一人で全部食べるのかい?

CDの感想を中心に…なったら良いなぁ……

タグ:TheGodAndDeathStars

2011/03/15@池袋手刀

取りあえず一人で部屋にいるより気持ちが楽なのでした(家に居なければ結果的に節電も的な…)

スケジュールが空いた池袋手刀で何か出来ないかという事で、MUNIMIUNIの摩天楼やemmureeの想らによって当日に急遽決まったイベント、というか演奏付きの飲み会というか…とにかくそんな感じ。入場は無料でドリンクカウンターに赤十字宛の募金箱が設置されていたり(過去行った手刀イベントのチケ代程の額を募金させて頂きました)。正式に開催がアナウンスされたのが開演の約1時間前だったりしましたが、冒頭の理由もありバンギャルさんの中で気まずい思いをするのを覚悟の上でwフラっと潜ってまいりました。
それでも開演から30分ちょっと過ぎてから入ると、用意された椅子はほぼ満杯でびっくり。というかテーブルが設置されている事にもびっくり。人が増えたためか、途中から出演者用のテーブルがステージに用意されていましたよ。普段お客さんが入るスペースの後方(物販とかが置いてある)に、出演者が入れ替わり立ち代わりで演奏するまったり進行でございました。基本マイク・アンプ無しのアコギ弾き語り+時々ドラムスタイルでしたよ。

事前に摩天楼さんのブログにも出演メンバーが暫定で書かれていましたが、蓋を開けてみれば無料というのが信じられない位の面子の豪華っぷり。
自分が分かった範囲だけで、


想(emmuree…【サイレンス】)
ハルカ(emmuree、NOISY CROWDS)
摩天楼(MUNIMIUNI)
渋谷ヒロフミ(DISH)
ササブチヒロシ(カッコー、元Plastic Tree)
aie(the god and death stars、highfashionparalyze、元deadman、元Lamiel)
Kazuma(highfashionparalyze、元merry go round、元Smells)
板谷祐(新宿心音会板谷祐、元CRAZE、元ZI:KILL etc)
Hibiki(Calmando Qual)



改めて書くと本当にパネェ…。
特に、途中からKazumaさんやTUSKさんが入り口から普通に入ってきた時は軽くどよめきが起こっていました。ちょっと自信が無いのですが、amber grisの殊やKYOKUTOU GIRL FRIENDの林田倫堕も出ていたと思います。
自分も今回はまったり体勢での鑑賞でしたので、印象に残った所をざっと箇条書きしますと、


・aieさんのジャケット、チャックが壊れており金具が外せないということで、チャックを下まで下ろした後は腰からズボンのように脱いでいました。何故今それを見せる…w
・ハルカさんは当初出演の予定はなかったそうですが、たまたま近くに居たということで開演30分位前になって想さんに回収されたそうです。想+ハルカでアンミュレの曲を3つ演奏しましたが、「angel's watercolor」と「祈り」の間の曲(多分「strawberry」かな?)が妙にgdgdで笑いが…ワザとだったんでしょうかw しかしマイク無しでも想さんの声は良く通るなあ。
・Kazuma+aieのhighfashionparalyzeバージョンによる、まさかの「桜の満開の木の下で」。メリゴは初ライブが解散ライブでしたが、およそ7年ぶりにこの歌が生で聴けるとは思わず感慨深い思いになったり。前述の通りまったりムード、テーブルにはお酒のカップや歌詞表(?)、携帯などがゴッチャリ、メンバーも皆私服(多分)でしたが、この時ばかりは空気が張り詰めていたような気がします。その後楽屋に戻るKazumaさんの後ろでさっき脱いだジャケットを再び足から着るaieさん。台無しだよww色々台無しだよwww
・途中から、演奏終了後にアコギを使った一発芸を振られる流れに。
・TUSKさん入場直後に、ZI:KILLの「SUICIDE〜想い出なんて〜」のカバー披露あり。多分これを歌っていたのが林田さんの筈。
・その後、そのTUSK+渋谷による演奏。こちらはZIGGYの「GLORIA」を演奏した後、「DISHの新曲です」と言って「ハナミズキ」(一青窈のアレ)を歌っていました。今思うと物凄い物見ちゃった気が…w
・摩天楼さんはMUNIMIUNIの「Beat for you」を披露。ライブではいつも髪が顔に掛かって怨霊のような佇まいですが、今回は想さんと共にゆるく司会役をしたりと中の人? が出ていて面白かったですよ。
・その後だったか失念しましたが、想、ハルカ両氏が加わってBUCK-TICKの「Jupiter」や河村隆一の「I love you」も披露。話には聞いてましたが、想さんの隆一が物真似じゃ利かないレベルでヤバい。声溜めすぎて演奏止めるとかもうね、もうねwww
・終盤に入ってきたHibikiさん、お酒が入っている他のメンバーのノリに微妙に困惑気味? 「ロックンロール!!」を言わされていましたw 演奏後、やはりギターを使った一発芸を振られる→想「テニス・卓球のラケットとかカブトムシの角とかはもう出てるからね」→Hibiki「…すみません! 思いつきません!(笑)」→想「あるよ。『これはベースです!』とか」→客「えぇ〜…」 想さん……w

終演直前に地震が起こり少しドキッとしましたが、特に大きな混乱もなく。
ラストは、ハルカ:メインボーカル・想:バックコーラス(?)・aie、渋谷:ギター・ササブチ:ドラムによるセッション。1曲目は長渕剛の「Captain of the ship」でしたが、想さんが途中「ヨーソロー」のタイミングを間違えるw ハルカさんはボーカリストではないからか、声は良く聞こえなかったのですが、この際楽しければ良いですよね。
オーラスは5人全員で弾けた曲をやってお終い。「ギー! ギー! ギー!」「銭よこせー!」の掛け合いが面白かったのですが、この曲何だったのでしょう…こちらも長渕かな?

最後はハルカ、想による挨拶も。うろ覚えですが書き出してみますと、
ハルカ「地震や原発の報道の事があるけど、今だけはそういう心配事を忘れられれば。俺たちはインディーズバンドだから、何があっても音楽をやっていくしかない」
想「自分達は何も出来ないかもしれないけど、プロの人を応援する事は出来る。バンギャル・バンギャル男は応援する事にかけてはプロだろう?

***

この後も飲みタイムは続いていたようですが、ひとまずこれでお終い。自分も電車の時間があったので退散しました。
本当に突発的なイベントだったのでしょうが、その辺の空気も含めて思いっきり笑えましたし楽しかったですよ。


続きを読む

NOISY CROWDS 一日再結成「UP in the black sky2010 〜約束をしたあの場所で〜」@池袋手刀 2010/11/13

NoisyCrowdsSticker

※入場時に貰ったステッカー


NOISY CROWDSの一日復活イベントに行ってきました。自分が公演の丁度一月前にチケット取った時はえらく早い番号で色々心配になりましたが、蓋を開けたら相当人が入っており一安心。
今回開演前や舞台転換中に、NOISY CROWDSの曲をバックにNOi'X時代を含めたPVやテレビ出演映像がスクリーンに流されていたのですが…取りあえずアレだ、SHINAさん若いw 特にテレビの方は良く録画が残っていたなと思うような色々ありましたよ。金髪を逆立てたSHINAが伊集院光と並んでクイズ番組に出ていたのもびっくりですが、バンドで出演した番組の司会として、ここ10年アレな事になり続けている田代まさしが写った時には、お客さんから何とも言えない声が上がったり。

以下出た順に。


The Candy Spooky Theater
観るのは都合3回目。
ボーカルJack Spookyをはじめゾンビメイクが気合入ってましたが、ゴスな衣装にNOISY CROWDSの物販Tシャツという取り合わせがおかしいw(他のバンドもこのTシャツ着ていました) ステージ上にカボチャ・シャンデリア等が満載、映画「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」から「This is Halloween」のカバーも披露したりと、聴いて見て楽しいハロウィーンっぷりでした。後半はダークに歌い上げる曲もやっていたのがちょっと意外。Jackさん、思ったより(失礼)艶のある声をしていました。

そう言えば、今回人形を使わず普通にMCを始めたので、活動再開後は使うのやめたのかな? と思っていたら、途中からベースのペギィが持ち出してJackの肩に乗せてましたw


munimuni
観るのは7月以来ですが、前回のダークでダークで魂持ってかれそうな印象だった時より、結構熱くロックしている気がしました。あくまで自分の中の比較ですけどね! 激しい曲でも日本的なジメッとした暗黒パワーは全開だし、やっぱり摩天楼のフニャフニャ声は怖いし!! 
アルバム通してあの声に向き合うには、個人的にちょっとこっちの経験値が足りないんですが;それでもカッコ良いと思いますよ。ダークなバンドが好きな人は是非一度ライブへ。取りあえずフッフーが聴けたのが嬉しい。


the god and death stars
highfashionparalyzeでも活動しているaie(ギターボーカル。元deadman、元studs等)、元蜉蝣のkazu(ベース)、rowtheの大嵩潤(ドラム)によるバンド。V系界でも人気のあるバンドのメンバーだけあり、この時が一番お客さんが入っていたかな?
aieに関しては、LamielとdeadmanのCDを一枚ずつ持っているだけなので、今回がほぼ初体験だったのですが、音的にはシンプルでちょっと湿り気のあるギターロックという事で良いのかな? これはやっぱりdeadmanやスタッズに近いのでしょうか。どちらかと言うとまず音源を聴いてみたいタイプかもですね。aieのボーカルは思ったより(また失礼な…)通っていました。

MCで愛犬の写真を使ったグッズが思ったより売れ行き悪くてショックだったとか、「TONIGHT」という曲の前に「こんにちはLUNA SEAです」と再始動ネタに絡めたりとか、全体的にまったりしたステージでした。しかもその曲のイントロが、一瞬本当にあちらのTONIGHTぽかったのがまたw


NOISY CROWDS
NOISY CROWDS名義では13年ぶり…と言っても、オリジナルメンバーはボーカルのSHINAだけなので、果たしてこれを再結成と呼んで良いものかは微妙な所ですが。サポートは、ギター:渋谷ヒロフミ(DISH)、ベース:ハルカ(emmuree)、ドラム:Be...S(L'eprica)と、個人的に気になっているバンドのメンバーがずらり。全員ノイジークラウズTシャツを着ていました。

自分はNOi'Xを解散後に知ったクチなので、リアルタイムで聴き覚えがあるはずもないのですが、結論から言うと非常に楽しかったです。
前述のスクリーン映像の印象もあって、今の彼を見ると年月の重さも感じましたがw年齢的には一番上にも関わらずバンドのノリは一番若かったような…SHINAさん動く動く。時折卑猥なパフォーマンスをしたりと暴走もしていましたが…w 「ヴィジュアル界のジュンスカイウォーカーズ、NOISY CROWDSです!」は面白かった。
MCで一日復活のいきさつについての話があったのですが、今回のイベントは同年代のハルカが声をかけて実現したそうです。シビィやBe...Sも当時のファン、特にBe...Sは通販でCDを取り寄せるほどで(今回の選曲も彼によるもの)、スタジオではSHINAに向かって「ここは違います!」だの「このイントロが良いんですよ」だの言っていたそうな。
その選曲ですが、「LIFE」と「mousse」の収録曲を中心にしており、ポップでアッパーな曲が中心だったからか、思った以上に盛り上がっていた気がします。個人的にも聴きたい曲はひと通り演奏したので概ね満足でした。アンコールをSANDALで〆たのも嬉しい、一番聴きたかった曲でしたし。

…で、そのアンコールでのMCにて
SHINA「実はスタジオで思った以上に盛り上がってしまい新曲を作っていたのですが、今回は間に合わなかったので…追加公演を(笑)」(概要)
客「ちょwwwwwww」

その追加公演が来月14日、手刀のイベントのゲスト出演だったのに加え(主催のリビドー。というバンドのボーカルさんがステージに上がって告知をしていました)、来年はその新曲をリリース、ツアーも行うという驚きのアナウンスが。…えーと、オリジナルメンバーが一人のみで、その面子で新曲作って活動というと…もうそれって新バンド立ち上げと同じだと思うのですが。
それはさて置き、この面子でツアーをするという事は自動的にemmuree、DISH、L'epricaが付いて来るという認識で宜しいですか?w

取りあえずセトリ(本編の順番あやふや)

水色の太陽
Steady Love
COOL BOY
MOON LIGHT EMOTION
PLEASE KEEP ME IN MIND
MAD IN MY LOVE
LIFE〜fairies rose〜
ルナの鏡
Wish Song

※アンコール
SANDAL

***

(恐らく皆引退しているのでしょうが)他のオリジナルメンバーについての話も聴きたかった…というのはありますが、イベントとしては平均以上に楽しめました。次手刀に行くとしたら…やっぱりhighfashionparalyzeかなぁ。

このページのトップヘ