一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

タグ:PLASTICZOOMS

PLASTICZOOMS『PLASTICZOOMS』(2017)

01. Frontal Attack
02. The Future
03. Quite Cleary
04. Minds
05. Highway
06. U12
07. Night & Hurt
08. Smoke Motion
09. Veiled Eyes
10. Breitenbach

作詞 01〜03、05〜10:SHO ASAKAWA / 04:SHO ASAKAWA、SOFIA
全曲作曲:SHO ASAKAWA
全曲編曲:SHO ASAKAWA、MASUHISA NAKAMURA (Studio Gattopardo)

発売日:2017/01/11
品番:VJR-3201

Members
vox、Produced、Art Direction、Sleeve Design:SHO ASAKAWA
guitar:TOM TAKAHASHI
bass:JUN YOKOE


***

先行シングルタイトル曲「Veiled Eyes」を含む、SHO ASAKAWAを中心にしたPLASTICZOOMSの4thフルアルバム。アルバム単位の作品としては、ミニアルバムだった『Secret Postcard』(2014)以来となりました。

続きを読む

PLASTICZOOMS「STARBOW」(2012)

01. DREAM WAVE
02. SHOOTING STAR
03. KMKZ
04. SAVAGE
05. CRY.DISTANCE.
06. DOOR
07. WOODS UNDER THE MOON IN THE LOOP
08. SWAN
09. CAVE
10. WITCH
11. CAT
12. SCENT
13. STARBOW

作詞 02〜05、07、08、10〜12:SHO ASAKAWA/13:SHO ASAKAWA、ERI FURUSAWA
全曲作曲:SHO ASAKAWA

発売日:2012/01/11
品番:PECF-1036

Member
Vocals:Sho Asakawa
Bass:Jun Yokoe
Drums:Yuta Kurata
Keyboards:Shinpei Morishige
Guitars:Taiyo Ikeda


***

写真・映像作家やファッションブランドとのコラボなども行うPLASTICZOOMSが、2012年1月にリリースした2ndアルバム。前作はオリジナルとそのリミックスが5曲ずつという構成だったので、本作が実質的な1stフルアルバムという事になるでしょうか。2011年のシングル「WHITCH」の新録バージョンや、公式サイト・YouTube等で先行公開されていた楽曲らも収録されています。
クールな黒さを感じるビジュアルの彼らですが、本作では80年代ゴシック・ニューウェーブからの影響を受けながらも、そのバランスを壊さない塩梅のポップさを取り入れることで、予想以上の幅広さを感じる作品になっている印象があります。煌びやかなゴス、というか。

以下各曲について。


01. DREAM WAVE
規則的なギターのフレーズのみのイントロから音数を増やし、徐々に壮大なアレンジへ盛り上げていくスローなインスト。
開けた印象な次曲への前哨戦のような楽曲でしょうか。

02. SHOOTING STAR
浮遊感のあるシンセと跳ねるようなリズムが印象的なポップナンバー。
星空をモチーフにした本作のジャケットを象徴しているような、そのシンセを中心としたスペーシーなアレンジとポップなメロディーは聴いていて非常にワクワクさせられるものがあります。タイトル曲ではないながらも(歌詞中に「Starbow」というフレーズは登場します)アルバムの核となっているのではないでしょうか。
ここまでポップに振り切れるか、という驚きと共にすっかり掴まれたオープニングになりました。

03. K M K Z
2011年10月から、PVと共にオフィシャルサイトで無料ダウンロードが開始されたアグレッシブな疾走曲。
一転して生っぽさが強調されたドラムや前に出たギターで一気に畳み掛ける構成になっており、V系スキー的な視点からの分かりやすさがあったりもして、昨年視聴した際はそのかっこ良さに一聴き惚れしたものでした。
色々と前曲とは対照的な楽曲ですが、こちらではがなるような歌い方をしつつもボーカルのテンションは一定に聴こえるのが面白い。アレンジとその低音ボーカルもあってか、UNHOLY NIGHTを出した辺りのSPEED-iDを思い出したり。

04. SAVAGE
低音で反復されるフレーズを基礎にしている、こちらも激し目の楽曲。
……なのですが、淡々としたモノクロ映像が連想されるアレンジには、KMKZとはまた違うダウナーな冷たさを感じます。ベースとドラムをメインに、音の隙間を作ることを意識したゴシックパンク寄りの曲なので、彼らのヴィジュアルから想像しやすいという意味では分かりやすいかも知れません。前半ではソナー音のようにバックで鳴っていたギターが、進行するに連れ激しく絡んでくる展開も好み。

05. CRY.DISTANCE.
ダンサブルなリズムに物悲しいメロディーが乗った、ちょっとダウナーなポップナンバー。こちらもアルバム発売前にPVが先行公開されました。
浮遊感のあるアレンジやキラキラしたシンセもあり、決して陰鬱一辺倒というわけではありませんが(本作中ではポップな部類に入る曲かと)、前述の甘さを感じさせながらも憂いのある歌メロや、心中を連想させる歌詞もあってか、どこかしんみりとした余韻を残す楽曲となっています。終盤の大サビにおける盛り上がりも、むしろ切なさを強調されているような印象を受けました。

06. DOOR
次曲「WOODS〜」のメロディーを使った50秒程のインスト。
弦楽器をメインにしたクラシカルなSEといった趣です。

07. WOODS UNDER THE MOON IN THE LOOP
そしてこちらでバンドサウンドに切り替わるポップナンバー。
歌詞にも引っ張られているのかも知れませんが、可愛らしさも感じる柔らかく跳ねるようなアレンジや、「DOOR」にも使われていた弦楽器音の存在もあってか、メルヘンチックな印象を受けた楽曲です。

08. SWAN
フワッとした感触のギターが印象的なスローナンバー。時折挿入される女声コーラスもあり、神々しい雰囲気もあります。
ただ、個人的にメロディーが印象薄かったこともあってか、現時点であまり好き嫌いに振れることが無い曲だったりも。前述のギターが、後半になるとノイジーな演奏に変わって徐々に盛り上げていく展開もあり、メロディーよりトータルの雰囲気重視で聴くべき曲なのかもしれません。
店舗限定特典CDである「BEDROOM」にはアコースティックバージョンが収録されています。

09. C A V E
打ち込みを中心とした、不穏でサイバーな雰囲気を持ったインスト。

10. WITCH
2011年にリリースされたシングルの再録バージョン。
構成は大きく変えないながらも、シングル版に比べテンポが挙げられており、最初聴いた時はちょっと忙しなく感じましたが、慣れればこれはこれで疾走感が気持ち良いというか。暖かさを感じたのがシングルなら、こちらは爽やかな色が出ているでしょうか。

11. CAT
こちらも「WOODS〜」に近い、柔らかいアレンジと跳ねるドラムがメインのポップな楽曲……なのですが、タイトル通り歌詞が猫視点となっており、訳詞を読むと若干ツンデレ気味だったりと非常に可愛い(笑) 相変わらず一定ののトーンで歌うボーカルも、これは他の曲とは違った意味でまた合っているというか。
ほっこりすると同時に、ある意味本作中最も衝撃的な曲だったかもしれません。
「この先12年 一緒に過ごそう
僕のしっぽが割れて 化猫になるまで」


12. SCENT
クリーンなギターと流れるようなメロディーが映える、メロディアスながら耽美でゴシック的な雰囲気も感じられる楽曲。
その憂いのあるサビメロがとにかくツボにハマりますが、時折クラシカルなフレーズが挿入されたり、間奏でのヒヤリとするようなダークな展開もまた好み。個人的には、KMKZと合わせてV系好きにとって入りやすい1曲なのではないかと思っています。

13. STARBOW
ラストのアルバムタイトル曲は、包み込むようなオーケストラ音とシンセをメインにしたスローバラード。こちらも「BEDROOM」にアコースティックバージョンが収録。
「SHOOTING STAR」と対を成していそうな、壮大なエンディング曲といった印象を受けるアレンジになっており、ボーカルは前に出ると言うより全体の音の一つとして機能している感があります。
こちらも間奏でクラシカルなメロディーが入るのがツボ。

***

個人的に今年最も聴いたアルバムなので、何とか2012年中に感想を書きたいと思っていましたが、ギリギリで間に合いました……(苦笑)
各曲感想にもしばしば書きましたが、どの曲でもボーカルのテンションが一定の冷たさをを保っている事が、幅広い曲調の本作を一つに纏めているのかもしれません。
ゴス・ニューウェーブという言葉を使わずとも、ちょっとだけ現実を離れた雰囲気を持つ良質なポップアルバムとしてお勧めしたいCD。


試聴あり
STARBOWSTARBOW
PLASTICZOOMS

felicity 2012-01-11
売り上げランキング : 99406

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


myspace

YouTube(公式)




PLASTICZOOMS「BED ROOM」(2012)

01.STARBOW (bed room Ver.)
02.SWAN (bed room Ver.)
03.Island In The Sun (Weezer Cover)

作詞 01:Sho Asakawa and Eri Furusawa/02:Sho Asakawa/03:Rivers Cuomo
作曲 01、02:Sho Asakawa/03:Rivers Cuomo


***

PLASTICZOOMSの2ndアルバム「STARBOW」の一部店舗購入特典である3曲入りCD-R。「STARBOW」収録曲の別バージョン2曲+カバー1曲という構成になっています。
アルバム本体より先にこっちの感想を書くのはどうなのさと自分でも思いますが、数に限りがありそうなので取り急ぎ……。店頭ではタワーレコード渋谷店・新宿店・水戸内原店が、通販ではJET SET、FILE-UNDERが扱っているようですね。

以下各曲について。


01.STARBOW (bed room Ver.)
メルヘンチックな印象を受けた原曲でしたが、そこから更にでテンポをゆったりさせ、ピアノとギターのトロンとした音色が心地良い穏やかなアレンジにしているように思えます。そこで聴きながら溶けそうになっていると、何気にボーカル位置があちこち移動していたりするのも面白い。

02.SWAN (bed room Ver.)
こちらも1曲目の雰囲気を引き継いだ、浮遊感のあるギターをメインに歌われるスローバラードなアレンジに。ただ、個人的に原曲が現時点で若干印象薄めな事もあり、こちらの方もそれなりに……となってしまうのは致し方無いかも。でも1曲目と共にバージョン名に恥じない、おやすみ前に気分を落ち着けられるアレンジになっている筈。アルバム買ってここ数日、寝る前にこのCD聴いてますが中々良い感じです。

03.Island In The Sun (Weezer Cover)
Weezerのアルバム「Weezer(The Green Album)」(2001)収録、及びそこからシングルカットされた楽曲のカバー音源。
原曲未聴だったので、公式からYoutubeにアップされているPVを視聴してみたのですが、原曲の叙情的な歌メロやギターのフレーズは残したまま、キラキラしたシンセをメインにしたアレンジになっており、どこかクラシカルで耽美な雰囲気が増量されている印象を持ちました。ヘッドホン左側に固定されているボーカルも、何だか教会に住み着いた幽霊みたいに思えてきますし……w 不勉強故、カバー元のバンドは名前しか知らない状態だったのですが、結果今回の特典で一番気に入った曲かも知れません。

参考:原曲PV


***

あくまで特典の音源、という前提ですが手に取れて良かったなぁと。繰り返しになりますが、タイトル通り寝る前に向いている3曲が入っていると思いますよ。
取り敢えず↓に通販で扱っている2店のリンクを。

bedroom


FILE-UNDER

JET SET

PLASTICZOOMS「WHITCH」(2011)

01.WITCH
02.h c t i w ❖REMIX

作詞・作曲:SHO ASAKAWA

発売日:2011/02/11
品番:PZT009


***

PLASTICZOOMSの、三連続リリース第三弾となったシングル。こちらも前作シングルと同じく、ライブ会場・一部店舗限定の販売となっており、現在は完売しているようですが、タイトル曲のPVはYouTubeで視聴出来るようになっています。

タイトル曲は、ループするギターのフレーズが耳に残る、キラキラした雰囲気のポップな楽曲。前作「PINK SNOW」より更に光が指してくるような印象で取っ付き易さを感じます。が、何処か冷めたようなボーカルの歌い方も尚更浮き上がっているような(悪い意味ではなく)。間奏のキーボードソロにも暖かさ…というか、リリース時期に影響されているのかもしれませんが、何となく春っぽさも感じました。
カップリングのリミックスバージョンは、反転したタイトル通り(?)逆回転させたトラックをベースに、ボーカルを乗せ直しているように聴こえるのですが…気のせいかな。ノイズと潰れたドラム音をメインに、前作シングルのリミックス音源に近い雰囲気になっています。

最近オフィシャルで無料配信が始まった「KMKZ」は、攻撃的な楽曲だったりと結構幅が広いバンドに思えるのですが、ここらで一作、現体制によるまとまった曲数の音源も聴いてみたいですね。

witch

オフィシャルサイト
myspace

YouTube(公式)

PLASTICZOOMS「PINK SNOW」(2011)

01.PINK SNOW
02.bloosnow ❖REMIX

作詞・作曲 01:SHO ASAKAWA

発売日:2011/01/??
品番:PZT008


***

今回は、割と最近知ったバンドのCDを。
ボーカル:SHO ASAKAWA、ギター:JUNK、TIYO IKEDA、ベース:JOHN、ドラム:YUYA ISHIZUKA、キーボード:SINPEI MORISIGEによる6人組バンド「PLASTICZOOMS」の、三連続シングルリリースの第二弾となるシングル。ライブ会場や一部店舗のみの販売で、現在は完売となっているようです(私も8月にライブ物販で購入しましたが、一枚目の「BUG」は既に売り切れていました)。

タイトル曲の「PINK SNOW」は、柔らかい音色のギターや可愛らしいキーボードが前に出た、心地よい雰囲気のダンスポップナンバーですが、乾いたリズムや気怠げに歌うボーカルとの取り合わせによって、地に足の付かない雰囲気ながら何処か醒めた空気も感じられます。黒服にゴスメイクという出で立ちながら、こういったトローンとした世界観(?)もやるのだなと、ライブでも意外に思いながら不思議としっくりきた覚えがあります。
カップリングはタイトル曲のリミックス。こちらはシンセやノイズをメインに浮遊感溢れる音作りになっている印象ですが、どこか不穏な空気も感じたり。

前述の通り現在は完売していますが、PVを監督した方のYouTubeアカウントからフル視聴が出来(オフィシャルサイトにも貼ってありますが)、タイトル曲に触れるのは容易なので気になる方は是非↓

pinksnow

オフィシャルサイト
myspace

YouTube(公式)

「CRY FOR THE MOON GIG」@池袋手刀 2011/08/11

PAP_0037


8月前半は東北の方へ旅行したりフラっとコミケに行ってみたりしてましたが、取り敢えず通常進行に戻ったようなそうでもないような…な感じで。 
そんな訳で、ちょうどその合間を縫うような形で参加してきたイベントでした。「スペシュアルプレゼントあり」という事でしたが、入場時に頂いたのはmunimuni摩天楼氏の顔写真入り缶バッジでした……ww

以下出演順に。


ピエール中野と加納摩天楼+成毛慎吾
凛として時雨のピエール中野(ドラム)と、この後主演したmunimuniの摩天楼(ギター)、そしてもらん、Pqの成毛慎吾(ギター)によるインストセッション。以前はピエール中野・摩天楼の組み合わせで何度か行っていたようです。

ピエール中野さんが途切れることなくリズムを刻み、それに二人がギターを乗せていく即興的なスタイルだったのですが、一言で言うなら……カオスの極み。摩天楼さんのギターも、munimuniでも聴ける空間的なエフェクト寄り…と思っていたらいつの間にかソロを掻き鳴らしていたりと、目まぐるしく熱い演奏をしていたように思います。個人的に、これ一回で飲み込みきれたステージかどうかは微妙ですが、取り敢えず凄まじい物を見せて頂きました。
凛として時雨がオリコン上位に普通に顔を出すバンドということもあってか、一発目の出演ながらフロア前方の密度は一番濃かったよう気がします。


highfashionparalyze
1ヶ月空けずの鑑賞となりましたが、今回もkazumaは網目状のメイク(というかマスクに近いのですけれど)を施していました。そして私は気付かなかったのですが、Tシャツがミニーちゃんだったそうで。
前半はシングル収録曲を続けて演奏していましたが、「spoiled」と「蟻は血が重要である」は少しテンポを落としていたような。特に蟻は〜の方ではギターが結構アレンジ変えられていたような印象でしたが、即興的に変えたのか単に間違えたのか…実際のところはどうだったのでしょうか。いや、kazumaさんが二度程aieさんの方を、「ん?」という感じで振り返っていたように見えたので…w そしてkazumaさん以前観た時にも増してねちっこいシャウトを連発していました。
ダァくという言葉を使うのもはばかられる程ダァクな人達ですが、ラス前に演奏した曲は随分優しい、というか白い雰囲気を持った曲でした。最初はとにかく「漠然とどす黒い何か」といった印象のユニットでしたが、叙情的な面も感じられるようになってきたのは、演奏側の変化なのか自分が洗脳されてきたのか…w


PLASTICZOOMS
初見。マイスペを試聴した所、好みな方向だったので気になっていました。
スクリーンが上がると、全員黒ずくめ、しかもボーカルと並んでキーボーディストが辛気くさい空気を纏ってフロントに立っている時点で密かにテンションが上がりましたがw、楽曲の方もゴシックパンク寄り(ボーカルの声質もバウハウスとかXYMOXとかあの辺を連想させられました)ながらダンサブルな要素も取り入れていたり、といった感じで非常に私好みでした。暗黒界隈とはまた違ったところに居るかも知れませんが、そちら方面が好きな人の琴線に触れる所はありそうな気がします。
終演後、物販でCDを購入。


munimuni
最近、手刀の気になるイベントに行くと毎回主催な気がするムニムニさん(有難い…)。
今回登場SEが荘厳なものだったからかもしれませんが、浮遊感を持ちつつシリアスでドロっとした空気も持っていた気がします。真剣に時代を遡っていくつもりなのかなぁ。
そう言えば、ベーシストTETSU(登場・退場時に独特なポーズを決めるあの人)が改名するという事で、9月27日に手刀で改名記念3マンが行われるという告知があったのですが、そのイベント名と写真(※リンク先は摩天楼氏のブログ)……色々と危ないだろこれwwwwww

***

全体的に心地良いイベントでしたが、初めて見たPLASTICZOOMSが収穫だったでしょうか。
心残りらしい心残りを挙げるなら、ドリンクバーにて復活していた岩手・福島の地酒を注文し忘れたことかな?w

続きを読む

このページのトップヘ