一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

タグ:D'ERLANGER

V.A.「PARADE RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK」(2012)

01. Acid Black Cherry / ROMANESQUE
02. BREAKERZ / JUST ONE MORE KISS
03. cali≠gari / MISTY ZONE
04. POLYSICS / Sid Vicious ON THE BEACH
05. 氣志團 / MACHINE
06. MERRY / 悪の華
07. MUCC / JUPITER
08. Pay money To my Pain / love letter
09. D'ERLANGER / ICONOCLASM
10. N'夙川BOYS / EMPTY GIRL
11. THE LOWBROWS / エリーゼのために (THE LOWBROWS REMIX)
12. acid android / SEXUAL×××××!
13. AA= / M・A・D

作詞 01、04、09〜11:今井寿/02、03、05〜08、13:櫻井敦司
作曲 01〜06、08〜13:今井寿/07:星野英彦

発売日:2012/07/04
品番:TKCA-73785


***

2012年にメジャーデビュー25周年を迎えたBUCK-TICKへのトリビュートアルバム。
2005年の「PARADE」に続いて2度めのトリビュート盤ですが、BUCK-TICKと同年代、もしくは先輩格の面子が目立った前回に比べ、今回は一世代下:リアルタイムで影響を受けた世代がメインに構成されている感があります(デランジェがいたりはするけど)。そのせいか、選曲が結構初期寄りになっているのですが(13曲中、初出時の音源が80年代のものが6曲。91年「狂った太陽」収録曲まで含めると10曲に)、蓋を開けてみれば参加者が各々上手く料理してきた印象があります。

以下各曲について。
参考までに、オリジナルバージョンが収録されている主な音源も付記してみたり。


続きを読む

D'ERLANGER「LA VIE EN ROSE」(1989)

01.UNDER THE PRETENSE
02.LA VIE EN ROSE
03.1999〜Shyboy story〜
04.DEAR SECRET LOVER
05.SADISTIC EMOTION
06.an aphrodisiac
07.INDECENT-TWO-PERSONS
08.LULLABY
09.I CAN'T LIVE WITHOUT YOU
10.LAZY SLEAZY

作詞 02、04、07〜09:CIPHER/03、06、10:KYO/05:D'ERLANGER
作曲 01:CIPHER、KYO、POPPO/02〜10:CIPHER
編曲 01:CIPHER、KYO、POPPO/02、04〜10:D'ERLANGER/03:JIMMY、D'ERLANGER

発売日:1989/02/10(オリジナル盤)、1995/04/21(1995年リマスター再発盤)2007/4/18(2007年リマスター再発盤)
品番:002XCD(オリジナル盤)、BVCR-1009(1995年再発盤)、BVCK-17009(2007年再発盤)


***

D'ERLANGERが1989年にインディーズでリリースした1stアルバム。インディーズ・メジャー含めて何度か再版されていますが、私が持っているのは1995年にwith-remasteredとしてリマスター再発されたものになります。

ヴィジュアル系黎明期の代表的バンドの一つである彼らの歴史に関しては、自分なんかより詳しい人の解説がネットに沢山あるでしょうから、細かい事はそちらに任せるとしましてここではザッとだけ。何度かのメンバーチェンジ後、このアルバムのリリース時のメンバーは、ボーカル:KYO、ギター:CIPHER、ベース:SEELA、ドラム:TETSUでした。1990年にはメジャーデビューしアルバムもリリースしましたが、その年の内に突然解散。その後のメンバーは各々の活動を続けてきましたが(CIPHERとTETSUはBODY→CRAZEとほぼ活動を共にしていたような気もしますがw)、2007年には解散時のメンバーで再結成を果たし、2010年現在ではオリジナルアルバムを再結成後3枚リリースしているなど、元気に活動しているみたいです。

バンドやメンバーのキャリアは知りつつも、このアルバムをきちんと聴いたのは再結成のニュースが入ってきた2007年の初め辺りだったのですが、一聴した時は、思ったよりずっと明るいなという印象がありました。「LA VIE EN ROSE」や「SADISTIC EMOTION」のライブで盛り上がりそうなパンキッシュな曲、メロディーに歌謡曲的な妖しさを持った「DEAR SECRET LOVER」や「INDECENT-TWO-PERSONS」、シャラシャラしたギターと鐘の音がダークで乾いた雰囲気を出している「an aphrodisiac」、ちょっと懐かしさを感じる明るく突き抜けたサビが印象的な「LULLABY」など、パンクとビートロックのノリの良さを融合させたようなアッパーな楽曲が並んでいるのですが、ほんのりダークな味付けをした曲も目立っています。バンドの煽り文句? として載っている「SADISTICAL PUNK」という文句にも何となく納得してしまうのでした。音質的な面もあるのかも知れませんが、前面にバシバシ出たリズム隊とその上で好き勝手に暴れている印象の軽めのギターという音のバランスにも、その印象を一層強められたり。あとKYOの声が凄く若い! DIE IN CRIESやソロを先に聴いていたので、彼のハスキーな声だとはすぐに分かるのですが、まだあの特徴的な枯れたボーカルへは発展途上という感じで、この時点ではまだちょっと声が低いですねw また02、06、08、09はメジャーでも新録されました(「LA VIE EN ROSE」は「BARA IRO NO JINSEI」と改題)。

個人的には更にダークで乾いた色合いを強めた次作「BASILISK」の方が好みだったりするのですが、80年代っぽいビートやメロディーにダークなパンクという要素を合わせた楽曲達は、今でも面白く聴けるのではないでしょうか。現在のヴィジュアル系の流れにも何処かしら通じるものがあるはずです。

***

Amazon(試聴あり)
1995年再発盤
LA VIE EN ROSELA VIE EN ROSE
D’ERLANGER

BMGビクター 1995-04-21
売り上げランキング : 31922

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2007年再発盤
LA VIE EN ROSE(紙ジャケット仕様)LA VIE EN ROSE(紙ジャケット仕様)
D’ERLANGER

BMG JAPAN 2007-04-18
売り上げランキング : 108467

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このページのトップヘ