一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

タグ:RoundTable

ROUND TABLE「DO THE AFRO!」(1998)

01.CHOCOLATE チョコレート
02.GRASS GREEN POLKA 踊ろよポルカ
03.DO THE AFRO! ドゥ・ザ・アフロ
04.ONE DAY IN SEPTEMBER 9月のある日
05.LITTLE BROWNIE'S THEME うたってブラウニー

作詞 01、03、05:Katsutoshi Kitagawa/04:Katsutoshi Kitagawa & Rieko Ito
作曲 01、03、05:Katsutoshi Kitagawa/02:Rieko Ito/04:Katsutoshi Kitagawa & Rieko Ito

発売日:1998/09/30
品番:PHCL-12032


***

ROUND TABLEの5thミニアルバム。公式によると、タイトルは「ドゥ・ジ・アフロ」ではなく「ドゥ・・アフロ」と読ませるようです。そしてジャケットにはこちらを見ている渋いアフロさんが……。

以下各曲について。


01.CHOCOLATE チョコレート
柔らかいギター・キーボードと北川・伊藤によるコーラスが気持いい、軽快な疾走ポップチューン。サビでもう一段階突き抜けるようなメロディーもキャッチーで、改めて聴くとROUND TABLEの中でも相当ツボに入る曲になりました。1曲目からかなり入りやすく作ってあると思いますよ

02.GRASS GREEN POLKA 踊ろよポルカ
羊の鳴き声をバックに始まる、文字通り民謡っぽさを感じるアコーディオンメインの楽曲。何も知らないで聴いたら、本当にフォークダンスの曲かと勘違いしそうな気も。後半は手拍子も交えてテンポアップしますが…この音、バックは羊レースでもやってる…のか?w 1分半ほどで終了します。

03.DO THE AFRO! ドゥ・ザ・アフロ
曲タイトルを連呼する、古き良きロックンロールといた趣の楽曲。勿論こちらも「ドゥ・ザ・アフロ!」と叫んでいますよ。

04.ONE DAY IN SEPTEMBER 9月のある日
こちらも柔らかいサウンドが前に出たミディアムポップですが、タイトル通り夏の終わり〜初秋の少し切ない空気を表したようなメロディーが印象的。ぽわんとしたシンセも良い空気を出しているように思います。サマーアルバムだった前作「BIG WAVE '71」と繋げて聴くと面白いかもしれません。

05.LITTLE BROWNIE'S THEME うたってブラウニー
次作のフルアルバム「DOMINO」収録「BROWNIE」のフレーズを使った予告編のような楽曲でしょうか。ピコピコしたエレクトロなアレンジに、ちょっと加工されたようなボーカルが乗った可愛らしい曲になっていると思います。

***

とにかく「チョコレート」の即効性が素晴らしく、ボリューム的にもROUND TABLE入門にも適しているCDかもしれません。結構久々に聴いたCDでしたが、聴いた当時よりハマってしまいました(笑)。

***

Amazon(試聴あり)
DO THE AFRO!DO THE AFRO!
ROUND TABLE

マーキュリー・ミュージックエンタテインメント 1998-09-30
売り上げランキング : 216361

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ROUND TABLE「Big Wave '71」(1998)

01.Ride on the Big Wave 遥かなるビッグウェーブ
02.Get on the Bicycle! 自転車でGo!
03.Exotic Ooh-Room 魅惑のウールーム
04.In the Season イン・ザ・シーズン
05.Wild Chocolate Brothers 俺たちチョコレート

作詞 02、03、05:Kazutoshi Kitagawa
作曲 01、03、05:Kazutoshi Kitagawa/02、04:Kazutoshi Kitagawa、Rieko Ito

発売日:1998/06/29
品番:PHCL-12031


***

夏をテーマにした、ROUND TABLEの4thミニアルバム。真冬にサマーアルバムの感想もねぇもんだとは思いますが、たまたまタイミング的に…と言う事でひとつw このBig Waveシリーズは1999、2000、2003年にもリリースされています。

以下各曲について。


01.Ride on the Big Wave 遥かなるビッグウェーブ
ギターとアルバムタイトルを歌うコーラスがメインとなっている、1分半ちょいのノンビリとした楽曲。

02.Get on the Bicycle! 自転車でGo!
ライトなギターとトランペットのフレーズが印象的なポップチューン。タイトル通り自転車で走って風を受けているような適度な疾走感が心地良く、サビメロも耳にスッと馴染んでくる優しい感じを受けます。

03.Exotic Ooh-Room 魅惑のウールーム
こちらも1曲目のようなのんびりムードの楽曲。ギターやキーボードのソロも南国ムード(?)満載ですが、ハミングがこのまったりムードを醸し出している最大の要因だと思っています。しかし、歌詞カードの方にも「ウーウウウー」と書き出す必要はあったのでしょうか…w

04.In the Season イン・ザ・シーズン
前作「Feelin' Groovy」に引き続きスカパラのホーン隊が参加しているアップテンポなポップチューン。柔らかなストリングス・ホーンとちょっと切ない歌メロが良く合っていると思います。フェードアウトして終わると見せかけて、涼し気なキーボードを乗せて盛り返して締める流れがちょっと好き。

05.Wild Chocolate Brothers 俺たちチョコレート
次作「DO THE AFRO!」に収録されている「CHOCOLATE」のメロディーを使った、コーラスメインの1分弱の賑やかな曲。

***

夏がテーマのCDですが、熱さやギラギラした感じはあまりなく、ちょっとしたお休みを楽しくのんびり過ごしている画が浮かぶミニアルバムかなという印象を受けます。ビッグウェーブシリーズについては、幅広いタイプの曲が入っている99年の「'72」が個人的に一番好きなのですが、爽やかな夏のBGMとして適していそうな本作も中々お薦ですよ。

***

Amazon(試聴あり)
Big Wave’71Big Wave’71
ROUND TABLE

マーキュリー・ミュージックエンタテインメント 1998-06-29
売り上げランキング : 181384

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ROUND TABLE「Feelin' Groovy」(1998)

01.How do you feel? ごきげんいかが?
02.Feelin' Groovy フィーリングルーヴィー
03.Don't Ask Me Why 「なぜ?」って聞かないで
04.Stillness 静かな夜に想い出すこと
05.Highway 69 ぶっとばせハイウェイ
06.Mad Engine joe ジョーのマッドエンジン
07.Beat de jump ビートでジャンプ
08.Doo-Wop Feelin' 気分はドゥーワップ

作詞 02、07:Kitagawa、Ito/03、05:Kitagawa/04:Ito
作曲 01、06、08:Kitagawa、Ito/02、03、05:Kitagawa/04:Ito

発売日:1998/01/01
品番:PHCL-8708


***

メジャー1枚目、通算3枚目となるROUND TABLEのミニアルバム。トラック数は8ですが、短いつなぎ的な曲も多い為、20分ほどのボリュームになっています。

以下各曲について。


01.How do you feel? ごきげんいかが?
次曲「Feelin' Groovy」のメロディーを使った、15秒ほどの導入トラック。

02.Feelin' Groovy フィーリングルーヴィー
キーボードが賑やかな色を付ける、ポップチューン。北川のフワッとしたボーカルによる、口ずさみやすいサビメロに心地良い印象を受ける楽曲になっており、パーティー的にノっても流して聴いてもしっくりくるように出来ている気がします。

03.Don't Ask Me Why 「なぜ?」って聞かないで
軽快な演奏に乗せて、タイトル通り「Don't Ask Me Why」のコーラスが繰り返される、50秒ほどの楽曲。

04.Stillness 静かな夜に想い出すこと
東京スカパラダイスオーケストラのメンバーによる、柔らかいホーンの音が前面に出た、ゆったりとしたポップチューン。こちらも優しいボーカルと穏やかなアレンジにほっこりした気分になります。

05. Highway 69 ぶっとばせハイウェイ
可愛いコーラスがメインの、ゆるーいトラック。
でも一応これと次は激しいパート……の筈(笑)

06.Mad Engine joe ジョーのマッドエンジン
ウネウネするベースやメインのメロディーを奏でるキーボード、王道ロックンロールっぽさも感じるインストナンバー。比較的のんびりした曲がメインの中で、適度な疾走感を持った曲が入る事により流れにメリハリが付いている気がします。ギターソロもいかにもという感じで結構好み。

07.Beat de jump ビートでジャンプ
タイトル曲同様スイングするリズムが心地良い、キャッチーで暖かみのあるミディアムポップナンバー。こちらにもスカパラのメンバーが参加しています。

08.Doo-Wop Feelin' 気分はドゥーワップ
タイトル曲のサビ+ドゥーワップで構成された短いアカペラナンバー。

***

メジャーでも変わらず王道のお洒落ポップスといった趣なので、インパクトを求める人には不向きかもしれません(と言うか、最初聴いた時はメジャー盤だと気づかなかったり…;)。しかしながら、タイトル曲をはじめ耳にスッと入ってくる曲ばかりなので、ポップな曲が好きな人ばかりでなく、クセのある音楽ばかりでは流石に疲れて…という人も試しに如何でしょうか。

***

Amazon(試聴あり)
Feelin’GroovyFeelin’Groovy
Round Table

マーキュリー・ミュージックエンタテインメント 1998-04-01
売り上げランキング : 191526

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ROUND TABLE「Something in the Snow」(1997)

01.Light a Candle
02.Tiny Adventure
03.Everyboody's Talkin'
04.Radio Time a GO-GO!!
05.Up to Wednesday, 3p.m.
06.Revenge of the Radio Time
07.Picnic
08.Make a Wish, Blow Out a Candle

作詞 02、05:KAZUTOSHI KITAGAWA/07:KAZUTOSHI KITAGAWA、RIEKO ITO
作曲 01、03、04、06:KAZUTOSHI KITAGAWA、RIEKO ITO/02、05、07:KAZUTOSHI KITAGAWA

発売日:1997/12/05
品番:COCD-9223


***

ROUND TABLEの2ndミニアルバム。リリース時期や歌詞からしてクリスマスがテーマになっているみたいです。

以下各曲について。



続きを読む

ROUND TABLE「WORLD'S END」(1997)

01.repeat after me
02.Windy
03.World's End
04.so little time
05.MEXICAN DRAG RACE
06.ありふれた一日
07.one more time!!

作詞 02:KAZUTOSHI KITAGAWA、RIEKO ITO/03、06:KAZUTOSHI KITAGAWA
作曲 01〜03、05、06:KAZUTOSHI KITAGAWA/04:RIEKO ITO/07:KAZUTOSHI KITAGAWA、RIEKO ITO

発売日:1997/08/27
品番:COCD-9222


***

北川勝利と伊藤利恵子によるユニット「ROUND TABLE」。2002年からボーカリストのNinoを迎えて「ROUND TABLE featuring.Nino」名義でアニメの主題歌を多く担当しているのでそちらから知った人も多いかもしれません。今回紹介するのは彼らが1997年にリリースした初音源の1stミニアルバムになります。

以下各曲について。

続きを読む

このページのトップヘ