一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

タグ:KAMIJO

KAMIJO『Symphony of The Vampire』(2014)

01. 第一楽章「Presto」
02. 第二楽章「Sacrifice of Allegro」
03. 第三楽章「Royal Tercet」
04. 第四楽章「Dying-Table」
05. 第五楽章「Sonata」
06. 第六楽章「満月のアダージョ」
07. 第七楽章「Throne」

全曲作詞・作曲:KAMIJO
全曲編曲:Atelier Temple

Recording Band Menbers
Guitar:Anzi
Bass:Ju-ken
Drums:Kei Yamazaki

Addtional Musicians
1st Violin:Crusher Kimura
2nd Violin:Naoko Ishibashi
Viola:Shoko Miki
Cello:Masutami Endo
Acoustic Guitar:Keiishi Takahashi
Chorus:CHISEL
Manipulator:Yasuharu Ikeda


BONUS CD(初回限定盤Cのみ)
映画『ヴァンパイア・ストーリーズ』サウンドトラック
01. Escape
02. Battle with The Mixed
03. Eyes of Ai
04. at The Room
05. Dream
06. Usual
07. Hide-Out
08. False Face
09. The Mixed
10. Attack
11. Confession
12. Denial
13. Calling
14. Death of Midori
15. Brothers
16. Heart
17. ooze out
18. Game
19. Title of Vampire Stories
20. Approach
21. Theme of Ai
22. Recall
23. Garlic
24. Ringing
25. Ruin
26. Battle with The Mixed II
27. to Sei
28. The Creature
29. Think of Hisako
30. Departure
31. Conflict
32. Death of Asagi

Manipulator:Yasuharu Ikeda

発売日:2014/03/05
品番:WPCL-11720/1(初回限定盤C)

***

LAREINE、Versaillesのボーカリスト:KAMIJOが、ソロとして2014年にリリースしたミニアルバム。
ソロ名義としては本作がメジャーデビュー作品となります。
自分の手元にあるのは、KAMIJOさんが音楽監督を務めた映画『ヴァンパイア・ストーリーズ』(2011)のサウンドトラックが付いた初回盤Cになりますが、アルバム全曲のMVが収められたBlu-rayもしくはDVDが付いた初回盤A、Bもあります(収録映像自体は同一)。
続きを読む

Node of scherzo「Node of scherzo」(2007)

01.Node of scherzo

作詞:Node of scherzo
作曲:KAMIJO

発売日:2007/10/31
品番:SASCD-029


***

Kaya、Juka(現在はShauraに改名)、VersaillesのKAMIJOの3人のボーカリストによるプロジェクト「Node of scherzo」のプロジェクト名を冠した1曲入りシングル。確か同名の合同イベントで披露された曲だったかな?

ヴィジュアル系の中でも耽美でメロディアスな楽曲を得意とする三者が集い、かつ作曲がKAMIJOという事もあってか、シンフォニックサウンドがごってりと盛られた、重厚な楽曲になっています。三人とも似ている声質なのですが、交互に歌うパートを聴くとやはり微妙に違っているなと思ったり(LAREINE時代のKAMIJOの歌い方なら、ある意味分かりやすかったのですがw)。サビは三人の合唱で、分かりやすいフレーズを繰り返すものとなっており、ライブでは観客も一緒に歌っている画が浮かんできます。
しかし、この手の大団円的な空気を持った曲は、先程書いたようにライブでのクライマックスや、アルバムのラストにおいては物凄いパワーを発揮すると思うのですが、1曲のみのシングルとして聴くとちょっと唐突感があるというか、映画のエンディングロールのみをいきなり見させられているような気分にもなったり(苦笑) 欲張りを承知で言うと、この3人が参加したオムニバスやオリジナルアルバムのラストに配置されていれば、聞き手の入り込み方は大分違ってきたのでは…と思ったりします。
とは言え、やはりこの手の壮大でクラシカルな楽曲は、自分のツボに入るのは間違いない訳で。この3人の関わってきた音が好きな人なら(一番近いのはやはりVersaillesでしょうけれど)、気に入る可能性は大きいと思っています。

***

Amazon
Node of ScherzoNode of Scherzo
ノード・オブ・スケルツォ

Sherow Artist Society 2007-10-31
売り上げランキング : 370404

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このページのトップヘ