一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

タグ:RaymondWatts

PIG「Sinsation」(1995)

01.Serial Killer Thriller
02.Hamstrung On The Highway
03.Golgotha
04.The Sick
05.Painiac (Nothing Touches Me Mix)
06.Shell
07.Analgesia
08.Volcano
09.Hot Hole
10.Transceration

作詞 01、02、04〜06、08、09:RAYMOND G WATTS (Additional words:Anna Wildsmith)
作曲 01〜05、07〜10:RAYMOND G WATTS/06:RAYMOND G WATTS & Karl Hyde

発売日:1995/04/21 (日本盤)
品番:VICP-8146 (日本盤)


***

Raymond Wattsのプロジェクト「PIG」の4thアルバム。日本では先行シングル「PANIAC」の2ヶ月後にリリースされました。

シングルでも導入されていたインダストリアルロック+オーケストラサウンドによる、重たくも壮大さを感じさせるサウンドが全開となっており、レイモンドのドス黒いボーカルと相まって、機械的な雰囲気とゴス的なダークさが満ちたアルバムという印象があります。前作「The Swining」では軽快な疾走曲やラテン要素を取り入れた曲も目立っていましたが、本作でそちら寄りの曲調と言えるのは「Hamstrung On The Highway」や「Volcano」位で、全体的には重厚で攻撃的な色が強く出ているのではないかと。
また、BUCK-TICKのギタリスト:今井寿がゲスト参加している「Analgesia」は、黒いアンビエントとも言えそうな、浮遊感のあるトラックをバックに物悲しいピアノの旋律が映えるインストで、重苦しい本作の中の癒しポイント……にはならず、寧ろ荒廃した景色ばかりが浮かぶ、他とは違った意味で気が滅入ってくる楽曲となっています(褒めてます)。ラストのインスト「Transceration」も、荘厳なのですが荒涼感の方がより勝っているような。
そんな訳で、トータルで46分程とそこまで極端に長い訳では無いのに、個人的に聴き終わった後かなりグッタリ来るアルバムという位置になっていたりしますが、時折聴くと、この苦しさと言うかマゾい感じがハマってきたりするのです(笑) 入り易さで言えば、前作アルバムや彼が参加しているKMFDMの作品の方が向いているのかもしれませんが、こちらはこちらで突き詰めており非常にカッコ良いと思いますよ。

Amazon
SINSATIONSINSATION
ピッグ PIG

ビクターエンタテインメント 1995-04-21
売り上げランキング : 332917

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


オフィシャルサイト(試聴あり)

PIG「PANIAC」(1995)

01.PANIAC
02.LAMENTOUS MOMENTOUS
03.FIND IT FUCK IT FORGET IT (LIVE)
04.PANIAC (RATTLE & CUM MIX)
05.PANIAC (MEKON/ARTERY MIX)

全曲作詞・作曲:R.G.WATTS(Additional Lyrics:Anna Wildsmith)

発売日:1995/2/22
品番:VICP-15045


***

KMFDMの初期メンバーで、後の作品にも断続的に参加しているRaymond Wattsを中心とした、イギリス発のプロジェクト「PIG」。私がそうなのですが、BUCK-TICKやSOFT BALLETのメンバーが参加していたSHAFTや、同じくBUCK-TICKやKMFDMのメンバーと結成したSchwein等を経由し興味を持った人もいるのではないでしょうか(正確には、最初に触れたのはBUCK-TICKのリミックス音源ですが)。
本作は4thアルバム「Sinsation」の先行シングルに当たり、日本のみのリリースとなっています。日本へのプロモーションに力を入れていたのか、日本限定リリースのCDが多いみたいですね。

以下各曲について。


01.PANIAC
ザクザクとしたギターと無機的なリズム・電子音が前面に出た、重ためのインダストリアルロックナンバー。レイモンドのボーカルも、地を這うようなダークかつマッチョな声なので、今聴いてもシングル曲ながら中々胃に溜まるのを持ってきたとは思いますが、それでもカッコイイなぁと。「Sinsation」収録のアルバムミックスはイントロが若干長くなったり、ギターより打ち込み音をメインにした音作りになっています。

02.LAMENTOUS MOMENTOUS
アルバム未収録曲。
こちらもタイトル曲と同系統の、ザクザクギターが映えるヘヴィな曲調ながら、あちらよりはテクノ寄りのアレンジかな? バックで鳴っているオーケストラサウンドによって、荘厳な雰囲気も演出されているように感じます。当時はこの2曲で、アルバムの雰囲気をある程度予告していたのかも知れません。

03.FIND IT FUCK IT FORGET IT (LIVE)
3rdアルバム「The Swining(後にミニアルバム『Red Raw & Sore』と合わせて『The Swining/Red Raw & Sore』として再発)」収録曲のライブバージョン。初聴時は、疾走感もありある意味分かりやすいこちらの方が、タイトル曲より印象に残った記憶が…w クラシック曲を引用したシンセソロも軽快ですよ。

04.PANIAC (RATTLE & CUM MIX)
レイモンドとJames Reynoldsという人による、タイトル曲のリミックスバージョン。ゴツゴツしたベースが前に出たサウンドになっていますが、雰囲気は割と原曲に近い…というか、再録バージョンとしてすんなり聴ける気がします。

05.PANIAC (MEKON/ARTERY MIX)
こちらはSugar J and Arteryによるリミックス。こちらはリズムトラックを中心に組み立てたような、簡潔な音作りになっている印象。

***

今となってはSinsationを先に聴いた方が、ボリュームと値段の兼ね合い的にも満足しやすいとは思うのですが、個人的にPIGに初めて触れたCDが本作という事もあって、アルバムと併せて紹介してみました。全曲アルバム未収録ですし、アルバムがハマった人はこちらも……という聴き方が良いかも知れませんね。

Amazon
PAINIACPAINIAC
ピッグ PIG

ビクターエンタテインメント 1995-02-22
売り上げランキング : 518597

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


オフィシャルサイト(試聴あり)

このページのトップヘ