブ・エンジェルズザ・フローズン・ティアーズ・オブ・エンジェルズ
ラプソディー・オブ・ファイア

キングレコード 2010-04-28
売り上げランキング : 2069

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前に挙げたドラガが影響を受けている先の1つであろうバンドの最新作。ここ2作ほどでは重厚さを重視した作風になっていたように思いますが、今作では疾走曲や激しさに特化した楽曲、民謡要素を持った長尺曲など、バラエティが増しており、疾走するラプソディーが好きなメタラーさんには嬉しく感じられるアルバムになっているのかなと。自分は特にメタラーでもなく、普通に前作も気に入ったので、まぁ…どちらに振れても良いや…w 取りあえずReign Of Terrorがドツボでした。


彩冷える「ドラマティック」
ドラマティックドラマティック
彩冷える

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2010-06-16
売り上げランキング : 4689

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

彩冷えるの2010年最初のシングル。本当についこの間聴いたばかりなので、あんまりどうこう言えないのですが、切なポップ路線の良曲かなと。メジャーデビュー以降若干雰囲気が変わった感がありますが、これはこれでアリと思うようになってきました。あ、まだ「彩」聴いてないや…;


Sound Horizon「イドへ至る森へ至るイド」
イドへ至る森へ至るイド(初回限定盤)(DVD付)イドへ至る森へ至るイド(初回限定盤)(DVD付)
Revo Sound Horizon

キングレコード 2010-06-16
売り上げランキング : 187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

CD音源としては約二年ぶりのSound Horizonの新作。プロローグマキシと言っていますが、要はアルバム先行シングルですよw
相変わらずファンタジックなストーリー性重視の世界観ですが、今回はマーティー・フリードマン、元SIAM SHADEの淳士、初音ミク(!)など新たなサポート勢を迎えています。それだけに取り立てて歌が上手い訳ではないRevoは、あまりメインで歌わなくても…と思ったり。ゲストボーカルがツボなだけに余計にそう感じるのでしょうか。思いっきりV系ライクな動きをしているPVは面白かったですけれどw アルバムにも期待。


Hora「WISDOM」
SCN_0001

元Schwarz SteinのHoraによる8作目になったソロアルバム。そして病気の治療に専念する為、今作で一旦活動を停止するとのこと。詳しい状況は良く分かりませんが、寝耳に水であり同時に残念でもあります。楽曲の方はいつものHora色全開のダーク&ダンサブルな楽曲が収められており、金太郎飴的とも言えるかもしれませんが、取りあえず今まで聴いてきた人には安心の出来上がりかと。一番悔しいのは本人でしょうから、取りあえず体調の回復と活動再開を待っていようと思います。
今回もオフィシャルサイト通販限定なので欲しい方はお早めに。ただ新曲8曲+過去のリマスタベスト盤14曲の2枚組とは言え、4200円というのはぶっちゃけ高い気がします(苦笑)。

***

何と言うか…分り易いラインナップ。そしてあんまり冒険していない気がするw
旧作や解散済みでハマった人達については記事を改めて書こうかと思います。2010年後半も良い音楽に出会えることを祈って。

7月くらいから地味にチェックしていたLIT-HUMのHPで、試聴音源がUPされていました。――最初のお知らせからほぼ半年遅れてw

http://lit-hum.com/

第3期WANDSの主要メンバーだったギタリストの安保一生(杉元一生)と覆面キーボード某K氏wが居るということで(自分3期も好きなんですよ)、気にはなりつつその後の彼らの活動を殆ど知らない為過度な期待はせずにいた訳ですが。ですが。
今聴ける「落葉」、思った以上にカッコいいんですが…! 少し聴いただけなので偉そうなことは言えませんが、音やJOJOの声にTHE UNDERNEATH辺りに通じるヘヴィさとメロディアス要素を感じました。これは…期待していいんですかね?


取りあえず3期で好きな曲を貼ってみる。



弾丸少女のオフィを見ていて所属している所からオムニバスが出るのを知ったのですが(以下引用)

THIRTEEN MUSIC 発足記念 オムニバスアルバム

「?? FILE Vol.1」

2010年2月17日 全国一斉発売

TMD-003
全13BAND  全13曲
価格 2,415円
限定生産3000枚

THIRTEEN MUSIC第一弾アーティストであるDeflina Ma’riageがこのオムニバスの為だけに人気曲「True」を再レコーディング!!
ゲストには今でも高い人気を誇るElDoradoの、既に廃盤となっている楽曲収録!!
その他、日本全国から選りすぐられた今をときめくアーティスト11組、計13BAND、13曲収録

収録アーティスト

Deflina Ma’riage
Chaos System
弾丸少女
CROSS BREED
ElDorado (ゲスト)
パニックちゃんねる
カル・バリ
SaTaN
ballad.
DISH
L'eprica
朱鷺
Schwein


THIRTEEN MUSIC

(引用ここまで)

何故しれっといるElDoradow まあデフリナも解散してますが彼らは所属バンドでしたし…。Chaos SystemやL'epricaなど気になるバンドもちょこちょこいるので機会があれば聴いてみたいかも。
ぶっちゃけ曲を聴いたことが無い弾丸少女のオフィを定期的に見ている理由は、ボーカル詩那が前にやっていたバンド:NOi'Xからの流れで何となく、というのもあるのですが、彼の日記に良く地元茨城ネタが載っていたりするからだったりします。県西の事はあまり知らないんですがw とりあえず早くmyspaceを作るなりして楽曲試聴をですね…。

394cf6f0.jpg
今日買ったCD。
Lacroix Despheres「Scivias/PASSIFLORA CAERULEA」

最近はタワレコもかなりヴィジュに力を入れてる感じなので、もしかしたら入荷してるかもと思っていたのですが、 流石にマイナーなのか入荷予定は無いと言われてしまい、久しぶりに自主盤倶楽部に行ったら普通に山積みでしたとさ。こういう時はやはり専門店は強いと言いますか。先程一回聴きましたが、相変わらずのクラシカル振りでした。PASSIFLORA〜なんかインストバージョン聴いたら、普通にそっち畑の人の曲ですもん。実際クラシック出身の人達みたいですけどね。早くも次のアルバムが聴きたくなってます。しかし自主盤で買い物したの何年振りだろう…。


もう一枚は今日届いたCD。
猫騙「PROTOTYPE CD3」

上杉昇がボーカルを務めるバンドのシングル。先月の始めにニュースを聞いてから、書くタイミングを逸していたのですが、WANDSのサポート時代から上杉関連でベースをたびたび弾いていた、猫騙のベーシストmiya38(宮沢昌宏)が9月4日にガンで亡くなったそうです。HPで病状を発表してから僅か2ヶ月後でした。自分はmiya38氏本人に特別思い入れがあるわけではないのですが、「I Don't Care」や「WARP」等、猫騙の印象深い曲の作曲者が彼だった事もあり、彼の死が、バンドにとって大きな損失になってしまった感があるのが非常に残念です。今更かもしれませんが、miya38さんの御冥福をお祈りします。今回のシングルにも彼の曲が収録されていますよ。

それにしても今年は、自分の知っているミュージシャンの訃報が多すぎる…。

オフィシャルサイト

今更ですがSmells活休を知りました(メルマガ登録していた筈なのに何故届かなかったんだろう)。
まだまだ音源になっていない曲は沢山あったろうに…残念。最後にライブを見たのは3年前ですが、またあの真っ黒いパワーを感じたかったですね。何らかの形で活動が再開する事を祈りつつ今は音源を聴こうと思います。

このページのトップヘ