一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

カテゴリ: ライブ

『minus(-) Vermilion #5』@新宿ReNY 2019-12-28

IMG_20191228_181003


minus(-)の毎年恒例となっている年末ワンマンライブに初参戦してきました。
先日出た新作『C』を聴いてからライブ鑑賞欲が急激に高まり、泥縄でチケットを取った本公演。

実を言うと、この日の公演では『C』からの曲は披露されず。主宰の藤井麻輝は『C』のジャケットがあしらわれたTシャツを着ていたのですが……(笑)
(※今年は2days公演で、『C』参加ボーカリスト:石川智晶がゲスト出演した前日公演で披露されており(参考:公式Twitter)、2日目はセトリを意識的に変えてきた模様)
しかし、結果的にライブ内容に物足りなさは感じることはありませんでした。


続きを読む

emmuree presents 『季節外れの、サマァカァニバル。』@高田馬場AREA 2017/9/18

15057378612330


emmuree主催のイベントに行ってきました。
少し間が空いて鑑賞するバンドが多かったですが、AREA自体も来るの久々なような……と思っていたら、ほぼ6年振りだったようで。ナンテコッタ。

以下出演順に。


続きを読む

『イノシシからシカへ -意匠からみた縄文社会から弥生社会への変化-』@史跡田名向原遺跡旧石器時代学習館(旧石器ハテナ館) 2017/08/26

15052282745333


※「ライブ」カテゴリに入れるには毛色が違いすぎやしないかと自分でも思いますが、講演会だってライブイベントには違いない! から問題はない、筈。多分。恐らく。

神奈川県相模原市の旧石器ハテナ館で行われた、井上洋一の講演に行ってきました。
縄文時代から弥生時代にかけての動物をあしらった遺物について、狩猟対象動物の種類・割合はあまり変わっていないにも関わらず、縄文時代はイノシシを用いたものが多く(例:動物型土製品)、弥生時代はシカを用いたものが多くなる(例:銅鐸に刻まれた絵)事を中心に、両者の造形・表現方法、経済活動の違いなどについて聞くことが出来ました。
井上洋一さんは、現在東京国立博物館の副館長で、講演でも触れていましたが博物館のページによると、弥生時代の銅鐸を中心に研究をしているとのことで、今回の講演でも銅鐸から読み取れる情報についての話が多かった印象です。
私は動物型土製品についてちょっと聞いたことがある程度だったので(キノコ型土製品とか何に使ってたんですかね……)、新鮮な話を聞くことが出来ました。

以下、当日つけていたメモを元にした備忘録+感想。

※現在進行系の研究を、素人が匿名でネットに取り上げることについて、大丈夫かなと思うところもあるので、気になった方は実際の文献や展示などに触れてみることを強くお勧めします(記事の最後に、資料に使われていた文献のリストを載せておきます)。
要するに→中の人は頭悪いのであんまり鵜呑みにしないで欲しry

続きを読む

『異形の影絵』@池袋手刀 2017/4/13

DSC_0397 - コピー


既に3ヶ月程経ってしまいましたが、glamscure主催イベントの感想を。
昨年、まさかの復活を果たしたMercuroと、その現Mercuroのボーカリストでもあるレアが在籍する地獄絵が共演するということで、怖いもの見たさを含めた期待を持ち会場に入ったところ、開演待ちBGMがDeshabillzの『精神離脱者』。この日、転換中ずっと流れていたのですよ……。

以下、出演順に。

続きを読む

『FVco20周年記念事業その1 「おませandお気楽〜音盤の神秘〜」』@cafe domina 2017/02/19

DSC_0390


Fine Vacation Company主催のイベントに行ってきました。

イベント趣旨としては、レア音源コレクターによるDJ+バンド演奏というプログラムになるのかな? この手のクラブイベント(になるんでしょうか)への参加は初めてで、謙遜自虐一切抜きに右も左も分からない状態。行ったはいいがこの曲からカップル要素を引いた心地になったらどうしようと思いつつ、相性がアレなら名古屋観光の方で腹と心をパンクさせるまで、という感じで臨みましたが――。
(ライブハウスのみピストン移動ではなく、日帰りながら少しだけ観光はできました)

移動時間(と若干の道迷い)の関係で、途中から途中までという鑑賞になってしまいましたが、以下出演順に(※当日のタイムテーブル→Takkidudaオフィシャルサイト)

続きを読む

『Dazzling light & Trick Shadows SP DAY1』@池袋手刀 2016-08-27

DSC_0271-1


LIGHT & SHADEの原徹が主催するライブイベント(通称:原フェス)へ行ってきました。今年は二日間開催だったのですが(私は1日目のみ鑑賞)、両日通しチケットが発売されるなど、本当にその手のフェスっぽい売り方をしていたのがちょっと面白い。

この日は開演前から人が非常に多く、転換時間中、前に詰めて欲しい旨のアナウンスが数度出たレベルの入り。自分がライブ無精ということもあるのですが、ここまでチョマンの手刀は初体験だったかもしれません。
原さん主催のバンド同窓会的な性格もあるのか、フロアの其処此処で出演者同士が楽しそうに話していたのも目に入りました。時間が進むに連れ、出番を終えた人達のYOPPARAI具合も進行していったようですが……笑

以下出演順に

続きを読む

『SPEED-iD ONEMAN GIG CLUB PSYCHO 1994 REVISITED』@池袋手刀 2016/06/19

DSC_0181

公演から既に2ヶ月近く経ってしまいましたが、6月19日に行われたSPEED-iDのワンマンライブのレポ未満的なアレを。

※タイムテーブルの写真がブレ過ぎててあばばばばry
DSC_0187


続きを読む

HAUNTED FRIDAY BASH』@渋谷Glad 2016/4/29
DSC_0136


「ダーク」をテーマに共演者を集めた、SPEED-iD主催のイベント:HAUNTED FRIDAY BASHに行ってきました。
HOPE AND LIVEの時もそうでしたが、タイムテーブルを事前に発表してくれるのは非常にありがたい(スタンディング形式のイベントでは特に)。
Gladは、ミニ円形劇場のような作りになっており、後方の2段目からでもステージが見易い、というか全体をみるならば、2段目3段目の方が適していそうです(この日、3段目は関係者専用でしたが)。

以下出演順に。

続きを読む

『the darkside of the monochrome』@伏見JAMMIN' 2016/03/27

2016-03-28


藤田幸也、Kozi、gibkiy gibkiy gibkiyのスリーマンツアー『the darkside of the monochrome』の名古屋公演に行ってきました。
今回のツアーは、藤田、Kozi両氏のバックをgibkiy gibkiy gibkiyの楽器隊(aie、kazu 、sakura)が務めるという形になっており、面子は勿論のこと、その編成含めてスペシャル感のあるライブツアーなのではないでしょうか(楽器隊の大幅な機材交換が省略できるからか、思った以上に転換が早かったのが快適)。因みに、藤田・Kozi両氏のステージにはギブキーの楽器隊に加え、キーボーディストとしてYoshiokaがサポートに入っていました(JILSのサポート等に参加されている方だそうです)。

今回の会場となった伏見JAMMIN'は、出来てからまだ3年程のライブハウスということからか、結構綺麗な印象のハコでしたよ。

以下出演順に。

続きを読む

『松元治郎 2nd LIVE』@初台DOORS 2016/03/13

DSC_0112


続きを読む

このページのトップヘ