一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

タグ:Hora

Schwarz Stein「Recurrence of Hallucination」(2011)

01.REMIND
02.PREDICT -Rosen Clarion-
03.HYPNOS
04.GENUINE -Recurrence-
05.SIRIUS -Hallucination-

作詞 02〜05:Kaya
全曲作曲・編曲:Hora

発売日:2011/07/31
品番:KH-02


***

Kaya(ボーカル)・Hora(キーボード、プログラミング)によるユニットで、2003年に解散した「Schwarz Stein」が、2ndアルバム「Artificial Hallucination」以来8年振りにリリースしたミニアルバム。現在の所Horaのオフィシャルサイトでの通販のみの扱いになっています。本作発売直後に一日再結成ライブも行われました。8年振りと書きましたが、2006年にはanother cell名義でのリリースがあったり、解体後のKayaソロにはHoraから継続的な曲提供があったりと、そこまでのブランクは感じなかったのも正直な所(寧ろもう8年経っていた事への驚きが…w)。個人的には、昨年Horaが体調面を理由に活動休止をしていた事もあり、ひとまず復帰が叶った事が嬉しかったりしました。
楽曲面では、5曲中3曲がHoraのソロアルバムからのリメイクという事もあり(サブタイが付いている02、04、05)、シュヴァルツシュタインやお互いのソロからの連続性を感じられる、耽美でダンサブルな楽曲がならんでいる印象があります。

以下各曲について。


01.REMIND
バックでポーンとゆっくり鳴るシンセの音色が心地良い、冷たくも高揚感を感じるトランス調のインスト。3分程の尺となっており、個人的にはもっと長くて良い位ですが、今回はソロではないので導入としてはこれ位で――という事でしょうか。

02.PREDICT -Rosen Clarion-
Horaの6thアルバム「REIGN」収録曲のボーカル入りバージョン。ダークでクラシカルな旋律を含みつつアッパーなアレンジはほぼそのままですが、低音ボーカルが入った事でサビパートのキャッチーさが更に上がったように思います(あとサビまでの繋ぎの長さや細かいタメの部分等が変更されているようです)。取り敢えず解体前の彼らを思い出させられる王道的な楽曲になっているのではないかと。

03.HYPNOS
流麗で物悲しいメロディーが立っている、哀愁ダンスナンバー。過去曲ですと「Current」辺りに雰囲気が近い気もしますが、あちら程トランス色は強くないかな? もうちょっと音が詰まっている方が個人的には好みではありますが、ゆったりとした歌メロとループするバックの音の対比も面白いです。

04.GENUINE -Recurrence-
原曲は「REIGN」、及び8th+ベストアルバム「WISDOM」にリマスタリングされ収録。
こちらも哀愁を帯びたメロディーが前に出た、沈んだ雰囲気のダンスナンバー。歌メロは原曲の主旋律をそのままなぞっていたりと、アレンジに大きな変化は感じられませんでしたが、どちらかと言うと軽快な印象だった原曲が、声が入る事により切なさが強調されて聴こえるのは興味深い。最初は地味に感じましたが、段々とループするサビが癖になってきます。

05.SIRIUS -Hallucination-
原曲は7thアルバム「domiNATE」に収録。
元々テンポの遅い曲ですし、派手な印象があったという事でもないのですが、キラキラとした装飾のあった原曲よりも、ボーカルの歌い方によって切々と噛み締めるように進行するイメージがあります。改めて聴くと、こういう曲はKayaソロでは作らなくなっていた気もするので、やはりHoraの中で何処かに線引きはあるのかなと。

***

5曲中3曲が既存曲のリメイクという事で、正直量的な部分で食い足りなさを感じたのは事実ですし、攻撃的な曲が一つ入っていればもっと流れにメリハリが出た気もしますが…まぁそういう曲は現在のKayaで聴けますし好みの問題なので。逆に、解散以来久々に彼らの名前を聞いたという人にとっては、安心感を持って聴くことの出来るのではないでしょうか。本作からお互いのソロへ、というのもすんなり行けると思いますし。何だかんだ言っても、この音にこのボーカルという取り合わせは好みに入るのだなと思わせられたCDでした。
冒頭に述べた通り限定生産なので、欲しい方は早目に購入した方が良いかもしれません。

recurrenceofhallucination

Horaオフィシャルサイト

another cell「another cell」(2006)

01.ARCHETYPE.01
02.Blazing darkness
03.INNER UNIVERSE -cybermated-
04.funerary dream
05.FROZEN PAST -raze-
06.黒揚羽
07.INDWELL -outer planet-
08.ARCHETYPE.02

作詞 02、04、06:Kaya/03、05、07:Hora
全曲作曲:Hora


***

2004年に解散した「Schwarz Stein」のKaya(ボーカル)とHora(キーボード、プログラミング)が今作限定で結成したユニット「another cell」のアルバム。シュヴァルツシュタインの前身ユニット時代の曲やHoraのソロアルバム収録曲の新録バージョンも含まれています。
楽曲の方ですが、解散からそこまで時間を置かずに同じメンバーが集まっているので当然かもしれませんが、ほぼSchwarz Steinの音と言って差し支えないと思われる、Kayaの艶のあるヴィジュアル系ボーカルが乗ったダークなダンス・トランスサウンドを展開しています。

以下各曲について。

続きを読む

このページのトップヘ