一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

タグ:黒色すみれ

BUCK-TICK『形而上 流星』(2014)

DISC1 (CD)
01. 形而上 流星
02. メランコリア -ELECTRIA-
03. VICTIMS OF LOVE with黒色すみれ

全曲作詞:櫻井敦司
全曲作曲:今井寿

DISC2 (Blu-ray / DVD) (初回限定盤A / Bのみ)
LIVE at 郡山市民文化センター 大ホール(2013.12.23)「THE DAY IN QUESTION」
01. STEPPERS -PARADE-
02. 羽虫のように
03. RHAPSODY
04. KISS ME GOOD-BYE
05. 太陽ニ殺サレタ
06. LOVE PARADE
+東北LIVE DOCUMENT

発売日:2014/05/14
品番:TKCA-74090 (初回限定盤A)、TKCA-74091 (初回限定盤B)、TKCA-74092 (通常盤)

Members
Vocal:SAKURAI ATSUSHI
Guitars、Electronics and Chorus:IMAI HISASHI
Guitars:HOSHINO HIDEHIKO
Bass:HIGUCHI YUTAKA
Drums:YAGAMI TOLL

Synth Manipulate (01):Cube Juice
Manipulate & Synthesizer (02):YOW-ROW [GARI]
Keyboard (03):MORIOKA KEN
Backing Vocal & Accordion (03):ゆか [黒色すみれ]
Violin (03):さち [黒色すみれ]

BONUS DISC Director:HAYASHI WATARU


***

BUCK-TICKのメジャー32枚目のシングル。タイトル曲と「メランコリア」は、翌月にリリースされたアルバム『或いはアナーキー』に収録されていますが、どちらもアルバムとは異なるバージョンとなっています。

まず初回限定盤ディスクの方を取り上げますと、東北3県+武道館のツアー「THE DAY IN QUESTION」から、2013年12月23日・郡山市民文化センターでのライブより6曲を収録。公式サイトのセットリストを確認する限り、本編・アンコールから満遍なくセレクトした構成になっています。
「東北LIVE DOCUMENT」に関しては、曲間に他会場の開場時の風景・ライブ本編ダイジェスト・開演直前のメンバーの様子などが、短時間挿入される形になっており、インタビュー・長時間のオフショット等があるわけではないので、ドキュメントの量に期待する人はちょっと気を付けたほうが良いかもしれません。
個人的には、ギターソロがクリスマスソングメドレーに変わっている「RHAPSODY」、良い意味で観る側を黙らせるパワーを感じた「太陽ニ殺サレタ」等、ボリュームは少ないながら楽しめる特典でした。

続きを読む

「@-Live.006 -箱庭の音樂会-」@初台DOORS 2014/09/13

初台DOORSで行われた「箱庭の音樂会」に行ってきました。
イベントのテーマが「クラシカル&テクニカル」ということもあってか、5組中3組にバイオリニストが在籍しており、全体的に華やかな雰囲気でしたよ。

以下出演順に。

続きを読む

黒色すみれ「アンデルメルヘン歌曲集 [新装版]」(2007)

01. アンデルメルヘン行進曲
02. 純潔は赤
03. 若きグレーテルの悩み
04. 百年の時を越えて
05. ともだちポルカ
06. 灯しび
07. 悲劇のマリオネット
08. 永久に麗しく、すみれの花よ
09. おしまいのうた
10. カノン
11. 世界一幸福な花嫁 (bonus track)
12. Lascia ch'io pianga(歌劇「リナルド」より) (bonus track)

作詞 01、03、04、06〜09、11:佐藤由佳/02、05:黒色すみれ
作曲 01、03、04、06〜09:佐藤由佳/02、05:黒色すみれ/10:Johan Pachelbel/11:Gypsy's Traditional song/12:G.Hendel

Members
Vocal、Accordion、Piano:ゆか
Violin、Piano:さち

発売日:2007/03/14
品番:KSS-001


***

ボーカル・ピアノ担当のゆか、バイオリン・ピアノ担当のさちによるユニット「黒色すみれ」の1stフルアルバム。
元々は2006年にリリースされましたが、翌年11,12をボーナストラックとして加え、ジャケットデザインも若干変更された新装版が発売。私の手元にあるのもそちらになります。

基本的には、童謡・唱歌の要素をメインにしたメロディーと上で紹介した楽器をメインとした、レトロでシンプルな音作りなのですが、それがバッチリはまっている印象。アルバムタイトルにもある通り、童話を元ネタにした物語性を持った歌詞が多い事も食い合せの良さに繋がっている気がします。元ネタ自体はアンデルセン原作オンリーではなく、有名な童話(赤ずきん、マッチ売りの少女、ヘンゼルとグレーテルetc)からまんべんなく集めたようですけれど。いかにもオペラティックなボーカルが好みを分けそうですが、コミカルでちょっとホラーな要素も持った楽曲達には、これ位主張してくれた方が個人的には。ボートラでのクラシックや民謡からの選曲もしっかりモノにしています。
V系CDショップでも扱われているものの、本人達のルーツは特にそちらにあるようではなさそうですが(スペシャルサンクスにIZAMの名前があったりはしますが、舞台方面の絡みでしょうか)、ゴスロリドレスを基調とした出で立ちやジャケットデザインは、そこから音楽性を膨らませやすいこともあって、手に取りやすいのかもしれません。(実際私も、山本タカトがジャケットを手がけたミニアルバムを店で見かけたのが興味を持った切っ掛けだったりするので)

「ヨバレテトビデルヨッチャンデス!!」がクセになる(笑)特にコミカルな色が強いマーチ調の「ともだちポルカ」・うらぶれた雰囲気のアコーディオンとバイオリンが印象的な、哀愁ある「悲劇のマリオネット」・ユニットのテーマソング的な位置づけと言えそうな、唱歌風で凛としたサビが映える「永久に麗しく、すみれの花よ」が特に好みでしょうか。
現時点で手元にあるのは本作だけなのですが、公式の試聴等で触れた範囲では、この後のアルバムでも楽曲傾向にブレは無さそうなので、レトロなアレンジやメロディー・オペラティックなボーカルが好きな人には特にピンと来やすいのではないかと思っています。



アンデルメルヘン歌曲集 [新装版]アンデルメルヘン歌曲集 [新装版]
黒色すみれ Kokusyoku Sumire

kokusyokusumire 2007-03-14
売り上げランキング : 210293

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


オフィシャルサイト(試聴あり)
myspace

このページのトップヘ