一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

タグ:Junji

HALATOIN「down to the wire」(2005)

01.to my mind
02.The chain
03.HALATION
04.hysteria
05.B>I<P(SKIT)
06.morrow
07.narrow escape
08.trouble(SKIT)
09.SPACE
10.last moment
11.bics
12.baptism by effusion
13.freeway baby
14.one

作詞 01、03、14:Junji,Saki/02、04〜10、12、13:Junji
全曲作曲:Junji


***

元Laputaのベーシストで2009年にはC4に加入した、Junjiによるソロユニットの1stフルアルバム。先行シングル「"The chain"」からはタイトル曲と「to my mind(アルバムバージョン)」が収録されています。「to my mind」はJunjiのボーカルパートが追加され曲の尺も延びており、こちらの方がオリジナルなのかな? といった感じが。
基本的にはシングルの方向をそのまま突き詰めたような、エレクロトロ色の強い曲が並んでいるのですが、後期Laputaにあったアッパーさ、と言うよりは心地よい浮遊感のあるデジタルポップといった感触の曲が多い印象があります。と言っても、女性ボーカルを使ったギラギラした音が気持ちいいアッパーチューン「HALATION」「baptism by effusion」や潰れたギターとエフェクトのかかったボーカルが前に出た「morrow」など、アルバムの流れは一本調子にはなっていないので聴いていて退屈になってしまう、という事はありませんでした。フニャフニャしたJunjiのボーカルは取り立てて上手い! という訳ではありませんが、エフェクトの使用や今回ゲストとして多く参加している2人の女性ボーカルとの絡みによって、楽曲の邪魔にはなっていないと気がします。というかJunjiは女性ボーカルと組むと結構しっくり来る曲が多いような気が…本格的に誰かとユニットやりませんか?w
全体的にデジタルサウンドとギターが前に出た聴き易いポップアルバムになっている印象なので、後期のラピュータが好きな人のみならず、デジタルサウンド多目のポップスが好きな人には結構お勧めできるのではないかなと思います。

***

Amazon
down to the wiredown to the wire
HALATION

エイベックス・マーケティング 2005-08-17
売り上げランキング : 149679

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


オフィシャルサイト
Yahoo!ミュージック(試聴あり)

HALATION「"The chain"」(2005)

CD
01."The chain"
02.Freedive
03.to my mind(voco mix)

DVD
01."The chain"(video clip)

作詞 01、02:Junji
全曲作曲:Junji


***

2004年に解散したLaputaのベーシスト、Junjiのソロユニット「HALATION」の1stシングル。DVDには「"The chain"」のPVが収録されています。後期のLaputaはデジタルサウンドを大々的に取り入れていましたが、その後期の作曲に多く関わったJunjiのソロいう事もあってか、こちらもデジタル色の強いサウンドになっています。

以下各曲について。

続きを読む

このページのトップヘ