一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

タグ:101A

ローズマダー五周年記念イベント「Deep forest」@池袋手刀 2011/11/15

PAP_0046


ローズマダー五周年記念イベント。自分的には手刀2days二日目(…)
こちらも出演順に。


Make
初見。オフィシャルサイト開設が今年9月頃なので、結成間もないのでしょうか。
メンバーのヴィジュアルがバラバラだったので(ギターの方の肩パーツが目立って目立って…w)どんな曲をぶつけてくるのか未知数だったのですが、じっくりと聴かせ引きこみにかかるようなセトリだったのかなという印象を持ちました。個人的には、3曲目MC前の和風旋律が映えるバラードが好み。
ボーカルさんのブログを読む限り「暗めのセトリにした」という事なので、普段はもう少し雰囲気違うのかも知れませんが。


MUNIMUNI
ドラムのバックに「SADISTICAL PUNK」の幕が……。ベーシストの方がTESTUからTOSHIに改名してから初めて鑑賞しましたが特に大きな変化もなく(笑)、安定して浮遊感ある怨霊サウンドを聴かせてくれました。個人的に、ラストで久々にフッフーが聴けたのが嬉しい。いい加減他の音源にも手を出してみようかなぁ……。


101A
4ヶ月振りの鑑賞。前回観た時はゆったりめの曲がメインでしたが、今回は同期を使いながらも3ピース編成の音をメインに攻めてきた印象で、今まで観た中では一番オーソドックスにバンドバンドしていた気がします(個人的にはもうちょいダウナーでも良かったのですが…)。終盤、これまた久しぶりに、現在唯一持っている彼らの音源「Miranda Lethal Weapon」を演奏したのも嬉しかったですね。多分初めて彼らを観た時以来に生で聴いたので……6年振り? うわぁ……。


highfashionparalyze
登場SEがひどくゴキゲンな曲だったのでちょっとびっくり(情報求む…)。そしてKazumaがハート型の赤い眼帯を着用してて更にびっくり。何というか……このドス黒い楽曲陣の中で見ると凄いインパクトだw 1曲目の途中ですぐに外してましたが。
以前から音源収録曲の細かい所が変わってきているように思っていましたが、特に「蟻は血が重要である」はaieのギターのフレーズが音源に比べかなり変わってきており、本当に即興でやっているようにも思えたり。そしてKazumaさんがネチッこくシャウトする割合がどんどん増えていくという……。
これまでのライブでもやっている「I kill my shadow〜」の曲がどんどん気になってきているので(今回は1曲目でした)、そろそろ次の音源もですね…(チラッチラッ

※セットリスト
タイトル不明
spoiled
蟻は血が重要である
形の無い 何よりも 愛したのは お前だけが
タイトル不明



ローズマダー
昨年12月に観た時はオープニングアクトでしたが、今回は主催ということで時間もたっぷり……という訳でも無かった気がしますがそれはともかく。
今回から新しいサポートベーシストが加入という事で軽く紹介の時間もあったのですが(Chiroさんという人でした)、長髪+黒服という出で立ち+前からサポートしているギターはCalmando QualのTakという事で、一気にフロントの絵面がヴィジュヴィジュしくなったような……w
そこまで詳しく知っているバンド(mimiさんのプロジェクトという形態ですが)ではないのですが、女性ボーカルながら王道メロディアスV系に通じるような楽曲が多い印象がありました。MCでハイファッション二人の過去バンドのファンだったという事も言っていたので、その辺りにルーツがあったりするのでしょうか。

昨年のライブ感想でも書いていたのですが、ボーカルの高音が軒並みヨレてしまっていたのがちょっと残念だったかなと。力強く張り上げて歌い上げる時は問題無いのですが、裏声になると危なっかしくなる事が多く曲の世界に入り込みづらい事がしばしば……。結構凝ったセットも用意し、ステージの狭さを感じさせない動きの大きいパフォーマンスも決まっていたと思うだけに、余計にもどかしいものがががg
活動年数に対してあまりライブをやっていないっぽい? ので(アンコールも今回初めて応えたとの頃)、場数を踏んでいけば良い方向に行けそうなのですけどね。

***

振り返ると、暗黒寄りの2バンドを挟んで出演順の緩急も良くついていたイベントだったのではないでしょうか。今思えば、Kazumaさんのハート眼帯は彼流の5周年祝い的なアレだったりした……のか?w

「機械的、宴」@池袋手刀 2011/07/11

110711_1855~01


ライブ不精の自分には珍しく、そこそこのペースで行っている気がする池袋手刀。シッティング公演という事で、ピクニック状態で観る事になるのか…!? 等とちょっぴり思っていましたが、普通にフロアに椅子が並べてある形だったので一安心しました。
開演直前に入ったのですが、その時点で8割ほど埋まっていた印象。イベント終盤には後方で立ち見も出来ていましたよ。…入り難い席はちょこちょこ空いてましたけれど.

以下出演順に。


紅ノ桜
The candy spooky theatreのJackとemmuree/NOISY CROWDSのハルカによる新ユニット。スクリーンが上がると、黒ずくめの二人がいましたが、ジャックさんはキャンディー〜で観るゾンビメイクとはまた違った雰囲気でした。
まずジャックが台に置いたものを弄りだしたので、打ち込み系の音なのかな? と思っていたら、それが水平に置かれたベースでガーガーとノイズを撒き散らし始めたのでびっくり。曲の骨子はギターが担当し、その隙間をそのノイズ(ハルカの怪音ギターもちょこちょこ絡む)で埋めていく印象で、ノイズ塗れのカオスな曲と歌モノ寄りをほぼ半々やっていました。予備知識無しで観たのもありますが、インパクトに関してはこの後のハイファッションパラライズを超えていたかもしれませんw 一発目のライブで慣れていないのか、二人とも譜面台に目が行きがちな印象でしたが、また対バンで見る機会があれば観てみたいですね。いや凄かった…。


101A
過去ログを遡ったら、ほぼ一年振りの鑑賞だった101A。
冒頭はギターボーカルのnoahのみがステージにおり1曲弾き語り。その後ドラマーSallyがステージに上がり2曲ほど演奏、最後にベースのthe kが登場しました。
昨年観た時はデジタル要素も取り入れた音でしたが、今回はスリーピースのみで浮遊感のあるギターを前面に出した楽曲がメインだった印象でした。少し方向性が変わったのか、今回は番外編的なライブだったのかは分かりませんが、座って落ち着いて見られるイベントには合っていたような。因みに、noahさんthe kさんも座って演奏していました。


highfashionparalyze
観るのが都合3回目になったハイファッションは…お経じゃなかった!!(そんな) シングル聴いたのも大きかったのか、大体の曲の区別もつくようになった、ような。1曲目のspoiledなどは、音源にあったドロドロさよりも若干熱いアレンジになっていた気がしますが、そもそもあれは本当にspoiledだったのか…あれ!? 区別ついてなくないですかdodoさん??
それはともかく;結成一年を超え、張り詰めたダーク空気を纏ったステージングは維持しつつ、段々と見せ方を探っている時期なのかもしれませんね。
ステージで座り込んだり柵に腰掛けたりするKazumaも初めてちゃんと見えましたしw、意外とシッティング公演という形に合っているユニットなのかもしれません。最前の席に居た人は眼前で客席を見渡す(アレは寧ろ凝視している…)Kazumaさんが怖かったかもしれませんが。

・セットリスト
spoiled
(タイトル不明)
蟻は血が重要である
(タイトル不明)
形の無い 何よりも 愛したのは お前だけが



余談:加納キカイへの転換中、サウンドチェックに紛れてD'ERLANGER「DARLIN'」のイントロが度々聴こえてきました。摩天楼さんか想さんか…w



加納キカイ
emmureeの想とmunimuniの摩天楼によるユニット。
想さんのソロ出演名義であるキカイは一度観たことがあるので、二人で弾き語りでもするのかな? と思っていましたら、打ち込みを交えた椅子に座ってのギターを弾き語るのは記憶の通りで、そこに摩天楼さんがフワフワとした空間的なギターで色を付けるというスタイルでした。というか摩天楼さん、ライブ中終始後ろを向いており、ただでさえ髪の毛で見えづらい顔が、今回全く見えませんでした。客側に向かって90度以上顔を向けた時無かったんじゃないかと…。
そんな訳で、雰囲気的には最初の紅ノ桜に近い所があるかもしれませんが、こちらが至ってマイペースに感じるのは、やはりゆるーいMCがあるからなのでしょうか。演奏始まって早い段階で想さんのギターの弦が切れ、対応に苦慮していた様子もあり、意図しないところでgdgdになってしまっていた部分もありましたが、まったりしつつ曲では歌いあげるボーカルは堪能することが出来ました。アンミュレからは「祈り」等が演奏されていましたが、打ち込みを使ったこちらのバージョンも中々でしたよ。

因みに、8月23、24日に手刀で行われるカバーイベントの告知で、
想「僕達、LUNA MATTINOというオリジナルバンドをやっているんですけれども」
から始まり、
「良かったらCDで予習してから来てくれると嬉しいです。CD出すときに誤植をしてしまったバンド名が広がってしまったんですが…CDの方にはLUNA SEAって書いてありますので」

色々ひどいww

***

座席付き公演で体力的に楽という事に加え、各バンドとも30分有るか無いかの持ち時間だった為、ライブの濃さに対して時間的にはわりとあっさり気味な印象のイベントでしたが、平日夜だしこれ位がいい塩梅かもしれませんね。今回、割りと近しい所の音を出している人達が集まった感もあるので、目当てバンドは一つだけの人も全体的に気になったのでは、と思ったり。個人的には、とにかく紅ノ桜のインパクトが凄まじかった…w

MUNIMUNI主催「CRY FOR THE MOON GIG」@池袋手刀 2010/07/11

久し振りにライブへ。興味のある面子が集まっているイベントだったので楽しみにしていました。入場時にバンド別の缶バッジが貰えたのですが、微妙に暗かったのであまり確認できないままに取ってしまいました(後で見たら101Aでした)。

以下出演順に。


101A
見るのが実に5年振りとなる101A。当時は二人組でしたが、今はギターボーカル、ベース・プログラミング、ドラムの3人編成となっていました。冒頭からダウナーでゴシックな雰囲気のある楽曲で引き込みにかかってくる印象で、浮遊感のある轟音サウンドに、これまたフワフワしたnoahのボーカルが乗っており心地良かったですね。今年のサマソニ投票に応募しているらしく、MCで投票をお願いしていましたが…11日の時点で40位台というのは結構上の方なんでしょうか(一応帰宅してから一回投票してみました)。途中、ベースの人が神と崇めているらしいNINE INCH NAILSの「Piggy」のカバーを披露していましたが、ちょうどその時にギターがトラブっていたようなのがちょっと残念。そのカバーを境に後半はロック色の強い激しい曲で攻めていました。
トップバッターですが、50分近く演奏しておりガッツリ聴くことが出来ました。
オフィシャルサイト
MySpace


SPEECIES
元JUBILEEのボーカルSADIEが率いるバンド。元Art marju duchainの怪が復活するニュースが出た際(結局実現しませんでしたが)、SADIEがサポートメンバーの一人として紹介されたり、ちょっと前からMySpaceの試聴を聴きまくったりして、地味に気になっていたバンド。101Aの演奏中に、肩にゴツい物が付いたジャケットの人が前を通ったのですが、彼がそのSADIEさんでした…ビビったw
試聴でのイメージ通り、ちょっと懐かしさを感じる、デジタルサウンドメインのキャッチーなテクノポップだったのですが、意外とギターも前に出ている感じもしました。この日はドラマーが欠席だったので、普段はもっとバンドバンドしているのかもしれません。パフォーマンスも無機的なのかなと思いきや、サタデーナイトフィーバーの例のポーズを取ったり、演奏中のギタリストを「ギター頑張れ! 半年前より下手になってるけど!」イジったりとw、色々やっていましたね。他のバンドより時間がちょっと短かったかな? 曲数的には他とそんなに変わらないと思うのですが。何にせよ楽しかったです。
後で物販にてアルバムを購入。
オフィシャルサイト
MySpace


SPEED-iD
約2年振りに見たSPEED-iDのステージ。ホラーなBGMが流れ始、配信限定のライブアルバムにも入っているSisters Of Mercyのカバーから始まりました。しかしボーカルの優朗さん、最後に見た時よりかなり、こう…ずんぐりされたような(苦笑)。本人も気にしているのか、MCで「恰幅が良いと言うんだ、太ってるって言うなよ!」と言っていましたが。体も大きくなって声も大きくなったのかは分かりませんが、轟音の中声が埋もれていなかったのは良かったです。その替りコーラスのLIKAの声があんまり聴こえてこなかったような。不気味なパフォーマンスも面白かっただけにちょっと残念。
前半には新曲を続けて2曲披露。どちらも攻撃的なロックナンバーで前方のファンの反応も良かったように思いました。スタジオでは上手く行かず、今回のライブで初めて完走出来たそうですが…マジかw 後半は現時点の最新作iNDEEPからの選曲で、こちらは自分の中のブランクを感じない、いつも通りと言えばいつも通りのステージでした。
そしてやっぱりグダリ気味の(好きですが)MCで、ドラムのHALが貸してくれたタオルがピンクのハート入りで気に入らないとか、選挙当日という事もありLIKAさん曰く若干アウトな選挙ネタとかを話しながら、今回演奏した新曲を含む新譜を年内にリリースするという発表が。…まあ、iNDEEPのリリースが数年単位で遅れたのを考えて、スケジュールに過剰な期待はせずに楽しみにしていようと思いますw

01.THIS CORROSION(Sisters Of Mercyカバー)
MC
02.(新曲)
03.(新曲)
MC
04.JUSTICE FOR BLOOD LUST
05.ARMY OF THE CHURCH UNDER THE MOON
MC
06.DEPTH
07.DON'T FEAR YOURSELF

オフィシャルサイト
MySpace


MUNIMUNI
ラストは主催のMUNIMUNI。昨年、やはりこのライブハウスで見て以来でしたが…こんなに怖いバンドでしたっけ。過去一回見たきりなので判断は出来ませんが、去年見たステージが、V系草創期の要素を確信犯的に取り入れながら、今のバンギャルさんも楽しめるパフォーマンスをしていたのに対し、今回は本気で「V系以前(リアルタイムで聴いてた訳もないのであくまで想像ですが)」のダークなサウンドを目指しているように見受けられました。ライブなんですが、ステージの上だけ微妙に次元がずれているというか。ボーカル摩天楼のフニャフニャした歌い方も、怨霊の囁きみたいでしたし。そして前髪で顔が全く見えませんしw V系色が強くないイベントだったというのもあるかもしれませんが、最後に物凄いものを見させていただきました。
オフィシャルサイト
MySpace


ライブに飢えていたこともあり、4バンド共じっくり楽しめました。それにしても、ステージ転換中にスクリーンで流れていたのが、モリゾーとキッコロのアニメだったのには何か理由があったのでしょうか…w

このページのトップヘ