一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

タグ:NOi'X

V.A.『HOLD YOUR KEY=DUAL SHOCK VERSION / DIRECTORS CUT=』(1999)

01. NeiL(DAISUKE from NeiL) / Bastard
02. Aliene Ma'riage(狂華 from Aliene Ma'riage) / 蝕
03. NOi'X(SHINA from NOi'X) / 思郷病〜ノスタルジア〜
04. Missalina Rei(ありすがわありす from Missalina Rei) / 一九九九五三〇 草々
05. Eliphas Levi(Kei from Eliphas Levi) / -糸-
06. Noir fleurir(TERU from Noir fleurir) / 骸の肖像画
07. SPEED-iD(H.L.EURO from SPEED-iD) / HOLD YOUR KEY
08. NeiL / プラチナ
09. Missalina Rei / メルヘン遊園地
10. NOi'X / DARK SIGHT

※備考
()内:一般発売盤『〜DIRECTORS CUT』内名義
08〜10:一般発売盤『〜DIRECTORS CUT』のみ収録

配布日:1999/05/30
一般発売日:1999/08/11
品番:ELCR-10026P(配布盤)、ELCR-10026(一般発売盤)


***

V系レーベル:KEY PARTYの2作目となるオムニバスアルバム。元々、前作オムニバスである『HOLD YOUR KEY 鍵を握れ1999』(1999)の裏ディスク的な扱いで、レーベルのイベントで配布されたCDが元なのですが、後にNeiL、Missalina Rei、NOi'Xの楽曲を追加し、一般流通盤としてリリースされた経緯があります。
配布盤と一般流通盤で共通する01〜07は、配布版が各バンド名義、一般流通盤がセッションバンド:GOD HANDS名義となっていますが、一部の細かい点を除き同じ音源が使用されています(因みに、その1〜7曲目までは、全てリズムが打ち込み)。
その辺の違い、またSPEED-iDの「HOLD YOUR KEY」に関しては、以前単独で記事を書いておりますので、そちらをご覧頂ければと思います。
SPEED-iD20周年を勝手に祝う (8)「HOLD YOUR KEY」『HOLD YOUR KEY=DUAL SHOCK VERSION=』(1999)

続きを読む

V.A.『HOLD YOUR KEY 鍵を握れ1999』(1999)

01. NeiL / LEVEL:E
02. Aliene Ma'riage / SUICIDE
03. Rapture / 悲しくて…
04. NOi'X / Rushed Blue
05. Missalina Rei / 桜花乱舞
06. Eliphas Levi / 硝子の中の人形
07. DEFLOWER / 黒き華(死セル種)
08. SPEED-iD / METHOD TO KILL

発売日:1999/02/24
品番:ELCR-10017


***

2000年前後に存在していたV系レーベル、KEY PARTY所属バンドの楽曲を集めたオムニバスアルバム。
既発音源からの収録と、(再録を含む)新曲が半々ずつの構成となっています。

続きを読む

NOISY CROWDS「土砂降りの中で、僕は蹲る」(2011)

01.土砂降りの中で、僕は蹲る
02.久遠〜KUWON〜
03.サンダル
04.the MAD IN MY LOVE〜僕の愛で狂ったモノ〜

全曲作詞・作曲・編曲:NOISY CROWDS

発売日:2011/09/14
品番:YGR-001

Members
Vocal:詩那
Guitar:シビィ
Bass:ハルカ
Drum:Be...S


***

2010年にまさかの再結成を果たしたNOISY CROWDS……と言ってもオリジナルメンバーはボーカルの詩那だけなので、ほぼ新バンドと捉えて問題無いとは思うのですが。詩那以外のメンバーにはemmureeからハルカ、DISHからシビィ、L'epricaからBe...Sとプライベートでも親交のあるダーク系バンドの面子が揃っています。再結成自体はハルカが声をかけて実現した経緯があるそうですが、こちらではギターからベースに持ち替えての参加になっていますね。
NOi'X時代も含め、解散前はアルバム単位のCDリリースがメインだった為、意外にもこれが初めてのシングル。まぁノイジークラウズだった頃は、曲数の少ない音源ではまだまだデモテープが主流の時代でしたからね……。現メンバーでの新曲と既存曲が2曲ずつという構成になっています。

以下各曲について。


01.土砂降りの中で、僕は蹲る
カラッとした感触のギターが印象的な、シンプルでポップなギターロックナンバー。ノアでのコテコテなイメージを持って聴くと、そのちょっとコケティッシュさすら感じる曲調にびっくりするかも知れません。詩那さんのちょっとベタッとした声がなければ、V系臭すら薄いのではないかと。間奏でちょっと疾走したりはしますが、ゆったりしたテンポで伸び伸びと歌い上げているサビに感じるような、心地良い広がりを感じさせる楽曲になっています。
ちょっとだけ後期ROUAGEを思い出したり。

02.久遠〜KUWON〜
こちらは最近の界隈の流れを意識したのかな? と思わせれられる、ラウド寄りのギターにラップ調の歌い回し(!)が乗る展開ですが、やはりサビに入ると切ないメロディーを歌い上げる、激情的なミディアムチューン。こちらもボーカルを除くとロキ○ン界隈がやっていてもおかしくない曲調かもなぁと。歌詞は2011年の震災を彷彿とさせる内容になっています。
会場で配布されたDVDによると、シビィさんがメインで作曲をしたということですが、確かにDISHでやっても違和感ないかも知れません。サビでは結構コーラスで主張してますしね……いや大丈夫だよ! メインボーカルもちゃんと聴こえるよ! ノア2ndアルバムの時みたいに録音レベル下げられてないよ!!

03.サンダル
1997年のミニアルバム「mousse」収録曲の再録バージョン。懐かしさと爽やかさを感じさせる曲調は引き継がれていますが、ギターのアレンジが原曲から結構変わっている印象を受けます。シビィもRYOTAとはまた違った方向でオレ様ギタリストっぽい感じがありますが、その辺が出ているのでしょうか…w また、「MOON LIGHT EMOTION」収録のリミックスバージョンにのみ入っていたCメロパートが今回改めて組み込まれており、ある意味十数年を経て完成したバージョンと言えるかも知れません。

04.the MAD IN MY LOVE〜僕の愛で狂ったモノ〜
オムニバスアルバム「Nostrum vol.1」、及びNOi'Xの1stアルバム「CROi'X」にボーナストラックとして収録されていた曲の再録バージョン。わざとなんでしょうがこの曲だけかなり音質が悪いw 勢いに任せて疾走するパンキッシュなナンバーで、ライブでのパフォーマンスで行われるメガホンのサイレン音もちゃんと入っています。CROi'Xを聴いた時も思いましたが、こういう曲だとベタッとしたボーカルが気になってしまう人は多いかも知れません。

***

自分の中では「看板だけ同じの事実上新バンド」という受け取り方をしていますが、敢えて位置づけるならば、NOi'Xへ改名する少し前のカジュアル寄りだった頃にが好きな人にお勧めしやすいでしょうか(リアルタイムで体験していないので何とも言えないけど)。暗黒界隈の演奏陣に惹かれて手に取ったらこんなポップでフラットなモノが……と戸惑う人も居るかも知れませんが、敢えてV系の本流から少し外れた所で楽しそうにやっているというのも、たまには良いのでは。
今後も継続的な活動を期待しています。

Amazon
土砂降りの中で、僕は蹲る土砂降りの中で、僕は蹲る
NOISY CROWDS

YELLOW GATE 2011-09-14
売り上げランキング : 412770

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


itadaki

NOISY CROWDS「MOON LIGHT EMOTION」(1997)

01.THE THEME FROM MOON RIGHT EMOTION
02.SANDAL〜ANGELIC SUMMER DUB
03.MOON LIGHT EMOTION
04.メランコリィ
05.SLEEP
06.MOON LIGHT EMOTION〜HALLOWEEN MIX

作詞 03:SHINA/04、05:SHINA & RYO
作曲 03〜05:RYO
リミックス 01、02、06:EURO

発売日:1997/10/25
品番:KIPT-003


***

前作「mousse」から3ヶ月後にリリースされた、新曲3曲+リミックス3曲で構成されたCD。これがNOISY CROWDS名義では最後のCDという事で良いのかな? リミックスは、当時同じくKEY PARTY所属だったSPEED-iDの優朗が行っています。

以下各曲について。


01.THE THEME FROM MOON RIGHT EMOTION
3曲目を使ったリミックス…というか、アルバムのイントロダクション的な、デジタルサウンドメインの1分ほどのインスト。

02.SANDAL〜ANGELIC SUMMER DUB
「mousse」収録曲のリミックス。ゆったりとした薄く浮遊感のあるシンセと打ち込みリズムの使い方が、当時のSPEED-iDや優朗ソロそのままなのが分かりやすくて何とも…w ボーカルは原曲には無かった新規のパートや語りがはいっており、バックも原曲を使っているようには思えないので、リミックスというよりは新録バージョンと捉えるべきかも。

03.MOON LIGHT EMOTION
「mousse」に入っていてもおかしくない雰囲気のラブソング…というか、「SANDAL」を女性側から見たような感もある、アッパーなメロディアスチューン。他の疾走曲に比べるとちょっと印象薄いものの、サビのキャッチーさはやはり耳に残ります。前作に入っていたら、また違って聞こえたかもしれませんね。

04.メランコリィ
イントロから続くギターの刻みに冷たさを感じる、気怠い雰囲気のミディアムチューン。90年代のヴィジュアル系にありそうな雰囲気モノと言えるかもしれませんが、SHINAの癖のあるボーカルが良くも悪くも主張し耳に残るようにはなっています。

05.SLEEP
こちらも少し沈んだトーンですが、サビでの物悲しいメロディーが映える楽曲になっています。ギターソロと後半で少し疾走します。改めて聴くと、新曲の方は「mousse」に入らなかった暗めの曲を選んでみた所があったりするのかな、と今更ながら思ったり。

06.MOON LIGHT EMOTION〜HALLOWEEN MIX
こちらがタイトル曲のリミックス音源ですね。こちらはボーカルとコーラス、一部のギターを残しバックはダンサブルなアレンジにした、所謂リミックスと聞いて思い浮かぶ分かりやすい作りになっています。でも原曲でもあった「ギター!」の掛け声後のギターソロを入れなかったのはネタだったりするんでしょうか…w

***

何だかんだで、ラストのリミックスが一番耳に残るのは曲並びの問題なのか…。新曲がちょっと印象に薄かったりしますが、タイトル曲はなかなかカッコいいので、CDコンプしたい人は探してみても良いかもしれません。個人的にはやはり「mousse」を聴いた人用のCDかな、という印象はありますが。

***

Amazon
MOON LIGHT EMOTMOON LIGHT EMOT
NOISY CROWDS

インディペンデントレーベル 1997-10-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


itadaki(試聴あり)

NOISY CROWDS「mousse」(1997)

01.SCAR 〜傷跡〜
02.MAY BE...KISS
03.STAY
04.COOL BOY
05.PLEASE KEEP ME IN MIND
06.SONIC
07.SANDAL

全曲作詞:SHINA
作曲 01〜04、06、07:RYO/05:LUCCA
全曲編曲:NOISY CROWDS

発売日:1997/07/25
品番:KIPT-002


***

今度一日復活ライブがあるという事で(オリジナルメンバーはボーカルのSHINAだけですが)、復習がてら感想を書いてみます。需要は…あるのか?w
本作はギタリストがRYO(RYOTA)に変わってからリリースされたミニアルバム。作曲が彼メインになった事もあり、ヴィジュアル系王道とも言えるメロディアスな疾走曲が増え、この後改名するNOi'Xにほぼ近い音楽性になってきています。V系歌唱的な意味ではSHINAよりもはるかにそれっぽい(笑)RYOTAのコーラスも派手に入ってくるようになりましたし。しかしジャケットのイラストやブックレットのビジュアルは、それまで黒服系だった事も、またこの後ノアで派手な見た目になるとも思えない程にポップでカジュアルですが…ベースのLUCCAなんかほぼ素っぴんですものw

以下各曲について。


01.SCAR 〜傷跡〜
いかにも「らしい」疾走曲。NOi'Xから遡って聴くと、ちょっと音が軽く思えるかもしれませんが、割と違和感なく入る事が出来ました。RYOのコーラスもサビを中心に登場し、楽曲のスピード感を増すのに一役買っていると思います。バックボーカルの声質の方がV系っぽいのはやっぱり珍しい気がしますが…。

02.MAY BE...KISS
RYO作曲ながら、メンバーチェンジ前の音源の雰囲気を少し感じさせる、少し懐かしいメロディーが前に出た、優しい雰囲気のポップチューン。しかしここでもサビでのボーカルのハモリが効果的に使われており、SHINAだけでは平板になりそうなメロディーを盛り上げています。

03.STAY
軽めのギターと音が印象的な、少し湿ったメロディーがメインの楽曲になっています。そのメロディーとシャカシャカしたアレンジが、ちょっとだけ初期のLUNA SEAっぽいかもと思ったり。

04.COOL BOY
フヨフヨした打ち込み音が目立つ、パンキッシュな曲。ノアではRYOTAのコーラスに飲まれてしまっていた事もあり、弱めな声質と書かれることもあるSHINAですが、歌い上げると実はクセのある、結構エゲツない声質だったりします。そのボーカルのクセが、ひねくれた子供のような歌詞と相まって、かなり前に出ている曲という印象が。

05.PLEASE KEEP ME IN MIND
本作中唯一のLUCCA作曲。イントロとアウトロは穏やかなピアノソロに挟まれていますが、楽曲本編は「LIFE」に入っていてもおかしくない、歌謡メロディーが映える疾走曲になっています。しかし要所要所でギターが主張し一本調子にならない辺り、良い意味でメンバーチェンジの影響が出ているのかなと。
しかし本当に、見事なまでに作曲の主導権が変わったんだなあ…w ほぼセッションアルバム状態だったNOi'Xのラストアルバムでは、殆どテクノのような曲を作っていたりと、バンドで披露するには難しい方向に作曲傾向がシフトしていったのかもしれません。

06.SONIC
4曲目の方向を更に押し進めたような、アッパーでパンキッシュな曲。「SONIC! SONIC!」という掛け合いも小気味良いですが、サビ前の「うっふぅ〜〜ん」はやり過ぎな気がしなくもない(苦笑)。しかしそのサビに入ると、ツインボーカルで疾走する切ないメロディーが好みを直撃するので、結果的に印象は良いという。そのサビも主旋律をRYOが歌っている気もしますが、カッコいいので問題は無いですw 全体に忙しい印象の曲でしょうか。

07.SANDAL
元々はデモテープ収録の曲なのかな? カラッと突き抜けるような、ちょっと懐かしくも爽やかなメロディーが気持ち良いポップチューン。親しみやすいメロディーを前面に出したサビも、ハモりがバッチリハマっている印象です。歌詞も夏をテーマにした普遍的なラブソングになっており、改名後の耽美でダークなイメージを持って聴くと色々面白いかもしれません。NOi'Xのイメージからは少し外れた所にある曲かもしれませんが、何だかんだで本作中では一番好きだったり。

***

NOi'Xに比べるとシンプルで、若干雰囲気の違う曲も入りつつも、ほぼNOi'Xに近づいたCDでしょうか。メジャー流通だったNOi'Xの1st、2ndと比べるとちょっと見つけにくいかもしれませんが、NOISY CROWDSを遡りたい人は普通に気に入ると思うので、このCDの収録曲から聴いてみると良いと思います。

***

mousse


itadaki(試聴あり)

NOISY CROWDS「LIFE」(1995)

01.Wish Song
02.Steady Love
03.摩訶不思議〜きえる〜
04.Painting Body
05.潮騒
06.LIFE〜fairies rose〜
07.ルナの鏡

作詞 01〜05、07SHINA/06:SHINA & LUCCA
作曲 01、03、05、06:LUCCA/02、04、07:GUY
全曲編曲:NOISY CROWDS

品番:NOIZ-003


***

NOISY CROWDSが1995年にリリースした7曲入りCD。前に出た「PLASTIC CRUNCH CASE」に比べると、メロディーが立っており、若干聴きやすくなった感があります。

以下各曲について。


01.Wish Song
イントロに子供の声が入っている、ビートポップ調の曲。メロディーにちょっと懐かしさを覚えます。SHINAのボーカルは、この時点でNOi'Xに近くなっているような。

02.Steady Love
今の歌謡曲要素の入ったヴィジュアル系とはちょっと違いますが、歌謡曲要素とヴィジュアルロックが合わさったような、アップテンポのメロディアスな楽曲。音は若干軽く、サビメロも微妙に垢抜けないと言うか、のん気に歌っているような印象を受けますがw、アルバムの中では結構好みです。というかこのサビ妙に癖になるんですよ。

03.摩訶不思議〜きえる〜
テープを逆回転したような音から始まる、跳ねた感じのポップな曲。「きーえーるー」と繰り返されるサビが印象的です。

04.Painting Body
打ち込み音を入れ、若干サイバーな雰囲気も感じる激しめの楽曲。どちらかと言うと前のアルバムに入っていそうな感じを受けますが、音が若干良くなったのか、あちら程ベタッとした印象は受けませんでした。

05.潮騒
ちょっとLUNA SEAを連想させるサビから始まる、ポップでメロディアスな曲。ヴィジュアル色強いと言えばその通りなのですが、曲調にやっぱり明るい懐かしさを感じると言うか。終盤のコーラスとか特に。

06.LIFE〜fairies rose〜
ギターとシンセの穏やかなイントロから、一気にメロディアスなサビに展開する、王道ヴィジュアルロック。やはりちょっと垢抜けない感じは受けますが、キーボードの使い方や、日本人好みの歌メロにツボを押されます。RYOTA加入後はあまり作曲をしなくなるLUCCAですが、こういう曲を聴くと、ノアでももう少し曲を作っても良かったのでは…と思ったり。今作中では一番好みですね。

07.ルナの鏡
ボーカルを除けば、ちょっと前のポップバンドが普通にやっていそうな、穏やかなミディアムナンバー。曲終りには、1曲目同様子供達の声が入っています。

***

前作に比べ、楽曲の即効性が増し、良い意味で分かりやすくなったCDという印象を受けます。当時のインディーズなので音は軽く、ベタッとしたボーカルにもクセを感じるかもしれませんが、ヴィジュアル系好きな人ならそんなに気にはならないかも。今の歌謡系とはまた異なる形で、歌謡曲の要素が入ったバンドとして聴いても面白いかもしれません。

***

Amazon
LIFELIFE
NOISY CROWDS

インディペンデントレーベル 1995-05-21
売り上げランキング : 870917

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

NOISY CROWDS「PLASTIC CRUNCH CASE」(1993)

01.WHITE NOISE
02.JACK AND PLUG!
03.FINAL BOY
04.ILLUSION-(II)
05.VIRTUAL FACE
06.BIG LIAR
07.FILTER VOICE
08.REAL ROAD
09.殺意
10.黒い砂

作詞 01〜10:SHINA
作曲 01、03〜05、08、09:LUCCA/02、07:SHINA/06、10:GUY

品番:NOIZ-0002


***

現在、弾丸少女のボーカルとして活動している詩那(SHINA)が、以前結成していたバンド「NOISY CROWDS」が1993年にリリースしたアルバム。後にバンド名を「NOi'X」と改めてからの方が、知っているV系ファンは多いかもしれません。
後にメイン作曲者になるRYOTAはこの時にはまだおらず、メンバーはSHINA(ボーカル)、GUY(ギター)、LUCCA(ベース)、譲之介(ドラム)でした。ノアになってからは派手目のコッテリした見た目でしたが、この時期は時代柄か、黒服を基調としたメンバーが裏ジャケで見れます。SHINAなんかもろヤンキー寄りですしw
作曲者名を見て分かる通り、この時はベースのLUCCAがメインで曲を書いており、初期V系方面のパンキッシュな曲やダークな曲が多く、NOi'Xから遡って聴いた人は「あれっ」っと思うかもしれません。まだ方向性が分かりにくい感があり、スローな曲が多いこともあって、ちょっとダラダラした印象を持ってしまうかもしれません。RYOTA加入前の音源としては、この後に出た「LIFE」をお勧めしますが、こういう時期もあったという事で聴いてみるのも良いかもしれません。個人的には、分かりやすい疾走パンクナンバーの「JACK AND PLUG!」「殺意」や、呪術的な雰囲気を感じるドロリとしたバラード「ILLUSION-(II)」が好みでしょうか。あとSHINAのボーカルは、今より癖が少ない…というか普通に歌っていますw

***

Plastic CrunchPlastic Crunch
NOIZY CROWDS

インディペンデントレーベル 1993-11-21
売り上げランキング : 853016

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このページのトップヘ