一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

タグ:土屋昌巳

土屋昌巳『TOKYO BALLET』(1985)

01. SUDDENLY-突然の明日-
02. SILENT HUNTERS
03. LIKE A FOREIGNER
04. THE FOREVER HOUR
05. NIGHT IN THE BABYLON
06. TOKYO BALLET
07. ALIEN
08. MANNEQUIN
09. 最上階のバタフライ
10. UNKNOWN SOLDIER
11. 風石

作詞 01〜03、06〜09:竜真知子 / 04:Tod Barron and Chi / 05:竜真知子、土屋昌巳 / 10:土屋昌巳
全曲作曲・編曲:土屋昌巳
ストリングスアレンジ:Akira Inoue

発売日:1985/06/21
品番:32・8H-37

Vocal、Chorus、Electric Guitar、Acoustic Guitar、Prophet-5、Fairlight C.M.I.、Piano、Rhodes、Pianica:Masami Tsuchiya

Bass(01〜03、06、07):Morio Watanabe
Piano(01、03、04、09)、Prophet-5(01〜07、09、10)、Emulator-II(01、02、04〜07、09、10)、PPG(02、03)、Piano(03、04、09)、Rhodes(03、09)、African Traditional Percussions(05):Akira Inoue
Computer Programming(Fairlight C.M.I.)(01〜08、10)、Computer Programming(Prophet-5)(04、07〜09)、Computer Programming(Casio CZ-101)(08):Takeshi Fujii
Alto Sax(03)、Soprano Sax(06):Satoshi Nakamura
Bass(04、05、08〜10):Hitoshi Watanabe
African Traditional Percussions(04、07、10):Akira Ishikawa
African Traditional Percussions(04、05、07、10):Bebe Hanna
Strings(04、06、09):Joe Strings
Drums(06、08、09):Jun Aoyama
Alto Sax(08):Seiji Toda
Accordion(08):Mari Fukuhara


***

一風堂のボーカリスト・ギタリストとして70年代末から活動し、現在はKA.F.KAのギタリストでもある土屋昌巳が、一風堂解散後の1985年にリリースしたソロ2ndアルバム。
続きを読む

ブログネタ
CDレビュー に参加中!
櫻井敦司「愛の惑星」(2004)

01.SACRIFICE (Last Confused Mix)
02.YELLOW PIG
03.X-LOVER
04.I HATE YOU ALL
05.WONDERFUL WORLD (Injection to UK mix)
06.SMELL
07.Märchen
08.Fantasy
09.胎児
10.ハレルヤ!
11.新月
12.予感 (2004 re-construct)
13.惑星
14.猫

全曲作詞:櫻井敦司
作曲 01:Wayne Hussey/02:Raymond Watts/03:Bryan Black/04:J.G.Thirlwell aka Foetus/05:須藤寿/06:岡村靖幸/07:Robin Guthrie、櫻井敦司/08:Cube Juice/09:佐藤タイジ/10:村田有希生(my way my love)/11:土屋昌巳/12:Ronny Moorings、Anke Wolbert/13:岸田研二/14:川瀬昌知
編曲 01:Wayne Hussey/02:Raymond Watts/03:XLOVER/04:J.G.Thirlwell aka Foetus/05:髭/06:岡村靖幸/07:Robin Guthirie/08:Cube Juice/09:佐藤タイジ/10:my way my love/11:土屋昌巳/12:XYMOX/13:會田茂一/14:Cloud Chair


***

BUCK-TICKのボーカリスト櫻井敦司が2004年にリリースした1stソロアルバム。1stシングルと同様、1曲ごとに異なる作曲家から楽曲提供を受けているおり、クレジットを見ているとオムニバスアルバム全曲に櫻井がボーカルを取っている、そんな感じもします。その楽曲製作陣もなかなかに豪華な面子ですよ。

以下各曲について。

続きを読む

このページのトップヘ