一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

タグ:Kagrra

Kagrra『恋綴魂』(2002)

01. 恋綴魂
02. 恋綴魂 ushimitsu:刻ver
03. 恋綴魂 unplugged ver

作詞:一志
作曲:Kagrra

発売日:2002/10/04
品番:PTSA-0024

Members
Vo:一志
Gt:楓弥
Gt:真
Ba:女雅
Dr:白水


***

桜舞い散るあの丘で』と同時にリリースされたKagrraのシングル。前身名義であるCROWから改名後、最初に出されたデモテープ収録曲のリメイクとなっています。

現時点でデモテープの方は未聴のため比べられないのですが、まず耳につくヒラヒラ反復されるクリーンなギターに不気味な印象を与えられる楽曲。サビは疾走感がありますし、優雅な和風メロが前に出てくるのですが、どこか冷たく薄暗い雰囲気をまとっており、疾走感という点で共通しているはずの「桜舞い散る〜」とは対照的な楽曲となっているのが面白い。スタイリッシュな和風ホラーと呼べば良いのでしょうか。

2、3曲目には、タイトル曲のバージョン違いがそれぞれ収録。
「〜ushimitsu:刻ver」は、水の滴る音などによるアンビエント風アレンジの前半から、デジロックアレンジの後半とで分けられており、ダークな色合いが増した印象を受けます。
「〜unplugged ver」は、タイトル通りアコースティックアレンジによるバラードバージョン。サビ→Cメロ→サビと、構成がかなりシンプルになっています。

実質1曲で1500円、というコストパフォーマンスの悪さによって、当時は熱心なファン以外が食いつきづらい音源になってしまっていたきらいはありますが、楽曲自体は初期の名曲と言って差し支えないかと。
現在は「桜舞い散る〜」と共に、インディーズベストにリマスタリングされ収録されているため、バージョン違いにこだわりがない人はそちらの方を手に取ったほうが良いかもしれません。


2005年再発盤(試聴あり)
恋綴魂恋綴魂
Kagrra

PS COMPANY 2005-11-23
売り上げランキング : 157475

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Kagrra『桜舞い散るあの丘で』(2002)

01. 桜舞い散るあの丘で
02. 桜舞い散るあの丘でkaeri:咲-弐零零弐 ver.
03. 桜舞い散るあの丘で unplugged ver

作詞:一志
作曲:Kagrra

発売日:2002/10/04
品番:PTSA-0025

Members
Vo:一志
Gt:楓弥
Gt:真
Ba:女雅
Dr:白水


***

恋綴魂』と同時にリリースされたKagrraのシングル。こちらは前身バンドであるCROW時代に所属していたKEY PARTYのオムニバスアルバム、『HOLD YOUR KEY 2000』参加曲のリメイクとなっています(オムニバスでのタイトルは「葬春華舞い散るあの丘で」)。

終始展開される切ない歌メロはもとより、サビで疾走パートに入っても持続する儚げな雰囲気、間奏前に拍子が変わるCメロなど、ほぼツボを押されっぱなし。桜をテーマにした楽曲は、このバンドに複数存在しましたが、その中でも、個人的に初期指折りの名曲として存在感を持つ1曲となっています。
オムニバス版との違いとして、冒頭のバラードパート・Aメロの一部・ラストサビ前の語りを含むブレイクがカットされており、シングル版はコンパクトな構成となっていることが挙げられます。オムニバス版の方を先に聴いていたこともあり、どうしてもそちらの印象が強く、シングルバージョンは若干アッサリしているようにも思えるのですが、この辺はおふくろの味的な問題なので。ドラマティックさではオムニバス版が、疾走感ではシングル版がそれぞれの強みと言えるでしょうか。

2、3曲目には、タイトル曲のバージョン違いが収録。どちらもBメロがカットされています。
「〜kaeri:咲-弐零零弐 ver.」は、和楽器風のリズムと浮遊感のあるシンセが前に出たアレンジで、原曲の持つ穏やかな面が強調された印象。途中にライブ会場で収録されたと思しきファンの合唱? が挿入されます。
「〜unplugged ver」は、アコースティックアレンジによるシンプルなバラードバージョン。サビ始まりで、尺は3分無いショートバージョンのような構成となっています。

『恋綴魂』とほぼ同じ〆になりますが、実質1曲で1500円という値段設定が当時ネックだったものの、こちらも現在はインディーズベストにリマスタリングされて収録されているので、バージョン違いに拘りがなければ、そちらの方がお勧めでしょうか。
オリジナルバージョンが入っているオムニバスの方は、現在極端なプレミアは付いていないので、聴き比べてみるのも面白いかもしれません(メジャー流通だったのでブクオフなどでも見つけやすいと思う)。


2005年再発盤(試聴あり)
桜舞い散るあの丘で桜舞い散るあの丘で
Kagrra

PS COMPANY 2005-11-23
売り上げランキング : 528983

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Kagrra『煌』(2002)

01. 輪廻黙示録
02. 〜夢イズル地〜
03. 西遊記
04. 傀儡の躁鬱
05. 悲文
06. 罪ト罰

全曲作詞:一志
全曲作曲:神楽

発売日:2002/05/01
品番:PSTA-0020


***

2002年にリリースされた、Kagrra4枚目のミニアルバム。
前身バンドの段階から、和風な楽曲傾向は既に確立されていたバンドだったと思いますが、本作辺りから音質面でも後のメジャーデビュー時と遜色なくなってきた印象があります。

「輪廻黙示録」は、サビこそ一志の高音ボーカルによる儚げなメロディーですが、全体には疾走アレンジによる明るめな印象が残る楽曲。
先行シングルタイトル曲だった「〜夢イズル地〜」も、伸びやかな疾走ナンバー。基本的には、Aメロとサビが繰り返されるシンプルな構成なのですが、東洋的な印象を受けるそのサビメロの開放感が非常に心地良く、バンドの濃さとシングルとしてのキャッチーさを併せ持つ、本作の中でも頭一つ抜けた印象を与えられる楽曲と思っています。
シャッフルリズムにおっと思わせられる、カラッとしたポップチューン「西遊記」(実際の表記は左右反転しています)、一志さんとしては珍しく低音ボーカルで終始展開する、ダウナーな「傀儡の躁鬱」と、中盤2曲は振れ幅の大きい構成となっている印象。「〜夢イズル地〜」のメロディーがオリエンタル寄りなのは、次が「西遊記」だったからなのかしらと今更ながら思ったり。
ギターと笛風のシンセによる物悲しい旋律が反復されるバラード「悲文」は、他曲に比べ派手ではないものの、三拍子のリズム取りやその哀愁メロにツボを押されてしまう楽曲。
ラストの「罪と罰」は、サビでの疾走パートと、前後の浮遊感ある穏やかなアレンジの対比が印象的。こちらもシングルで切られておかしくない即効性を持っているのではないでしょうか。ラストのサビ後、コーラスを交えたアウトロが若干長くとられており、余韻に浸れるような構成になっているのが嬉しい。

「〜夢イズル地〜」がかなりの存在感を持っており、それ故中盤が若干印象薄くなるきらいがあるものの、ミニアルバムという尺の中で、バンドの色と(当時の)新たな曲幅を無理なく聴かせてくれる作品だと思っています。


2005年再発盤(試聴あり)
煌
Kagrra

PS COMPANY 2005-11-23
売り上げランキング : 472496

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Kagrra「夜伽噺」(2003)

01.月下想葬
02.あまふらせ たんまいな
03.奇祭

全曲作詞:一志
全曲作曲:Kagrra

Members
Vo:一志
Gt:楓弥
Gt:真
Ba:女雅
Dr:白水

発売日:2003/07/30
品番:PSTA-0040


***

2011年に活動停止、その年の内にボーカリストの一志が逝去してしまったKagrraが2003年にリリースした、全国流通としては5枚目となるシングル。この前後に出たシングル「春麗ら」、ミニアルバム「桜花爛漫」と合わせて、個人的にこの辺りがカグラをきちんと聴き始めた時期になりますね。


01.月下想葬
終始疾走感を持って展開する、ダークながらスタイリッシュな感触も持ったメロディアスチューン。
前作「春麗ら」に限らず、和楽器風のウワモノを導入していたバンドですが(後期では実際に琴も取り入れていました)、こちらではほぼバンドサウンドのみで和の香りを演出しています。高音でキャッチーに歌い上げるサビを始め、歌メロ自体は結構ゆったり気味だったりするのですが、ギターの刻み方やドラムによって、このスピード感が出されているのかなと。

02.あまふらせ たんまいな
タイトルを連呼するお経風の低音コーラスから始まる、怪し気な雰囲気を持ったアグレッシブでアッパーな楽曲。
フワフワとした声ながら縦ノリで煽るようなサビパートもインパクトがありますが、その後のアコギソロをメインとした優美なメロディーを持った間奏がまた映えるというか。
当時某雑誌に付いていた試聴CDで最初に聴いたのですが、このサビがしばらく頭から離れなかった記憶があります。

03.奇祭
冒頭の巻き舌ボーカルにおっと思わせられる、Kagrraの中でもかなり弾けたアレンジという印象のロックチューン。
全編にわたってブリブリ動くベースやBメロでの男声コーラスとの掛け合いなど、ライブでの盛り上がりを意識したと思われる楽曲ですが、サビに入るとやはり優雅に歌い上げるあたりがこのバンドらしいでしょうか。

***

前後の音源に比べても、バンドサウンドメインに作られている印象があるシングル。3曲目のような適度なラフさと和風メロの優雅さとの兼ね合いも上手く、楽曲の幅を広げるのに成功したのかなと思っています(「桜花爛漫」では、ギラギラしたダンサブルな楽曲が入ったりするんですが)。
その「奇祭」はインディーズベストに未収録だったりもするので、今からでも気になる方は是非。


2005年再発盤(試聴あり)
夜伽噺夜伽噺
Kagrra

PS COMPANY 2005-11-23
売り上げランキング : 184225

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Kagrra,オフィシャルサイト
http://www.pscompany.co.jp/kagrra,/

今年に入ってインディーズになっても変わらずガシガシ活動していると思っていたのですが、なんと…。

ブログネタ
CDレビュー に参加中!
Kagrra,「京」(2004)

01.京
02.幽現の人
03.咒
04.闇に散りけり…
05.涅槃経
06.冬幻境
07.源平闘戰譚
08.螺旋
09.徒然謌
10.愁(京MIX)

作詞 02〜10:一志
全曲作曲:Kagrra,
全曲編曲:Kagrra, 菊地大輔


***

Kagrra,のメジャー1stアルバム。タイトルの読みは「みやこ」。
インディーズ時代から和風のメロディー、和楽器の音を大いに取り入れてきたバンドですが、今作も和の要素を感じられる音作りは変わっておらず、その辺りはメジャー1枚目もそれまでのファンも安心するクォリティなのではないでしょうか。ただ今回、個人的に全体にちょっと渋めと言うか、印象が薄いまま流れていく曲が多いかな? とも。この前年にインディーズで出したミニアルバム「桜花爛漫」の方が、自分が聴いたカグラの音源の中では所謂メジャーっぽいキャッチーさやインパクトのある曲が多かったかなという気がしています。この辺りは個人の好みなのでしょうけれど。
とは言え、「幽現の人」メジャー1stシングルタイトル曲のアルバム版「愁(京MIX)」のような和風メロが映える疾走曲や、短めながらもアッパーな「源平闘戰譚」、アニソンに使えそうなメロディアスなサビを持つ「徒然謌」など即効性のある曲も入っているので、決して出来が悪いと言うわけでは無いと思います。今から聴く人は、他のアルバムを聴いてから手を出すと良いかも知れません。

***

Amazon(試聴あり)
京(みやこ)京(みやこ)
Kagrra

コロムビアミュージックエンタテインメント 2004-03-03
売り上げランキング : 31292

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


オフィシャルサイト(試聴あり)

myspace続きを読む

ブログネタ
CDレビュー に参加中!
Kagrra,「愁」(2004)

01.愁
02.戀
03.華
04.愁(一志less)

全曲作詞:一志
全曲作曲:Kagrra,


***

Kagrra,のメジャーデビューシングル。シングル「春麗ら」辺りから、ジャケットデザイン等にイラストレーターの深谷友一朗を起用していまが、今回のシングルのジャケットも彼のイラストになっています。個人的にバンドの世界観に合っている気がしてなかなか好みです。

以下各曲について。

続きを読む

ブログネタ
CDレビュー に参加中!
Kagrra「桜 2ndプレス」(2002)

01.桜 〜再会の華〜
02.碧の葬列
03.妖祭
04.沙羅双樹の子護唄
05.桜 〜再会の華〜 アコースティックVer.


全曲作詞:一志
全曲作曲:Kagrra


***

Kagrraの2ndミニアルバム。
2ndプレスにはボーナストラックとして「桜 〜再会の華〜」のアコースッティックバージョンが追加収録されています。

以下各曲について。

続きを読む

Kagrra「鵺」(2000)

01.鬼遊の唄
02.魔笛
03.鵺の哭く頃、、、
04.混沌
05.「し、み、め、ゆ、き、さ、あ」

全曲作詞:一志

作曲
01、03〜05:楓弥
02:一志



***


「和」をコンセプトに活動しているバンド、「Kagrra(カグラ)」のインディーズ1stミニアルバム。
インディーズの時はバンド名に「,」が付いていないんですよね。
因みに現在流通している3rdプレスやメジャー再発盤では「白い魔手」が6曲目に追加されていますが、現在私が持っているのは1stプレスの為、曲紹介も5曲目までになりますので御了承下さい。 

以下各曲について。

続きを読む

このページのトップヘ